ピクシブ百科事典

宮内洋

みやうちひろし

宮内洋とは日本一のヒーロー役者である。
目次[非表示]

概要

1947年東京都出身。
仮面ライダーV3秘密戦隊ゴレンジャーのアオレンジャー / 新命明をはじめとして数多くの特撮ヒーローを演じた。
ゴレンジャーではリーダーのアカレンジャーをしのぐ人気を誇り、とくに「気障なヒーローをやらせれば日本一」とも称される立ち居振る舞いは数多くのファンを作り出した。
後に「君にしかやれない」という理由で主演する事になった「快傑ズバット」では「変身しないほうが強い」と言われるほどに生身の演技が決まっており、番組自体は打ち切りとなったもののマニアから絶賛される。
どれくらい絶賛されたかというとスーパーヒーロー作戦でウルトラマン、仮面ライダーやガンダムといった面子を抑え、打ち切り作品でありながら生身役でCMに起用されるぐらい。
ズバットの後、「スパイダーマン(東映版)」において子持ちの麻薬Gメンとしてゲスト出演したがテンガロンハットにギターと、「快傑ズバット」の早川健を思わせる風貌で登場し、主役であるスパイダーマンのピンチを助けている。
さらに「ジャッカー電撃隊」においては、途中参加でありながら、"行動隊長”と言う隊のリーダー職に就き、他のメンバーの出番を食い、テーマソングをも奪い取り、OP映像もほぼ氏のPVと化しており、完全に主役を食う形になっている。
(この件に関しては、師にあたる丹波哲郎の長男丹波義隆が主役を演じていた事もあって、多少の負い目は感じたらしい)
ガオレンジャーVSスーパー戦隊では(二名はバンクだが)番場壮吉の連絡が届いた軍団が三浦参謀長の指示を受けて新命明が敵に攻撃という一人三役というすさまじい映像が繰り広げられた。

また、「ヒーロー番組は教育番組である」、「ヒーローとはかっこよくないといけない」「ヒーローは年を取らない」「家のお父さんと同じことをしていてはヒーローは務まらない」「ヒーローは武器を持ってはいけない」等の名言(迷言?)を残しており、多くのファンにネタにされている。
(ただし、武器を~に関してはこの言葉だけが取り上げられる為に勘違いを招く事が多いが、宮内氏は決してヒーローが武器を持つ事自体に批判しているのではなく、武器に頼り切った戦い方や、子供同士の喧嘩において武器を持ち出す事についての批判意見である。そもそも氏の演じるヒーローの多くも武器を使用する事は多々ある。本人も、「仮面ライダーV3は変身後も武器を持たない。ゆえに私にとって一番の教育番組だ」と言っている。)

この他子供の夢を崩さないために現在も己を厳しく律しており、子供の前では絶対禁煙、中年太りしないために筋トレも欠かさないという。
良くも悪くも特撮オタからは愛されており、2ちゃんねる「特撮の理不尽な点を強引に解釈するスレ」では氏(および氏の演じるキャラ)関連の質問が頻繁に投下されている。
閉塞性動脈硬化症になり人工血管バイパス手術した時も前述の信念から発表せず、自宅でリハビリしたが足が衰弱しており役者として復帰出来るか不安になった時、ファンレターに励まされたという。

主な出演作

早川健


仮面ライダーV3風見志郎
快傑ズバット早川健
ジャッカー電撃隊番場壮吉
特警ウインスペクター特救指令ソルブレイン正木俊介本部長)
超力戦隊オーレンジャー三浦尚之参謀長)
仮面ライダーthefirst立花藤兵衛
スパイダーマン(東映版)(立花剛刑事)※第31、39話ゲスト
宇宙刑事ギャバン(宇宙刑事アラン)※第30、31話ゲスト
キイハンター(壇俊介刑事)
助け人走る(島帰りの龍)

関連タグ

俳優 小林昭二

pixivに投稿された作品 pixivで「宮内洋」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 198550

コメント