ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

1976(昭和51)年4月~77(昭和52)年1月にかけて、東京12チャンネル(現・テレビ東京)で放送された特撮番組。

東映十八番である「忍者」をモチーフとした作品で、男女7人組の集団ヒーローというスーパー戦隊シリーズの要素が色濃い作品である。


作品の扱いについて

実は一時期、本作「忍者キャプター」はスーパー戦隊シリーズのひとつとしてカウントされていた事があった。

ケイブンシャ発行の「科学戦隊ダイナマン大百科」では、(当時はカウントされていなかった)「秘密戦隊ゴレンジャー」と「ジャッカー電撃隊」だけでなく本作も掲載されていた。

現在は「ゴレンジャー」「ジャッカー」とは違い、本作はカウントされない。

その理由は、東映がそう決めたから…といえばそうなのだが、放送局がNET/テレビ朝日ではなく、東京12チャンネル/テレビ東京だったことや(そもそも放送期間が「ゴレンジャー」と重なっている※)、スタッフ陣が戦隊系と全く異なることなど明確な違いがあるためである。

そこら辺の扱いでブレていたからが故なのか、「機界戦隊ゼンカイジャー」にてキャプター7にそっくりな戦士「ハカイザー」が登場している。


※「ゴレンジャー」は1975年4月から77年3月の2年間で、「忍者キャプター」は1976年4月から77年1月の10ヶ月である。


登場人物

忍者キャプター

  • 火忍キャプター7/出雲大介(いずも・だいすけ)

演:伴直弥

詳細は火忍キャプター7を参照。


  • 風忍キャプター6/泉敬太(いずみ・けいた)

演:佐藤宏之

15歳。シンボルカラーはグリーン

メンバー最年少の中学3年生で、少々生意気な性格。

友情に厚く、クラスメイトからの信頼も厚いが、その一方で無鉄砲な性格でもあり、認められようとして努力するもほぼ確実に失敗する。

武器はホルンあるいは法螺貝のような形状をした風貝(かぜがい)。

風魔烈風との最終決戦では訳あって戦線に参加できず、暗闇忍堂との最終決戦では一人だけ「声はすれども素顔は見せず」状態と節目の回で不遇な扱いを受けている。


  • 金忍キャプター5/大山昇(おおやま・のぼる)

演:藤江喜幸(伍代参平)

詳細は金忍キャプター5を参照。


  • 土忍キャプター4/黒川団(くろかわ・だん)

演:宇津海仙

23歳。シンボルカラーはブラウン

寡黙な性格で、キャプター一番の長身と怪力を誇る。聴力も並外れている。土遁の術を得意とし、武器は土棒という巨大棍棒。

キャプターマシンの操縦はほぼ彼が担当している。普段はレスリングジムに通っているほか、運送業のアルバイトをしている。

第23話ではレスリング仲間に「レスリングはあくまでも裏芸」と答えている。

演じた宇津海仙の体形があまりにも大柄なため、番組初期ではスタントマンが演じる土忍と、宇津海仙自身が演じる土忍の体型が著しく違う場面も見られた。


  • 花忍キャプター3(初代)/桜小路マリア(さくらこうじ-)

演:松葉夕子

  • 花忍キャプター3(2代目)/天堂美樹(てんどう・みき)

演:野川愛

詳細は花忍キャプター3を参照。


  • 水忍キャプター2/四条左近(しじょう・さこん)

演:琳大興

詳細は水忍キャプター2を参照。


  • 雷忍キャプター1/袋三郎兵衛(ふくろ・さぶろべえ)

演:潮建志

詳細は雷忍キャプター1を参照。


キャプターの協力者

  • 天堂無人(てんどうむじん)

大介の師匠で、平和が脅かされることを察知し、キャプターを結成した。

第37話で甲賀忍群の刺客・かげさそりの手にかかって命を落とす。


  • 戸隠白雲(とがくしはくうん)

無人の師匠にあたる人物で、2代目の指揮官となる。

忍大臣」の異名を持つ。


  • 風魔烈風(ふうまれっぷう)

悪の忍集団「風魔忍群」御大将

アジトにはいくつかの蝋燭が立てられ、灯された火は風魔忍者の命を表しており、

キャプターに倒されると火が消える。

火が消える度に「おのれぇぇぇキャプターめぇぇぇぇ!!」と怒り狂うのがお決まりのパターン。

配下として「風魔十三忍衆」「風魔鬼四天王」「あやかし三行者」「風魔五道人」といった精鋭達を率いている。

第26話で死亡。


  • 暗闇忍堂(くらやみにんどう)

第26話で壊滅した風魔忍群に代わって出てきた「甲賀忍者群」の首領。別名「忍将軍」

演じたのは後に『仮面ライダー(新)』で『ゼネラルモンスター』を演じた堀田真三

上記の風魔烈風に続いてのレギュラー登板となり、それぞれ異なる二人の敵首領を同じ俳優が演じるという稀有な例となった。

配下の名前は連判状のようなものに記されている。



その他

忍者キャプターさくら。


  • 第43話の制作中に電話一本で打ち切り通達が来たため、その回が敵の首領が偵察に行くエピソードだったが、その場で台本を書き直し、最終回にしたと言う逸話もあった。なお、「第44話」に登場する予定だった敵キャラのデザインは出来上がっていたそうである。

  • 当時まだ系列のネット局がなかった東京12チャンネルが制作局であったことから、本放送時東海3県など、放送が全くなかった県が少なからず存在した。実際、本作品の主題歌を歌う水木一郎堀江美都子が、鹿児島県内で催された本作品と『ザ・カゲスター』の合同アトラクションショーで歌唱した際、観客の子供達に「みんな、忍者キャプター知ってるかな?」と呼びかけても観客は無反応だったという(もっとも、北東隣の県ではTBS系列局で放送されてはいた)。

アキバイエロー/横山優子役として、主題歌を歌った堀江美都子が登場。(劇中では「堀美江都子」名義)エンディングでは、本作の主題歌の替え歌「キャプたんchu chu chu」を歌唱した。



関連イラスト

花忍忍者キャプター


関連タグ

忍者 くノ一


浅野温子金月真美・・・子役時代にゲスト出演。

忍者戦士飛影・・・ 1985〜86年に日本テレビ他で放送されていたロボットアニメだったが、此方も打ち切りが決まり、本来のラスボスが事故死する事になった。

聖悠紀・・・ テレビランドコミカライズを連載。

1976年に放送されていた東映特撮番組

関連記事

親記事

東映ヒーロー とうえいひーろー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 228296

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました