ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ムラホシ・タイジ

むらほしたいじ

「ムラホシ・タイジ」とは、特撮テレビドラマ『ウルトラマンデッカー』の登場人物である。新世代TD世界においてのスフィア合成獣の命名者。
目次 [非表示]

「私の名前はムラホシ・タイジ、TPU訓練校の校長です。

 もし君に“意思”があるのなら、いつでも連絡してください」


大切なものを、守る意思です


概要


プロフィール

年齢:38歳
所属TPU 訓練校→GUTS-SELECT
演:黄川田雅哉

眼鏡が特徴のGUTS-SELECT先代隊長タツミ・セイヤの後輩で、元エースパイロット。17話にて、トリガー当時は、パイロットからTPU特殊部隊に転属していた事が判明。

TPUの訓練学校で校長を務めていたが、スフィアの襲来に伴い新隊長へと任命された。



人物像

穏やかでいつもニコニコと朗らかな性格で、隊員達に対しても敬語で話す。

日頃は副隊長のカイザキ・サワが厳しく指導する役回りだが、怒った際には微笑みを浮かべながら眼鏡を外す


隊員達の個性について、「○○の天才」という個性的な表現で評している。

ちなみにキリノ・イチカは「真っ直ぐの天才」、リュウモン・ソウマは「見つめる天才」との事で、アスミ・カナタについては既に見出している言葉(個性)はあるようだが、敢えてまだ口に出しておらず、第13話でマルゥルから尋ねられた際には「これからの彼を見ればわかりますよ」と答えていた。

そして最終話である第25話にて、自身の口からカナタは「○○の天才」(※ネタバレ注意)であると評した。


既婚者で趣味は料理。「いつも隊員たちに作っている」とのことで隊員たちに見事な手料理を振舞っている。


危険を顧みず人々を守ろうとするカナタに『自分の命も大事にする様に』と注意しているが、彼自身も第一話で瓦礫に閉じ込められた女性を助けようとするカナタ達を銃を手に部下たちと共に守ったり、第二話ではGUTSファルコンに乗ったままデスドラゴの攻撃からカナタ達を文字通り盾となって守ろうとするなど、彼自身も自らの危険と引き換えに部下を守っている。だからこそカナタに共鳴するものを感じてスカウトしたのかもしれない。


また、新生GUTS-SELECTの初陣の際GUTSファルコンのパイロットに選ばれたカナタに出撃直前に『GUTSファルコンは元々無人機だったので人が搭乗する事を想定して作られてなく乗り心地が最悪』と、ややブラックながらもジョークを言って緊張を解してやると言う、隊長として隊員への気配りも怠らず、作戦が終了し、帰還した際には副隊長と共に『よくやってくれました、これからも期待していますよ』と部下の活躍を褒め、その後のリュウモンが「すぐに今回の任務を分析、改善点を検証します」という意思表示をした際にも『無事に帰還できたことが最大の成果ですよ』とフォローをし、すぐに『まずは休息を取ってください』と部下を労い、体調を第一に考えるという

控えめに言って最高の上司といっても過言ではない言動をしている。


一方で宇宙浮遊物体スフィア襲撃前のサワとの会話中、怪獣が現れなくなってから7年経ち怪獣災害が無くなった事でTPUの怪獣対策課の人員が減り、宇宙進出の方へと力を注いでいる事に対し、

「前に向かって進むことはいいことです。

 でもそのためにも……“足元”をしっかりしておかないと。

 都合よく私達を助けてくれる存在』が……また現れてくれるとも限らないですし」

と、どこか不穏とも取れる発言をしている。

そして、後に現れたデッカーに対しては、「彼とも仲良くなれるといいのですが…」とも発言している。


しかし、知らなかったとは言え、そのウルトラマンの変身者であるカナタをTPUへ勧誘し、防衛隊員としての正規の訓練を受ける機会を与えた上に新たなGUTS-SELECTの一員として迎えるなど、ある意味「超ファインプレー」と言うべき判断をしており、その後の関係も非常に良好。

更に、同じく部下のリュウモン・ソウマとも第17話で意外な過去が判明しており、劇中でのムラホシの行動と判断はほとんどが「善因善果」という形となっている。


また、第5話のユウコや第9話のグレース・ミカ親子と言ったスフィア被害に遭った宇宙人達への対応や保護にも力を入れており前者にはお腹をすかせたユウコのペットエリーをの補給のため、3日分の電力を持つ災害用発電バッテリー「メガアース」を渡すことを黙認したり、後者には新兵器の最終調整のと自身への隊長を考慮して相手模擬戦の協力を快諾して倒れた後、TPUの医療施設に入院する手続きを行ってもらうなど理性的ながらも何気に一番情に厚い存在と言えるのかもしれない。

そして第9話への彼の行動思念に小さな幸せを守ると語っておりユウコやグレース・ミカ親子達のように宇宙人が困っている時も手を差し伸べる優しさを見せている。

第5話でのエレキングの対応でカイザキに怒られているところは傍から見たら隊長が副隊長に尻敷かれてるようにしか見えないため、意外と尻に敷かれやすいタイプなのかもしれない。


第20話の事件解決後、司令室でカナタからの切り出しで

「結局、天岩戸と何だったのでしょうか?…時空が歪んでる場所だったとか?」

との話になり、リュウモンが「量子物理学で言う『特異点』て奴ですか」と彼なりの説を唱えるのに対し、ムラホシは「科学が発展しても…まだまだ人間にはわからない領域があるんですよ」と返す。

直後にカイザキ副隊長が「かつて私達は…海の向こうに不思議な世界があると信じていた。ある時は豊穣をもたらし、ある時は災いももたらす。この世ならざる世界をね」と、この議論を締めくくる。

ムラホシ隊長が言うように、どんなに科学が発展しても解明しきれない、計り知れない物事や領域がどこの世界にもいつの世にもたくさんある、という事である。

…何かとそんな超常現象的な事を否定しがちで行動に遅れが出がちなTAC辺りに、ぜひとも聞かせてやりたいものでもある。


余談

何気に眼鏡をかけた隊長ウルトラシリーズでは彼が初となる。また、近年のウルトラシリーズでは珍しく、制服が隊長専用デザインになっている。


前述の発言と、ネオフロンティアスペースで起きた前例から、嫌な予感しかしない終盤で何かやらかしそうなどと言った不穏なストーリー展開が早くも予測されることになった(これは『ティガ』に登場した巨人やその変身者の立ち位置を担う者達が、前作『トリガー』に全員登場し、更に本作でアスカ・シンことウルトラマンダイナの立ち位置を担うカナタことデッカーが登場した為、あの人造ウルトラマンの立ち位置を担う何らかの兵器が登場する疑惑が発生している)。


一方で、前作では初登場時に最悪の巨人に変身しそうな雰囲気を醸しながらも、最終的に道を外れる事なく、主人公の良き協力者に徹した人物のような先例もあった事や、第1話での不穏な発言についても、作中でサワが「新たなウルトラマン(=デッカー)は本当に味方なのかと半信半疑になっている者もいる」と懸念している等、「ウルトラマン=人類の味方」と安易に考えずに中立的な目を向けているのは、ムラホシだけに限らず、本作におけるTPU全体に共通された考えである(本作の世界では闇の巨人達との戦いや、暴走したウルトラマン悪のウルトラマンによる破壊活動を経験している為、そういった警戒心を持つのは別に不自然では無い)らしく、ムラホシを隠れタカ派であると決めつけるのは早計であると考える視聴者も少なくなく、意見としては五分五分な状態にあった。


その後、第11話においてある超兵器が登場した事に伴い、ムラホシ以上にゴンドウに近い雰囲気を漂わせる人物が台頭し、そしてその人物の正体が予想していたものの遙か斜め上をいく危険人物にして、本作後半におけるメインヴィランであった事や、何よりムラホシ自身が回を重ねる毎に(特に第17話において)極めて良識的な人物である事をうかがわせる一面が明らかになってきている事から、上述の不穏な発言は上述のメインヴィランへの視聴者の注目を逸らせる目的から、制作側によって仕組まれたミスリードであったという考察が、半数以上に上りつつあった。

そして物語もクライマックスに近づいた2022年12月17日にYouTubeにアップされた『GUTS-SELECT座談会』にて、武居正能監督やムラホシ役の黄川田らキャスト陣のトーク内容から第1話での意味深な演出は『本命のメインヴィランが誰か予想をつけづらくする為に視聴者を撹乱させるミスリード』であった事を公式が認めるのであった。


ムラホシ役を演じる黄川田は『ウルトラマンX』第6話・7話に登場したゴールド星人テル役を演じている。

また、他シリーズでは『仮面ライダーTheFirst』と『仮面ライダーTHENEXT』で本郷猛役、『騎士竜戦隊リュウソウジャー』でマスターレッド役を演じており、特撮ファンにとっては顔馴染みのキャストと言える。ちなみに、『仮面ライダーTHENEXT』の本郷猛は前半ではシゲナガ・マキ出身校と同名である大学の付属高校で教師に就職している。

また、副隊長として絡みが多い宮澤佐江氏によると、撮影の合間に共演者とスタッフさんにグミ配りをしてることを明かしておりそれからニコニコ動画でグミ配りおじさんという渾名が着けられた。

関連タグ

ウルトラマンデッカー 新生GUTS-SELECT

理想の上司 黄金の精神




  • 松永要一郎:ムラホシ同様、部下に対しても敬語を使う眼鏡をかけた穏やかな人物(しかし目的の為には手段も辞さない一面も)。ちなみに演者はデッカー第4話にゲスト出演している。


  • ゴンドウ・キハチ:第一話でのムラホシの発言から連想される人物であったが、先述したとおり、実際はミスリードであった。一見すると対極的な存在と思われるかもしれないが、意外と人命を気にしていた部分は共通している。

タツミ・セイヤムラホシ・タイジヒルマ・ゲント






























ネタバレ注意
















第23話と24話、スフィアバリアの収縮による地球消滅の危機が迫る中、スフィアオベリスクの破壊のために、辛うじて放てるナースキャノンをオベリスクαに当てるべくメガアースによるオベリスクγ倒壊作戦を指示。自らはハネジローと共にナースデッセイ号操縦室に残りナースキャノンの用意をしつつ作戦を見守っていた。

そしてカナタ、イチカ、リュウモン、カイザキ副隊長以下GUTS-SELECTの努力により作戦成功、射線の開いたオベリスクαに向けてナースキャノンを発射。見事命中しオベリスクαの撃破に成功する。


しかし、すかさずテラフェイザーが左腕のレーザーを発射、ナースデッセイ号操縦室に着弾し、ムラホシ隊長はその被害をもろに受けてしまった。

爆発に吹き飛ばされるも不幸中の幸いか負傷で済んだが、大破した室内でコンソールにもたれかかったままただ見守ることしかできなくなってしまう。

その後カナタもといデッカーの活躍でアガムスが正気を取り戻し改心、スフィアオベリスクα完全破壊を達成。スフィアバリアも消滅し、戦いが終わったかに見えた。



そこに宇宙から満身創痍のトリガーが落下。

そして最大最凶にして全ての元凶・マザースフィアザウルスが降臨。


突然襲い来る絶望、そして最悪の敵の出現に、流石のムラホシ隊長も思わず身を乗り出し、焦りの表情に染まるのだった……。


そして続く第25話。

カナタ達からアガムスのフェイズライザーから得たデータを元にマザーの弱点であるコアを狙う作戦が提案されるも、アガムスの時代でも不可能と言われているマザー討伐作戦にウルトラマンが必要という事を聞いて、「どうやってウルトラマンに伝えるんですか?」という肝心なことを問いただした時、カナタから自分がデッカーだと正体を明かされた。

ムラホシは「ここ数日のカナタの体調不良は、ウルトラマンである事と関係あるのか」と推察して確信。この時のカナタは大量のスフィア因子に侵食されていつ死んでもおかしくない状態だったため、ムラホシは当初最前線に出す事を拒否。しかしカイザキに諭されると、1年遅れで訓練校に入った事もあり成績最下位だったにもかかわらず隠れて練習していた事を知っていたからこそカナタが必要だと思った事と明かし、カナタに今まで明かされなかった努力の天才の称号をカナタに授けた。その後再び作戦の概要を知るためにタブレット端末を見ると、ケンゴがトリガーであることをサプライズで知らされた。


その後作戦の指揮をリュウモンに任せ隊長代理に任命。ナースデッセイを再び動かしナースキャノンでテラフェイザーとカナタを援護。しかしスフィアに吸収され自我を失いかけるも、未来へ突き進む諦めない意思と精神力でスフィアの支配を払い除け、カナタ達の持つウルトラマン含めたGUTS-SELECT全勢力を持って立ち上がりナースキャノンとグリフォンタロンビームでコアにダメージを与えて、テラフェイザーのTRメガバスターのコアにヒビを入れることに繋げた。

戦いが終わった後カナタ達に合流し、「このチームで戦えて幸せです!」と労いの言葉をかけた後、バリアが消えて地球に戻る事ができた宇宙船を手を振って出迎えた。


マザーとの決戦後は、再びTPU訓練校の校長に戻っており、ナースデッセイ号にて、カイザキに何故指導者という立場になったんですか?と聞かれた際に単純に一緒に戦う仲間達が欲しかったと語っている。

関連記事

親記事

新生GUTS-SELECT しんせいがっつせれくと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15438

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました