ピクシブ百科事典

仮面ライダーTheFirst

かめんらいだーざふぁーすと

『仮面ライダー THE FIRST』とは、仮面ライダーシリーズをリメイクした特撮映画である。
目次[非表示]

2005年に公開された東映制作の特撮映画。
石ノ森章太郎の『仮面ライダー』のコミカライズを現代風にリメイクした作品。キャッチフレーズは「継ぐのは、魂。」

2007年には続編『仮面ライダー THE NEXT』が公開された。こちらは残虐な描写を多分に含むため、仮面ライダー映画では史上初となるPG-12指定の作品となった。

概要

社会を裏で操る謎の秘密結社ショッカーの陰謀により、その尖兵であるショッカー怪人の素体として選ばれた人々のと戦いを描いた映画

今作では

  • 本郷猛一文字隼人が変身した姿が、劇中で一貫して仮面ライダー1号2号ではなくショッカーバッタ型怪人「ホッパー」として呼称されている。
  • 生物的なイメージの強いデザインの多い従来のショッカー怪人に対し、本作に登場するショッカー怪人は「ライダースーツ状の戦闘服を付けたボディにヘルメット状の仮面を付けた頭部」という仮面ライダーのイメージに近いデザインとなっている。
  • 仮面ライダーの変身方法が原典のTVドラマとそれを元にした原作者漫画版を織り交ぜた「一瞬で首から下が戦闘服を纏ったサイボーグ体に変化した後、専用のヘルメット型の仮面を装着する」という変身方法であり、敵の怪人も全く同じ方法で変身する。このため、本郷と一文字がお馴染みのポーズで変身するシーンは一切存在しない(一応、最終決戦時に敵の軍団を前に変身ポーズと同じような動作をするが、変身後の姿で行っているため、ここでは変身ポーズとしてカウントせずあくまで「構え」として扱う)。
  • 本郷と一文字だけでなくショッカー怪人の人間としてのバックグラウンドにもストーリーの焦点が当てられている。
など、原典における「仮面ライダーはショッカーによってバッタ型怪人として作り出された」という設定を強く意識した構成になっているのが特徴である。

また、『スーパーヒーロー大戦GP』に登場する幻の「仮面ライダー3号」のデザインは、本シリーズのホッパーに似た非常に現代的な、さながらSICじみたものになっている。

2016年12月発売の「オール仮面ライダーライダーレボリューション」に参戦。これにより歴代仮面ライダーとついに共演を果たすことになった。

登場人物

仮面ライダーと仲間たち

THE FIRST 感想


 この物語の主人公大学院水の結晶を研究している青年。ある日バットに襲撃されてショッカーで改造手術を受け、バッタ改造人間ホッパー」にされてしまう。ショッカーの操り人形としてテロ行為を行っていたが、雪の結晶を見たことで記憶を取り戻し、正義のためにショッカーと戦う。
 を突き出しただけで真正面から走ってくるトラックを止める、軽く触っただけでビーカーを握り潰すなど、尋常ではない筋力に改造されてしまっている。
 本郷を倒すために作り上げられたホッパーの改良型の改造素体に選ばれた青年。本郷をつけ狙うが、あすかにをしてしまい、ショッカーを裏切ろうとする。
 その姿はスパイダーに殺害されたあすかの婚約者に酷似している。
 本作のヒロイン。雑誌記者をしており、本郷の研究を取材したことがある。スパイダーにより婚約者を殺されてしまい、たまたまその場に居合わせた本郷が彼の死体を触っていた(この辺は原作1話で緑川博士が殺されたシーンのオマージュ)せいで本郷が婚約者を殺したと勘違いしてしまう。
 原作の緑川ルリ子ポジションなのは言うまでもない。
 終盤では誤解を解いて本郷と和解するが、ショッカーの犯行現場を見たせいでホッパーやバットに度々暗殺対象として付け狙われ、最終的には改造人間の素体としてショッカーのアジトへとバットに拉致される。

ショッカー

本作におけるショッカーは「Sacred Hegemony Of Cycle Kindred Evolutional Realm」(直訳: 同種の血統による全体の、神聖なる支配権)の略称であり、世界制服を企む悪の組織である。しかし原作の様に表立ったテロを起こすことは少なく、専ら要人暗殺などを行っている。
幹部死神博士(にしか見えない老人)の他、チャイナドレス美女髭面の男性の計三人。

  • スパイダー
 要するに蜘蛛男。潔癖で口うるさいタクシー運転手が変身する。演じた板尾創路は後に『仮面ライダー大戦』で仮面ライダーフィフティーンを演じている。
  • バット
 要するに蝙蝠男。超スピードでを飛び回り、改造人間の素体に選ばれていた人間を拉致していた。蝙蝠型のロボットを操る能力を持つ。変身前はテンションの高い謎の中年男性。
  • コブラ
 要するにコブラ男。難病の青年、三田村晴彦(演:ウエンツ瑛士)の病気をショッカーのサイボーグ技術で治す事と引き換えに、半ば騙すような形で改造させた。ウエンツ演じる変身前の晴彦と比べると変身後は体格がよく(そのため仮面を外したシーンではスーツのサイズを合わせるのに苦労したとのこと)、強力なパワーと後頭部から伸びる尾を活かした肉弾戦を得意とする
  • スネーク
 要するに蛇姫メドウサ。彼女だけ口元が開いているライダーマンスタイルなのが特徴。
 晴彦の恋人であり、不治の病に侵された女性、原田美代子を晴彦同様に改造させた。体術を得意とし、コブラの後頭部の尾を切り離したを武器に使う場面もある。
 ライダー相手にはただのザコだが常人の3倍の身体能力を持つ。ガスマスクを着用しており、その外見は原作者の別作品で言うとサイボーグ009に登場するブラックゴーストのサイボーグマンに近い。あの模様もないが、イーイーうるさいのと死んだら溶けてしまうのはテレビ版の戦闘員と同じである。

タグとして

本来なら「仮面ライダー THR FIRST」と表記されるところだが、pixivのタグにスペースは使用できないため本項のようなタグをつけることになる。

関連項目

井上敏樹 本郷猛 一文字隼人 蜘蛛男 蝙蝠男 コブラ男
蛇姫メドウサ 水からの伝言
ULTRAMAN・・・・こちらもリメイク作品。

関連記事

親記事

初代ライダー しょだいらいだー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーTheFirst」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 198887

コメント