ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

1957年3月8日生まれ。神奈川県出身の歌手声優。血液型はAB型。

愛称は「ミッチ」(ミッチーとも)。本名は浅見美都子(旧姓:堀江)

歌手としてはエディット(個人事務所)・日本コロムビア所属で、声優としては青二プロダクション所属。


1969年、まだ小学生で『紅三四郎』の後期主題歌を任されデビューする。

以降現在至るまで1000曲超ものアニメソングを担当しており代表作多数。日本で初めてミリオンセラーを記録(『キャンディ・キャンディ』)したアニソン歌手であり、ロボットアニメ主題歌(『ボルテスV』)を担当した女性歌手でもある。高い歌唱力と透き通った可憐な声からも女性アニソン歌手、兼声優のパイオニア的存在であり、現在は帝王・水木一郎に対し「アニソンの女王」と呼ばれる。

また、ささきいさお水木一郎大杉久美子(子門真人または影山ヒロノブのケースもある)の3人とともに「アニソン四天王」と称されることがある。

また水木一郎影山ヒロノブとともに「アニソンBIG3」と称されることもある。いずれにせよ女性アニソン歌手の草分けであり代表格である。


アニソン歌手として編集

9歳の時にフジテレビ系の「日清ちびっこのどじまん」に出演したことがきっかけで、元日本コロムビア制作本部長の木村英俊の目に止まり『紅三四郎』でデビューした。

かつてアニメソングとは、レコード会社において童謡などと同じく、幼児や児童を対処とした学芸部で扱われていた。

しかし彼女が歌った『キャンディ・キャンディ』が100万枚を超えるミリオンセラーとなったことをきっかけにアニメソング専門の部署を作り、プロモーションに力を入れる会社が急増したという逸話がある。

NHKの学校向け番組『なかよしリズム』『うたって・ゴー』に歌のおねえさんとして出演していた。

10代の頃は華やかな同世代のアイドルたちに憧れ、なぜ自分は表舞台で歌手活動ができないのか葛藤した時期があったという。これに対し堀江を手掛けた木村は「目指しているのは短命のポップアイドルではなく、一生歌っていける歌手だ」と彼女を諭したそうである。


1984年、現在所属する個人事務所の代表でフォークグループ・シグナルのメンバーだった、あさみあきおと結婚、現在は1児の母親でもある。


関連動画編集

デビュー50周年記念アルバム『One Voice』&『One Girl BEST』(2020/2/12発売)ダイジェスト試聴


声優として編集

声優としての活動は、アニメ業界に話題性を考えて抜擢されたことからはじまった。

演技の基礎を全く習わないまま業界に放り込まれたため、デビュー作『宇宙魔神ダイケンゴー』では音響監督から「まだ指導できるレベルにも達していない」と言われてしまうほどだった。

そこで「歌手として参加し続けるのでは居心地が悪く、他とのチームワークも上手くいかない」と考え、声優業に力を入れていくうちに演技が上達していき、ついには自身が主題歌を担当していないアニメにも出演するようになった。

覚悟のススメ」のヒロイン堀江罪子は彼女をモデルにしたキャラクターとして有名。


主な担当キャラクター編集



俳優業編集

(※約37年ぶりに俳優として出演した)

関連タグ編集

ささきいさお 水木一郎 大杉久美子 影山ヒロノブ あさみあきお

アニソンの女王 アニソンBIG3

関連リンク編集

関連記事

親記事

歌手 かしゅ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 57396

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました