ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

トリガー(ウルトラマン)

うるとらまんとりがー

ウルトラマントリガーとは、特撮番組『ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA』に登場する、超古代から悠久の時を超え甦った光の巨人。
目次 [非表示]

データ

身長:53m
体重:4万4千t
出身地:不明
CV:寺坂頼我マナカ ケンゴ役と兼任)
人間体:マナカ ケンゴ
デザイン:後藤正行

概要

ウルトラマントリガー NEW GENERATION TIGA』の主役ウルトラマン。

特利伽

3000万年前の地球で暴れていた闇の勢力を宇宙の彼方に封印し、その後自らも火星で眠りについたとされる光の巨人。火星の街が突如現れた闇の怪獣ゴルバーに蹂躙される中、植物学者のマナカ・ケンゴの意志に呼応し、悠久の時を経て甦った。


GUTS-SELECTの開発した「GUTSスパークレンス」にスマートキー型の「GUTSハイパーキー」を装填して変身・タイプチェンジを行う。人工物に光を宿した形の変身アイテムは、後から人の手で変身アイテムが用意されたウルトラマンガイアのケースに近い。


ティガ同様にタイプチェンジ能力を持っている他、共通してサークルアームズという真円型の取っ手に刃がついた可変武器で戦闘を繰り広げ、必要に応じて三形態に可変する。


現時点では、原点のティガ同様トリガー本人の明確な自我は描写されていない。

また、最近の饒舌なウルトラ戦士達と違い、喋る場面がないに等しいと認知されるくらいに少なく、掛け声のみを発していることも特徴。ただし、変身者であるケンゴが、他のウルトラマンと会話する事は可能である。


ニュージェネレーションシリーズお馴染みの必殺技使用時の技名コールもない(トリガー自身だけでなく、インナースペースにいるケンゴもコールしない。尚、サークルアームズでの必殺技使用時のみ、システム音声という形で技名コールは行われている。ただし、あくまでイメージで戦い方を学んだだけで、ケンゴ自身が技名を知らないという可能性がある)。


ちなみに掛け声はエコーがかけられており、劇場作品におけるティガのそれに近い。


また、古代の記憶があるとはいえ変身者のケンゴが戦闘経験が皆無である事が一因なのか、当初は戦い方に拙い部分が目立っていた。


前作前々作が新人とはいえ宇宙警備隊の一員として事前に戦闘訓練で鍛えている事と、変身者が職業柄戦闘経験がある事もあったためそういう印象を受けやすい事もあるかもしれない。また、戦闘経験が少ない変身者でもサポートが充実していたり兄弟である事を活かしたりする先輩もいる。


ただし、本来は戦闘とは無縁だったが、トレーニングを続けた事でウルトラマンとしての戦闘スタイルが改善された変身者もいるように、戦闘経験を積み重ねており、第6話にてヒュドラムから初戦時に比べて動きが良くなったと言われている。

第15話でウルトラマンリブットの特訓を受けてからはリブットの戦いの基礎となっているシラットに似た立ち回りを時折見せている。


ウルトラサインは「Trigger」を崩したものとなっており、『バイタルブレスキャラクターズ』対応の『VBMカードセット ウルトラマンvol.2 ウルトラマントリガー&バルタン星人』にて明らかになった。


容姿

未来を築く!希望の光!

これまでのTDG戦士にはない手足の金色のモールドが共通してデザインされていて、どことなく東南アジアなどの仏像を思わせる雰囲気を漂わせている。


カラータイマーの形状は珍しい菱形。青色に発光している時は内部に紋様が確認できるのも特徴。

頭部はティガのように一部が大きく削られた造形ではないものの、過度な装飾のない全体的にシンプルなフォルムになっている。


胸部のプロテクターや手足のモールドには、古代の壁画やティガのOP映像の背景を思わせる複雑な紋様が彫られている。

顔付きはティガに似ているが、印象はむしろエックスにも近い。

また、ウルトラ戦士の中でも非常に小顔であり、歴代の中ではそれなりに小顔だったティガと比べても顔の小ささが際立っている。

変身形態名、身長、体重はいずれもティガと同一という特徴がある。また、TDG25周年という事もあってか、ティガ以外の平成ウルトラマンの要素を取り入れたかのようなデザインになっている。


形態

GUTSハイパーキーの換装によりタイプチェンジが可能。

ティガ同様額の前で交差させた両腕を左右に振り下ろす動作で変身を行うが(SEも同じ)、インナースペース内ではその度にケンゴが口上と共にスパークレンスを起動させている。


タイプチェンジの際には色だけでなく容姿そのものが変化するが、その際には一度ティガのように色だけが変化した中間形態となったうえで各タイプの姿へと変化する珍しい形式をとる(故に各タイプの色になったマルチタイプやパワータイプなどの珍しい形態が登場している)。


このため、タイプチェンジの際にぐんぐんカットは発生しない。

また、パワーまたはスカイからマルチへのタイプチェンジは、インナースペースでのシーケンスを省略している。


なお、ティガとは違い、各形態がGUTSハイパーキーで変身する方式になったのは、3000万年前の戦いで実体化したスカイタイプパワータイプが闇の三巨人に敗れた際に石版に力が吸収され、その力を石版から解析しGUTSハイパーキーへと移した為。マルチタイプも初変身の際にトリガーの石像から発生した光の力がハイパーキーに宿った事で変身が可能になった。


ファイティングポーズもティガを踏襲したものになっており、パワータイプが握り拳、スカイタイプが平手となっている。

一方でマルチタイプは平手と握り拳でファイティングポーズを形作っているのだが、平手側がティガとは異なり、指のうち数本が伸ばし切っていない事が多く、さながら指鉄砲のような印象を受ける(『フュージョンファイト!』はティガのものをトレースしている)。


Pull the trigger!

「未来を築く、希望の光!!」

基本形態。メインカラーは赤と紫。

片手剣「サークルアームズ(マルチソード)」が武器で、必殺技はティガと同じ「ゼペリオン光線」。


力こそパワー

「勝利を掴む、剛力の光!!」

パワーに秀でる形態。メインカラーは赤と黒。

ハサミのような爪「サークルアームズ(パワークロー)」が武器で、必殺技はティガと同じ「デラシウム光流」。


ウルトラマントリガー スカイタイプ

「天空を翔ける、高速の光!!」

スピードに秀でる形態。メインカラーは紫と水色。

弓形の「サークルアームズ(スカイアロー)」が武器で、必殺技はティガと同じ「ランバルト光弾」。


ただし、サークルアームズの各形態は、他のタイプでも使用可能(スカイタイプでマルチソード、マルチタイプでパワークローなど)


仕事絵【ウルトラマン フュージョンファイト!】

「未来を染める、漆黒の闇…!」

ケンゴの夢の中に登場した闇の巨人で、トリガーに酷似した頭部とカラータイマーを持つ。

必殺技は「ダークゼペリオン光線」。

元ネタであるティガも闇の巨人としての姿を持つが、今のところ関連性は不明。第11話から本格的に物語に参戦する。

なお、先んじてこの巨人を夢で見ていたケンゴはトリガーの石像を初めて見た際、この巨人の石像と思い警戒していた(闇の巨人でないことはすぐに気づいたが)。また、第4話でケンゴが見た夢の中にて、超古代文明の街を破壊する闇の三巨人と対峙した際、自身の身体が闇のオーラに覆われていたが…?


笑顔を守る

「宇宙を照らす、超古代の光!!」

トリガーの最強形態。メインカラーは銀・金・オレンジ(朱色)。

必殺技としてグリッターティガ同様にグリッターゼペリオン光線を放てる他、専用武器のグリッターブレードを駆使し、トライアングルクリスタルを選択して様々な必殺技を繰り出せる。

凄まじい力を秘めるがコントロールが難しく、エネルギーの消費が激しい。




ティガとの関係

身長、体重、タイプ名、カラータイマーの音声に至るまでがティガと全く同じであるが(厳密にはカラータイマーの音は加工されている)、肝心のティガとの関係については結局最後まで明かされることはなく、現時点で公式からの見解も出ていないため、不明のままとなっている。


「過去作の主役戦士とよく似た姿に全く同じ必殺技を持つがオリジナルの武器も持つ、元号3作品目の戦士」という点は初代ウルトラマンに対するウルトラマンジャックを思わせるが、ウルトラセブンに対するウルトラセブンXのような同一人物説や二世ウルトラマン説も囁かれている(ちなみに、ティガは親子二代が変身した稀有なウルトラマンである)。

未来を築く 希望の光

また、近い時期に制作された『ウルトラギャラクシーファイト大いなる陰謀』での設定から、トリガーはティガの並行同位体である可能性も指摘されている。そのワードが登場した『UGF・TAC』の監督を担当するのが本作と同じ坂本浩一氏であるため、無関係とは言い切れないが……。

一部のファンの間では、「アブソリューティアンが過去に何らかの干渉を行ったことによって、ネオフロンティアスペースの歴史から枝分かれした可能性世界なのではないのか?」という疑問が上がっている。


そして第9話にて、本作の重要人物シズマ・ミツクニが『ティガ』及び『ダイナ』の舞台だった「ネオフロンティアスペース」の出身にして、元はTPCの情報局員という経歴を持った異世界人である事が判明した。


しかし、同時に「ネオフロンティアの人間が流れ着いた先が、同じように超古代文明に関わるウルトラマン達が存在する世界」という単なる偶然の一致では片付けられない点が浮き彫りとなり、より謎が複雑化している。


また、トリガーの各形態名はティガと同じだがデザインや技はネオフロンティアに登場したティガ以外の(石像やも含む)を彷彿させており、この理由についても不明。


一応答えの一つとしては『-NEW GENERATION THE LIVE ウルトラマントリガー編 STAGE4 -僕らが咲かす花-』においてケンゴの口から「ティガに憧れ惹かれていた沢山の人々が、もう一度ティガに会いたいと願ったことから生み出された時空だから」というものが提示されている。『THE LIVE』シリーズで提示された設定が本編に反映されている例は多々あるが、こちらも反映されているかは現状は不明と言える。


『トリガー』の物語は『エピソードZ』での戦いを最後に終結し、結局多くの伏線や疑問を残したまま幕を閉じた。しかし、『ティガ』の後がそうであった様に本作の世界もまた次なる戦いのステージへ移る事になる


尚、上述の事情から、トリガーは現状新世代シリーズ始まって以来初となる歴代ウルトラマン・怪獣の力を借りない戦士となっている


ウルトラマンデッカー

ウルトラマントリガー&デッカー

続編である本作にも登場。出番は多めで事実上のサブトラマン枠である

物語開始時には変身者であるケンゴはアキトらと共に宇宙開発の任務に着いており、再び火星での日々を過ごしていたが、新たなる敵・宇宙浮遊物体スフィアの襲来により、火星の一般市民を守って戦う事となる。


なお、人類の前に現れたのは『エピソードZ』の事件以来7年ぶりだったが、地球との交信が遮断された影響で互いの状況が解らなくなり、第7話で一時帰還するまでの1年間、地球側の住人達に再出現していた事実を認知されていなかった(故に劇中でムラホシ・タイジは「8年ぶり」と発言している)。

ちなみに、地球での数々の戦いを経て宇宙では有名人になっているらしく、第9話ではトリガーの噂を聞いてやって来たグレゴール人グレースが登場している。


第19話では、今回初めて等身大戦闘シーンを見せている。


そして、最終決戦にも参戦し、第23話にてマザースフィアザウルスに立ち向かう事になる。

過去作のウルトラ戦士が、TV本編の最終章に登場し主人公に先駆けてラスボスと交戦するのは『ウルトラマンジード』におけるウルトラマンゼロ以来実に5年ぶりであり、前作の主役が参戦するのはシリーズ初となる。また、初めて坂本監督以外が担当するトリガー客演の回になる。


客演

ウルトラギャラクシーファイト運命の衝突

トリガー本編でアブソリューティアンと戦う少し前(時系列や描写から11話辺りか?)ケンゴがカルミラ達と戦ってる所をトリガー世界に訪れたアブソリュートタルタロスディアボロが見ている。


ウルトラマンニュージェネレーションスターズ

第6話から登場。

ゼロから送られてきたディメンションナイザーを受け取り、一連の混乱に見舞われた光の国に協力する事となる。

アブソリューティアンとの戦いを振り返っていく最中で助けてもらったリブットへの感謝の念にナイザーが反応し、リブットのディメンションロードに成功した(リブット本人がこの任務にあたっていないあたり、一連の事件はファーストミッション以前の時系列の可能性がある)。

続く7話では光の化身ではなく、マナカ・ケンゴとして皆を笑顔にしたかったという事を再認識した時にナイザーが起動、自らの記憶のロードにも成功した。未来に伝わった自らの記憶を目にし、ウルトラの歴史の不滅とその為に自らの力を役立てる事を強く誓うのであった。


ウルトラマンレグロスファーストミッション

直接の登場は無いものの『トリガー』第14.15話の後の時系列となるので、ギャラクシーレスキューフォース本部に帰還したリブットの口から「別次元で超古代のウルトラマンに出会った」と話しており、それを聞いたイザナ女王は「いつか会ってみたいですね」と興味を示した。


ライブステージでの活躍

『TAMASHII NATIONSスペシャル配信:ウルトラマントリガー編』


突如現れた怪獣を相手にしているデッカーを救援し何者かが別の時空から呼び出していると伝える。

そんな中テクターギアを纏った並行同位体のゼロと戦ってるゼットを見つけると並行同位体のゼロと一緒に現れたアブソリュートタルタロスを見てデッカーと共に警戒を強めゼロを止めるためにグリッターになろうとするが、タルタロスが呼んだダークルギエルによってスパークドールズにされ封印されてしまう。


だが、ユナによるかつての宿敵の力が込められた一撃により復活。

ゼット、並行同位体のゼロ、ウルトラマンデッカー、ヨウコが駆るウインダム、コジローが駆るセブンガーと共にエタニティコアを守るため最後の戦いに挑んだ。


ダークルギエルと戦う中ルギエルがダークザギを呼び出し劣勢になりかけるが、グリッタートリガーへとチェンジしダークルギエルとダークザギを倒す。


その後エタニティコアの近くでデッカーと共にタルタロスを相手するが、タルタロスによって召喚されたイーヴィルトリガーと2対2になる。

そしてデッカーとトリガーはより強い輝きを持って己の影とも言えるイーヴィルトリガーを追い詰め、最後はゼットやデッカーと共にタルタロスとイーヴィルトリガーを倒した。

しかしエンディングの挨拶の後に、タルタロスの生存が判明し、彼の不気味な高笑いと共に幕が閉じられるのであった…。


「NEW GENERATION THE LIVEウルトラマンデッカー編」にもSTAGE3以降全公演に出演しており、

STAGE3では闇の戦士であるダークメフィストと対決したり、デッカーと共にラスボスであるナイトファングスフィアザウルスと戦ったりと、ステージ上ではデッカーとの実質W主人公のようなポジションにあり、かなり美味しい場面を貰っている。

新世代TD編最終章にあたるSTAGE5では、トリガー編でも共演したオマージュ元のティガと最強タイプであるグリッターの姿で共闘をしている。

巡る願い星 Sideスターズ

デッカーと共に新世代TD時空で好き勝手に暴れてる宇宙人と戦ってるとベリアロクを持って現れたノダチザムシャーに追い詰められた0Z師弟がやってきてとある別時空山怪獣と共に眠ってた願い星をかけてゼット達と共にザムシャーに挑むもザムシャーの剣技に切られ続けてたがゼット以外の新世代ヒーローズはノダチザムシャーが願い星を手にしたという情報を手にしておりベリアロクをスパイとして潜らせておりゼットが作戦の事を知らなかったことに驚愕していた。その後ノダチザムシャーに呼び出された宇宙人軍団を観客からの声援とご唱和を背にデッカー達と共に倒した。

テーマ曲

曲名は一部を除き、オリジナルサウンドトラックに準じる。

作曲者は全て坂部剛氏(代表作は『仮面ライダーゼロワン』など)。


タイプ別

曲名備考
トリガーマルチタイプ(UT-M1)マルチタイプの変身メロディはこの曲のイントロ部分
トリガーマルチタイプ(UT-M2)パワータイプの変身メロディはこの曲のイントロ部分
トリガースカイタイプ(UT-M3)スカイタイプの変身メロディはこの曲のイントロ部分
トリガーグリッター(UT-M4)グリッタートリガーエタニティのテーマ
トリガートゥルース(UT-M55)トリガートゥルースのテーマ。マルチタイプのアレンジ

その他

曲名備考
トリガーバトルα(UT-M5)戦闘曲。他にもβからδまでのタイプがある。
Trigger ver. VICTORY(UT-M7)OPテーマのアレンジ。処刑用BGM
Higher Fighter15話挿入歌
Trigger寺坂頼我によるOPテーマのカバー版

余談

名称こそ引き金を意味する「トリガー」だが、引き金要素は精神面以外では銃に変形するGUTSスパークレンスぐらいで、実際にこれがトリガーというタイトルの由来となっている。ティガっぽい発音にできるのは偶然だとか。


ティガがインドネシア語で3を意味していたように、ラテン語やギリシャ語で3を意味する「tri」に引っ掛けたのか、さらに深い意味があるのかは不明。

監督の坂本氏は『ティガ』25周年を意識して「T」より始まる名前になった経緯があり、同時に過去の新世代ヒーローズの流れを継ぎつつ、新しい世代のウルトラマンを作っていく引き金になって欲しいという思いが込められていると語っている。


トリガーの各形態の容姿は、ティガのTV本編に登場したイーヴィルティガと破壊された2体の巨人を彷彿とさせるが関連は不明。なお、ダイナ本編では3体の巨人の破片を元に人造ウルトラマンが造られたが、最終的に火星で破壊されてしまっている。トリガーも火星で復活したという類似点がある。


トリガーはダイナ同様に火星で現代人の前に初めてその姿を表した一方で、ダイナを元ネタとしたデッカートリガーの元ネタになったティガと同じく、地球で初めてその姿を現すという逆転現象が起こっている。


また、ティガとダイナの変身者はティガの変身者ダイナの変身者より年上だが、トリガーとデッカーの変身者は逆にデッカーの変身者が年上であるという逆転現象がある。


デザイナーの後藤正行氏曰く、坂本監督の要望によりマスクの目のスリット(俗に"ウルトラマンの瞳"などとも呼ばれる覗き穴)を瞼に相当する上側に変更しており、その結果従来よりも小顔のマスクにすることができたという(他にも上スリットの戦士は、ネクサスゼノンメビウスヒカリ、ニュージェネ戦士ではエックスがいる)。


歴代戦士のマスクはスーツアクターサイドの事情も考慮して下側になっていたが、最近ではアクションの事情から下スリットは難しくなっていたらしい(曰く、上に着けるとウルトラマンの目のふくらみが視界の下側を遮ってしまう。そのため提案するのは自重していたとのこと)。『ウルクロZ』の提供場面でティガと並んだ際に、その小顔ぶりが話題となった。


顔の表情は一見すると同じように見えるが、各タイプで微妙に細部を変更している。また、アーマーの紋様もタイプごとに異なるモールドが取り入れられている。

タイプチェンジの際形状変化前にティガ同様に色替えをしているのは合成部の発案で合成を担当している三輪氏によると打ち合わせの段階で頭部やら胸部の形状が変わるため文様が光って変われればいいとオーダーが言われてたが合成スタッフの中にTDG世代のスタッフさんが何人かいるためタイプチェンジするなら色替えをやりたいと提案しており本編での1回色替えしてから形状変化を坂本監督に見せると喜んでくれたと語っている。

なお、PVでトリガーがアクションを魅せていた場所が古代都市海底と『THE FINAL ODYSSEY』にてティガと闇の巨人たちが戦った場所を思わせており、ヴィランとして彼らをリブートした闇の三巨人が登場する。


久々の喋らないウルトラマンとして設定されており、戦闘時の掛け声もケンゴ役の寺坂頼我氏が担当している(ケンゴが喋る場合も基本的にインナースペースに限定されている)。


喋らないウルトラマンの復活について、坂本監督としては「今の子ども達は新世代ヒーローズの影響で喋るウルトラマンに慣れているが、『ティガ』要素を抽出するのならば神秘性を帯びた喋らないウルトラマンに戻した方が良い」との考えに至ったという(全く喋らないというわけではないが)。


寺坂氏との打ち合わせの末に掛け声はティガに寄せたものとなっており、マルチタイプは「タ行」、パワータイプは「ダ行」、スカイタイプは「サ行」と各タイプによって意識している掛け声も異なる(『【ウルトラマントリガー】寺坂頼我さんが、トリガー愛を語り、ティガ関連演出も匂わせる!? いよいよクライマックス!【MonoMax BEAMS特撮部】』-yahooニュース2021/12/3(金)掲載分より)。


なお、『トリガー』本編と同時に配信されるボイスドラマの主役には、ウルトラマンリブットギャラクシーレスキューフォースが抜擢されているが、おそらくは『ギャラファイ』との兼ね合いとともに喋らないトリガーの代わりという事情も関係していると思われる。


ティガが1つの完成形であるとの意識から、各形態および必殺技の名称、ポーズはティガと同一になっている(ポーズに関しては先述したように微妙に差異がある)。


ニュージェネ戦士の中で初めて昭和ウルトラマン第2期の怪獣と戦わなかったウルトラマンでもあり(合体怪獣であるデストルドスを除く)、ブレーザーが登場するまでは唯一だった。また、ニュージェネ戦士で超獣と戦わなかったのはエックス、ジードに次いで3人目である。


また2022年内で、(劇場版に再登場した)前作、今作、次回作のラスボス全員と戦ったことのある稀有なウルトラマンとなっている(なお、2021年内を含めればウーラーの派生怪獣であるメツオーガとも戦っている)。しかしヴァラロンとは初めてラスボスと戦わなかった。


関連タグ

ウルトラマントリガー ウルトラマンティガ


イーヴィルティガ/F計画/マサキ・ケイゴ:現在わかっている情報ではこれらの事件を彷彿とさせる。


ウルトラマンゼット→ウルトラマントリガー/トリガーダーク→(ウルトラマンレグロス)/(リピアー)/ウルトラマンデッカー/ウルトラマンディナス

関連記事

親記事

ウルトラマントリガー うるとらまんとりがー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 326545

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました