ピクシブ百科事典

トクサツガガガ

とくさつががが

好きだからこそバラせない!?隠れ「特撮オタク」OLのガハハ爆笑デイズ! ◆小学館ビックコミックスピリッツにて連載中
目次[非表示]

このお話は・・・

主人公・仲村叶さんは特撮をこよなく愛するOL。
でも、ものすごく好きだからこそ周囲には言えず、隠しながら生きてる。
小学生時代、厳格な母親によって特撮ヒーローのおもちゃは卒業する(させられる)事になった。

しかし大人になり一人暮らしを始めてから幼い頃の抑圧された欲求が解放され、見事に「特撮オタク」に返り咲く。
かつて彼氏がいた時も、趣味全開となった自らのワンルームマンションの部屋にあげられない始末。
20代の独身女ゆえ、彼女には数々の障害が待ち構えていた。

実際の特撮オタクたちの心をくすぐり、そして刺すマンガである。

2014年夏、ビックコミックスピリッツにて連載開始。現在(~2017)コミックスは9巻まで発売中。
2017年4月にてついに連載100回を越えた!同業の漫画家作家たちから祝いのコメントが送られた。

主な登場人物

仲村叶 - 本作の主人公。26歳→27歳。優秀なOLで周りからの信頼も厚く、職場では『女子力』が高いと思われてるが、私生活では特撮趣味に勤しむ『女死力』滾る特撮オタク。
周囲に趣味を完全に隠しているため、隠れオタライフに四苦八苦する日々を送る。また、他人に勝手に渾名を付ける癖がある。

お母ちゃん -仲村の母親。仲村が三歳の時離婚し、幼い仲村と兄を育てたシングルマザー。仲村を女性らしく育てたかったため幼少期の趣味を決して認めなかった。
とても子供思いではあるのだが、「子供のために」することである「愛」と「自分が子供にさせたい」ことである「エゴ」を混同している。ちなみに娘が今尚特撮オタクであることは知らない。

吉田さん - 仲村が電車内で知り合った女性。下の名は久美。(隠れ)特撮オタク。温厚な性格だが、こと特撮に関しては熱くなる。
同年代の友人達が次々と結婚・子育てをしているのを機に引退を考えていたが、ヒーローショーで仲村と再会したのをきっかけに思いとどまり、以後は親しい友人関係になる。
年齢は明かされていないが、恐らく仲村より6~10くらい年上で北代と同世代らしい。

小野田 - 仲村の会社の後輩。仲村に好意を寄せているが、彼女の趣味のことは全く気が付いていない。若干天然気味の性格で、仲村の利己的な行動・言動をいつも好意的に解釈している。

ダミアン - 仲村がジュウショウワンのガチャを回そうとした塾のビルで出会った小学生。こっそり回したかった仲村にとってあまりに悪いタイミングで現れたため、このあだ名がつけられた。
ジュウショウワンではトライガー推し。本名は田宮拓。吉田さんに好意を寄せている。

任侠さん - 20歳。実家の菓子店 「おかしのまつもと」で働く男性。本名まつもとまさあき。ヤクザ顔負けの怖い人相と任侠映画じみた言動をしているが、実は真面目で内向的な性格。
ひょんなことから女児向けアニメ「ラブキュート」の隠れファンであることが仲村にバレ、それをきっかけに親しくなる。

チャラ彦 - 仲村の会社の同僚。緊張感がなく絵に描いたようにチャラチャラした言動から(仲村の中で)このあだ名で呼ばれている。リア充で特撮オタクではないが、結果的に仲村と吉田が親しくなることに貢献する。
神経が図太く人の間合いにズカズカ入るためよく殴られるが、どこか憎めない性格。本名は川島。

白石 - 仲村の同僚の一人。仲村を何かと気にかけ、皆の集まりやプライベートの遊びにも誘うなど良い友人だが、彼女自身はリア充女子を体現したような人物であるため、その趣味嗜好は仲村と全く合わない。
そのため、仲村のプライベートは全く知らない(仲村からすれば絶対に教えられない)。

北代さん - 仲村の働く会社に新しく中途で入ってきたOL。仕事はできるが愛想にかける。生真面目な性格。
元々男性アイドルオタクだったが、オープンオタクの友人から同僚へオタクカミングアウトされ職場に居辛くなったという過去がある。その過去からオープンオタクと勘違いしていた仲村を嫌っていたが、のちに和解。

兄ちゃん - 仲村の兄。本名は望で32歳。関西在住のバンドマンであり、普段は社会人をやりながらライブで関東に来る時は仲村の家に泊まりに来ている。仲村の趣味に理解があり、兄妹仲は良好。
どこかマイペースで抜けた部分もあるが、既婚者で一児の父である。ちなみに仲村は兄一家全員からかのちんと呼ばれている。なお、組んでいるバンドは下ネタ系のメタルバンド。

劇中劇

ジュウショウワン
正式タイトルは『獅風怒闘ジュウショウワン(獣将王)』。仲村が毎週の楽しみにしている特撮番組で、我々の世界でいうところのスーパー戦隊シリーズの現行作。
シシレオー(赤)、トライガー(青)、チェルダ(黄)ら、獣の力を持つ変身ヒーローチームがゲンカ将軍ら悪の怪人たちと戦う物語。
「猫科動物がモチーフで三人構成」という点から獣拳戦隊ゲキレンジャーがモチーフと思われる。

エマージェイソン
仲村が幼少の頃に大好きだった特撮ヒーロー。人々の危機に現れる謎の人型ロボット「エマージェイソン」を描いた重厚(吉田さん評)な作品。デザインといわゆる「メタルヒーロー」という点から特捜ロボジャンパーソン機動刑事ジバンがモチーフと思われる。

ラブキュート
女児向けアニメ番組。少ない作中作描写からは結構ガチで闘っている様子が見受けられ、モデルはプリキュアと見て問題はないだろう。作中世界でも十年に渡って継続している人気シリーズである。

サザンクラウザー
吉田さんが幼少時、大好きだった特撮ヒーロー。十字軍騎士のように鎧とマントをまとった西洋風の出で立ちで、そのデザインから子供には「バケツマン」呼ばわりされてしまうことも。内容はじつにキテレツなシナリオで、路線変更のせいかなぜか途中から何の前触れもなく和風要素を取り入れるなど、本放送当時の人気は振るわなかったためか、長らくDVD化もされていなかった。

ストレンジャーⅤ(ファイブ)
ジュウショウワンより二年前の同シリーズ作品。初期メンバー5人は全員が異星人で、地球人は追加戦士のみという海賊戦隊ゴーカイジャーのようなチーム構成の一作。ストレンブルーを演じた「泰風良太」は若手の売れっ子へと出世し、仲村さんのような特オタでなくとも名前を知られる存在になっている。

ダゴン
日本史上初の特撮怪獣映画社会風刺要素が強く、今なおファンが多いのだが、路線変更のやりすぎのせいで20年ほどに渡って新作が無かった。怪獣のモデルはクトゥルー神話だろうが、元ネタは間違いなくゴジラ。イヤシン・ゴジラかも?

関連タグ

特撮 オタク 特撮オタク
小学館 ビッグコミックスピリッツ てれびくん

石川雅之河合克敏木尾士目小林有吾
柴田ヨクサルのりつけ雅春ゆうきまさみ

関連イラスト

トクサツガガガで買い物あるある

pixivに投稿された作品 pixivで「トクサツガガガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 74984

コメント