ピクシブ百科事典

戸川純

とがわじゅん

日本の歌手、女優。「ゲルニカ」、「ヤプーズ」のボーカルとしても知られる。
目次[非表示]

概要

1961年3月31日東京都新宿区生まれ。本名は戸川順子。妹は女優の戸川京子(故人)。
80〜90年代にかけて活躍し、一時は芸能活動から遠ざかっていた。現在も歌手や文筆業を中心に活動を続けている。

特異なパフォーマンス

凄まじい迫力の巻き舌と、高い歌唱力を持ちながらあえて音を外したシャウト、小学生姿やベビードール、大きなリボンなど奇抜なコスチュームを着こみ、トランス状態に陥ったかのように目をむいて歌い狂うライブパフォーマンスが有名で、80年代当時は「ビョーキ」と言われていた。

さらに、自身の作詞では「愛してるって言わなきゃ殺す(「好き好き大好き」)」「滴る生き血に飢えるわ(「肉屋のように」)」など数々の過激かつ病的、猟奇的な歌詞がみられるため、ヤンデレキャラの祖も言われる。
これは話題作りのための色物的なネタではなく、当時のニューウェーブパンクバンドがこぞって行なっていた前衛音楽の実験の一種であり、制作側としては楽曲も戸川のパフォーマンスも全て大真面目に行っていた。

もっとも、本人は普段から少々不思議ちゃん的な、やや神経質で危ういところのある性格だったようであるが、それが一見パワフルで過激ながらも、深い情念を持ったパフォーマンスに繋がっていたと考えられる。
また、高音を活かし「森の人々」やみんなのうたで放送された「ラジャ・マハラジャー」など可愛らしい歌も歌っている。

経歴

女優として

小学5年生の頃、テレビ番組の影響で芸能界を志し、劇団ひまわりに所属。子役としてデビューした。その後、学業を心配した両親により一度は劇団を辞めるが、大学入学後女優としての活動を再開した。
1982年の『刑事ヨロシク』の「西ツヤ」役で初のレギュラーを務める。その後もさまざまなドラマ、映画に出演しており、2000年代以降は舞台への出演が多い。
1982年9月にTOTO・初代ウォシュレットのCMキャラクターに抜擢され、この時の「おしりだって洗ってほしい」のセリフは話題となった。⇒youtubeによる動画
また、当時松竹のタブーだった『男はつらいよ』と『釣りバカ日誌』両作品出演を初めて果たした人物でもある。

歌手として

歌手活動を始めたきっかけは、テクノパンクバンド・「8 1/2(ハッカニブンノイチ)」の熱烈なファンになり、追っかけをしていたことから。この頃、「NYLON100%」というバンドが出入りしていたニュー・ウェイヴカフェに入り浸るようになり、そこで李香蘭の『蘇州夜曲』を歌っていた。(なお、先述の『刑事ヨロシク』でも、主演のビートたけしとともに『蘇州夜曲』を披露している。)

8 1/2は解散し、「少年ホームランズ」と合体する形で「ハルメンズ」というバンドに改組。戸川は、ハルメンズのライブでゲストボーカルを務めた。

ハルメンズ解散後、8 1/2およびハルメンズのキーボード担当だった上野耕路に気に入られ、上野と交流のあった作詞家イラストレーターの太田螢一とともに、1982年「ゲルニカ」という音楽ユニットを結成。ファーストアルバムをプロデュースしたのは、同じアルファミュージックに所属していたYMO細野晴臣で、細野はその後も戸川に楽曲を継続して提供している。

戸川がアイドル的な人気を集めるようになったことや、上野の家庭の事情もあり、ゲルニカはいったん活動休止する。当初活動休止は1年間限定の予定であったが、レコード会社との契約や戸川が別プロジェクトに注力したことで、活動再開は1988年まで長引くことになった。
1983年にハルメンズのドラマーだった泉水敏郎らと「戸川純とヤプーズ」を結成。バンドはのちに「ヤプーズ」と改名し、2020年現在まで休止と再開を繰り返しながら活動している。

ハルメンズ時代にボーカリスト・作詞家のサエキけんぞう(パール兄弟)と知り合い、ヤプーズ加入後にサエキから数々の歌詞提供を受ける。
またP-MODEL平沢進からも気に入られ、お互いの楽曲に参加しあったり、ラジオなどで対談を行ったりと交流が深かった。また、戸川がテレビ出演した際に、平沢がバックでの演奏を担当することもあった。
当時は細野・上野・泉水・サエキ・平沢のいずれもアルファ所属であった。

その後アルファが実質的に解散したことからテイチクに移籍。東芝EMI、コロムビアを経て2000年からはインディーズで活動している。

1995年にはテイチク側が戸川に無断でライブビデオを発売したためトラブルとなり、自殺未遂事件を起こした。
事件後、妹の京子に強く諌められたが、2002年には京子が自殺してしまうという悲劇を経験している。

2006年にアルファ時代の音源や映像が復刻販売されるが、足と腰を負傷し入院。その後快復し、復帰。現在は主にインディーズでのライブをメインに歌手活動を続けている。

2020年4月にYouTubeチャンネルを開設。運営は自身の所属する「戸川純事務所」によって行われている。

エピソードなど

  • 好きな女優は原節子李香蘭である。また、学生時代はクレオパトラに憧れていた。
  • 歌手活動におけるスタイルは、大阪出身のパンクシンガー「Phew」などの影響が強い。また、ドイツの「パンクの母」ことニナ・ハーゲンとは、外見(ロリータ・パンクなファッションなど)、オペラスタイルの歌唱法と地声でのシャウトを同じ曲の中で両方行う、という点で類似性があるが、指摘されるまで戸川本人は特に意識していなかったようである。
  • かつては話すときに独特な間が開く傾向があり、いかにも不思議ちゃん的であったが、少しずつ豪快な喋り方に変わってきている。また、歌い方も80年代〜90年代初頭はシャウトやダミ声を多用し、ハードな印象が強かったが、00年代以降はゆったりとした、素朴な声での歌唱が多い。
  • お笑い芸人の鳥居みゆきは戸川の熱烈なファンであり、彼女の病的な芸風の起源をたどると戸川の模倣に行き着く。
  • タモリが司会を務めるバラエティ番組のプロデューサーに名前から男と間違われ、男性枠のゲストとして出演したことがある。その後も「笑っていいとも!」には継続的に出演しており、コーナー「オレンジスキャンダル」での兵藤ゆきを交えたやりとりも話題となった。
  • 代表曲「レーダーマン」(ハルメンズのカバー)は、声優小林ゆうによるカバーでアニメ『夏のあらし!』の挿入歌として使われた。小林は『さよなら絶望先生』で主題歌を手掛けた大槻ケンヂに「戸川純の再来」と評されており、本人もロックミュージシャンとしての活動を行っている。
  • 多くの著名人がファンを公言しており、景山民夫は「戸川純私設ファンクラブ」の会長であったと著書に明記している。また、漫画家の冨樫義博は『幽☆遊☆白書』で何度か戸川について言及しており、特にの《明日「ヒットスタジオ」に戸川純が出る》というセリフが知られている。これが縁となってか、「戸川純 with Vampillia」としてリリースされた『わたしが鳴こうホトトギス』ではアーティスト画を手掛けている。


関連イラスト

jun togawa


外部リンク

ソニーミュージックによる紹介
テイチクエンタテインメントによる紹介
戸川純事務所 Twitterアカウント
戸川純事務所 Facebookアカウント>https://www.facebook.com/juntogawaoffice] YouTubeチャンネル「戸川純」
なお、戸川自身はブログやSNSアカウント、自身のサイトなどを持っていない。

関連記事

親記事

歌手 かしゅ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「戸川純」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 201642

コメント