ピクシブ百科事典

トクサツガガガ

とくさつががが

小学館ビッグコミックスピリッツにて連載されていた漫画。好きだからこそバラせない!?隠れ「特撮オタク」OLのガハハ爆笑デイズ!
目次[非表示]

このお話は・・・

主人公・仲村叶さんは特撮をこよなく愛するOL。
でも、ものすごく好きだからこそ周囲には言えず、隠しながら生きている。
小学生時代、厳格な母親によって特撮ヒーローのおもちゃは卒業する(させられる)事になった。

しかし大人になり一人暮らしを始めてから幼い頃の抑圧された欲求が解放され、見事に「特撮オタク」に返り咲く。
かつて彼氏がいた時も、趣味全開となった自らのワンルームマンションの部屋にあげられない始末。
20代の独身女ゆえ、彼女には数々の障害が待ち構えていた。

実際の特撮オタクたちの心をくすぐり、そして刺すマンガである。

2014年夏、ビッグコミックスピリッツにて連載開始。
2017年4月に遂に連載100回を越えた!同業の漫画家作家たちから祝いのコメントが送られた。
2020年春に完結。コミックス全20巻。

実写ドラマ

2018年9月に実写ドラマ化が発表され、2019年1月と2月にNHK総合で放映された。全7話。ロケ地はだいたい名古屋

主題歌:ゴールデンボンバー「ガガガガガガガ」
特撮協力:東映
アクション指導:おぐらとしひろ
スーツアクター:岡元次郎、森博嗣、藤田洋平、中井絢子、JAE
声の出演:関智一稲田徹
ナレーション:鈴村健一

特撮協力にまさかの東映。劇中劇「ジュウショウワン」を一番組にまとめてしまうほどクオリティが高く、しかも本場のスーツアクターやアクション指導を採用する本気っぷり。ドラマ部分も手を抜かず様々なネタを再現している。ガチじゃねえか!やるなNHK。

但しガチで再現しているせいか、漫画版とは違った感じで視聴者の心にグサリと刺さりやすい(特にお母ちゃんとの確執)。覚悟を決めてみるべし。

主な登場人物(ドラマ版キャスト)

仲村叶(演:小芝風花
本作の主人公。26歳→27歳(ドラマ版では24歳)。優秀なOLで周りからの信頼も厚く、職場では『女子力』が高いと思われているが、私生活では特撮趣味に勤しむ『女死力』滾る特撮オタク。
周囲に趣味を完全に隠しているため、隠れオタライフに四苦八苦する日々を送る。また、心の中で他人に勝手に渾名を付ける癖がある。

お母ちゃん(演:松下由樹
仲村の母親。フルネームは「仲村志」。
仲村が3歳の時離婚し、幼い仲村と兄を育てたシングルマザー。仲村を女性らしく育てたかったため、幼少期の特撮趣味を決して認めなかった。
とても子供思いではあるのだが、「子供のために」することである「愛」と「自分が子供にさせたい」ことである「エゴ」を混同している。娘の大事にしていた雑誌を焚き火にした『てれびくん』焼きイモ事件は娘のトラウマとなっている(ドラマ版では『テレビきっず』となっている)。
ちなみに娘が今尚特撮オタクであることは知らず、仲村の家を訪れた際に特撮オタクに復帰していた事を知る。
仲村の心の中ではしばしばジュウショウワンの宿敵・ゲンカ将軍に例えられている。
ちなみにドラマ版では巨大化する。

吉田さん(演:倉科カナ
仲村が電車内で知り合った女性。下の名は久美。(隠れ)特撮オタク。温厚な性格だが、こと特撮に関しては熱くなる。
同年代の友人達が次々と結婚・子育てをしているのを機に引退を考えていたが、ヒーローショーで仲村と再会したのをきっかけに思いとどまり、以後は親しい友人関係になる。
年齢は明かされていないが、恐らく仲村より6~10くらい年上で北代と同世代らしい。

小野田(演:本田剛文
仲村の会社の後輩。仲村に好意を寄せているが、彼女の趣味のことは全く気が付いていない。若干天然気味の性格で、仲村の特撮絡みの利己的な言動をいつも好意的に解釈している。

ダミアン(演:寺田心
仲村がジュウショウワンのガチャを回そうとした塾のビルで出会った小学生。こっそり回したかった仲村にとってあまりに悪いタイミングで現れたため、『悪魔の子』を意味するこのあだ名がつけられた。
ジュウショウワンではトライガー推し。本名は田宮拓。吉田さんに好意を寄せている。

任侠さん(演:竹内まなぶ カミナリ
実家の駄菓子屋 「おかしのまつもと」で働く男性。本名まつもとまさあき。20歳。ヤクザ顔負けの怖い人相と任侠映画じみた言動をしているが、実は真面目で内向的な性格である。
ひょんなことから女児向けアニメ「ラブキュート」の隠れファンであることが仲村にバレ、それをきっかけに親しくなる。ドラマ版の第4話にてEDを務め、『アニヲタガガガ』と題して番組をジャックしかける。

チャラ彦(演:森永悠希
仲村の会社の同僚。本名は川島だが、緊張感がなく絵に描いたようにチャラチャラした言動から(仲村の中では)このあだ名で呼ばれている。リア充で特撮オタクではないが、結果的に仲村と吉田が親しくなることに貢献する。
神経が図太く人の間合いにズカズカ入るためよく殴られるが、どこか憎めない性格。

白石(演:内山命
仲村の同僚の一人。仲村を何かと気にかけ、皆の集まりやプライベートの遊びにも誘うなど良い友人だが、彼女自身はリア充女子を体現したような人物であるため、その趣味嗜好は仲村と全く合わない。
そのため、仲村のプライベートは全く知らない(仲村からすれば絶対に教えられない)。

ユキちゃん(演:武田玲奈
仲村の同僚の一人。イケメン俳優・泰風良太のファン。仲村は彼のデビュー作「ストレンジャーV]のDVDを貸して特オタに引き込もうと画策するが、肝心の変身や戦闘シーンを早回しされてしまい失敗に終わる。
ただし、好きな俳優の出演作ならマイナーな作品や子役時代の作品も視聴するなど結構ガチなファンである。

北代さん(演:木南晴夏
仲村の働く会社に新しく中途で入ってきたOL。仕事はできるが愛想にかける。生真面目な性格。
元々男性アイドルオタクだったが、オープンオタクの友人・ミヤビさんから同僚へオタクカミングアウトされ、それをイジられた結果、職場に居辛くなったという過去がある。そのため、オープンオタクと勘違いしていた仲村を嫌っていたが、のちに和解。
ドラマ版では『ドルヲタガガガ』と題して番組をジャックしかけた事も…。

みやびさん(演:吉田美佳子
名古屋の女子大生。北代さんとは同じ男性アイドルグループのオタク仲間だったが、上述の経緯で彼女から絶縁されてしまう。仲村との和解で少し丸くなった北代さんによって許され、仲直りした後は、仲村や吉田さんとも友達になる。

兄ちゃん(演:渡部豪太
仲村の兄。本名は望で32歳。関西在住のバンドマンであり、普段は社会人をやりながらライブで関東に来る時は仲村の家に泊まりに来ている。仲村の趣味に理解があり、兄妹仲は良好。
どこかマイペースで抜けた部分もあるが、既婚者で一児の父である。ちなみに仲村は兄一家全員からかのちんと呼ばれている。なお、組んでいるバンドは下ネタ系のメタルバンド。

じいばあ (演:海原はるか)
仲村の地元でレンタルビデオ店を営んでいた老人。見た目からは性別がわからないためこのあだ名で呼ばれる。仲村が高校卒業の年に閉店を決め、卒業祝いとしてエマージェイソンのビデオをくれ、仲村が特撮オタクに戻るきっかけとなる言葉をかけた。

劇中劇

ジュウショウワン
正式タイトルは『獅風怒闘ジュウショウワン(獣将王)』。仲村が毎週の楽しみにしている特撮番組で、我々の世界でいうところのスーパー戦隊シリーズの現行作。
シシレオー(赤)、トライガー(青)、チェルダ(黄)ら、獣の力を持つ変身ヒーローチームがゲンカ将軍ら悪の怪人たちと戦う物語。
「猫科動物がモチーフで三人構成」「クローや棍など中国武術系の武器を使用」という点から獣拳戦隊ゲキレンジャーがモチーフと思われる。 トライガーの演者の元ネタはキリンレンジャーを演じた土屋圭輔氏である。

エマージェイソン(CV:鈴村健一、スーツアクター:岡元次郎
正式タイトルは『救急機エマージェイソン』。仲村が幼少の頃に大好きだった特撮ヒーロー。人々の危機に現れる謎の人型ロボット「エマージェイソン」を描いた重厚(吉田さん評)な作品。デザインと、いわゆる「メタルヒーロー」という点から特捜ロボジャンパーソン機動刑事ジバンレスキューポリスシリーズがモチーフと思われる(VHSのパッケージデザインは実際のジャンパーソンのVHSパッケージデザインそっくりである)。
名前の由来は緊急を意味する『エマージェンシー』から。

ラブキュート
女児向けアニメ番組。少ない作中作描写からは結構ガチで闘っている様子が見受けられ、モデルはプリキュアと見てほぼ間違いなし。作中世界でも10年に渡って継続している人気シリーズである。
『Chig-Hug ラブキュート』(初代)、『ラブキュート MAX!』(現行)、『ラブキュート カーニバル』(次回作)の三作が確認されている。

サザンクラウザー
吉田さんが幼少時、大好きだった特撮ヒーロー。十字軍騎士のように鎧とマントをまとった西洋風の出で立ちで、その兜デザインから子供には「バケツマン」呼ばわりされてしまうことも。内容はじつにキテレツなシナリオで、路線変更のせいかなぜか途中から何の前触れもなく和風要素を取り入れるなど、本放送当時の人気は振るわなかったためか、長らくDVD化もされていなかった。世界忍者戦ジライヤフクロウ男爵がモデルか?

異星探査ストレンジャーⅤ(ファイブ)
ジュウショウワンより二年前の同シリーズ作品。初期メンバー5人は全員が異星人で、地球人は追加戦士のみという海賊戦隊ゴーカイジャーのようなチーム構成の一作。ストレンブルーを演じた「泰風良太」は若手の売れっ子へと出世し、仲村さんのような特オタでなくとも名前を知られる存在になっている。

探究探索シラベルーパー
ジュウショウワンの1つ前、ストレンジャーの後作品。
現代社会に摩訶不思議な影響を及ぼす、未知なる文明『MU』とその遺跡を探査すべく結成された勇気ある調査チーム、シラベルーパーの物語。
設定、スーツのデザイン、頼れるリーダーっぽいレッドなどから、モチーフは轟轟戦隊ボウケンジャーと見て間違いない(ジュウショウワンの前番組であるゲキレンジャーの前番組でもある)。

超神勇士ファイブレイバー
ジュウショウワンの後番組。初登場は吉田さんと仲村さんが踏んだネタバレ画像として。
スーツにはドラゴンユニコーン人魚グリフォンケルベロスがデザインされている。
太古の神獣に導かれた5人の戦士が、地球を征服しに来た魔の一族デモニバルから地球の命ソウルジュエルを守るために戦う。
ジュウショウワンがハード路線だったこともあり、コメディ寄りのストーリーらしい。
電撃戦隊チェンジマン天装戦隊ゴセイジャーがモチーフと思われる。なお、ジュウショウワンのモデルであるゲキレンジャーの後番組は炎神戦隊ゴーオンジャーであり、コメディ要素はここからか?

デカコッパー
エマージェイソンの後番組で、刑事二人が強化スーツを身にまとい戦う、痛快娯楽アクション。
放送終了後も映画やスピンオフのVシネマが制作されるほどの超人気作だったらしいが、エマージェイソンのほうが好きな仲村さんは複雑な気持ちを抱いている。
元ネタはブルースワットか?

マジカライザー
仲村さんが小学生の時の作品。マジはマジでも魔法ではなく手品の方。トランプがモチーフという点から、元ネタはジャッカー電撃隊とされる。敵幹部が寝返って、追加戦士シルバージョーカーとなる。

ディフェンダー
仲村さんが高校生の時の作品。警備員のような姿の五人組。

4(フォー)フォース
戦隊シリーズで初めて巨大ロボが登場し、現在のスタイルを確立した記念碑的作品。ようするにバトルフィーバーJ。(スーツの造形に関しては忍者キャプターに近い。)

現代妖怪血風録 白狐丸
深夜放送の特撮。
アクション、ストーリー、共に評価は高いものの、下品な描写がきついため良い子のお友達には見せられない。
主人公は金に困った時しか妖怪退治の仕事をしないスケベ野郎である。
下ネタが多いことから、元ネタはライオン丸Gと思われる。

惑星O
40年ほど前のSFドラマ作品。
突如謎の惑星「O(オー)」に迷い込んだ人々の冒険と、Oに住む異星人たちとの交流を描く。
当時としては破格の製作費を投じ、名だたるスタッフが熱意を込めて作ったハイクオリティな名作。
しかしその熱意がかえって仇となり製作が滞ってしまった未完の名作。
最近になって続編の制作が決定したが、仲村さんは喜ぶと同時に「当時とは色々変えざるを得ないだろうし…」と、
複雑な気持ちに悶々とする事に。

ダゴン
日本史上初の特撮怪獣映画社会風刺要素が強く、今なおファンが多いのだが、路線変更のやりすぎのせいで20年ほどに渡って新作が無かった。怪獣のモデルはクトゥルー神話だろうが、元ネタは間違いなくゴジラ
『わくわくTVシリーズ ダゴンくん』という空き地で展開されるテレビシリーズも存在している。

ウラノガッコウ
鏡面世界が舞台の怪談映画。
元ネタは言うまでもなく『学校の怪談』。

絡繰忍者雷伝
40年前の特撮作品のリメイク映画だが、オールドファンと新規層の間で賛否両論となっている。
変身忍者嵐を思わせるタイトルだが、後述のソールマンフェニックスの元ネタが放送された年代や絡繰というタイトルから考えるに、恐らく『キカイダーREBOOT』が元ネタ。

ソールマン
国民的人気のあった巨大ヒーロー特撮シリーズの元祖。
「ソール」はラテン語で太陽を意味する「sol」から。
しかし色々あって常にテレビシリーズが制作されているわけではなく、仲村さんはおろか吉田さんもリアルタイム世代ではない。
だが作中で7年ぶりの新シリーズである「ソールマンフェニックス」の放送が発表となる。
元ネタは言わずもがなウルトラシリーズ。なお、7年ぶりに新作が放送開始されるという設定の元ネタになったのは『ウルトラマンギンガ』という作品であると思われる(『ウルトラマンメビウス』から数えて7年後の作品である。なお、フェニックス要素があるのはギンガではなく、メビウスの方である)。

関連タグ

特撮 オタク
小学館 ビッグコミックスピリッツ てれびくん NHKの本気

石川雅之河合克敏木尾士目小林有吾
柴田ヨクサルのりつけ雅春ゆうきまさみ

ボイメン

非公認戦隊アキバレンジャー:この作品はリアルの特撮、本作は架空の特撮等の相違点があるが、主人公がオタク(傾向は正反対)、主人公の妄想で妄想の敵を吹き飛ばす(ドラマ版ガガガとくらべ)、オタクあるあるネタが豊富の共通点があり、そしてどちらとも映像制作に東映が関わっている。

特オタ女子リンク

南条光:特撮全般が好き。特に仮面ライダーのような等身大のヒーローに対するリスペクトが強い。特撮番組の主題歌に抜擢されて自分が出演したいと思っている特オタアイドル。
新条アカネ円谷プロのような怪獣ものが好き。ただしウルトラマンのようなヒーローよりも敵の怪獣の方が好み。怪獣フィギュアを自作している。

関連イラスト

トクサツガガガで買い物あるある

関連記事

親記事

ビッグコミックスピリッツ びっぐこみっくすぴりっつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「トクサツガガガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 288183

コメント