ピクシブ百科事典

パンク

ぱんく

本来の意味は「チンピラ」「クズ」など。Punk。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. パンクチャー(puncture)の略。タイヤの空気が抜けること。
  2. 音楽を始めとした文化のムーブメント。この項で説明。
  3. ロックマンシリーズのキャラクター。→パンク(ロックマン)


概要

'60年代のガレージ・ロック、ビート・ロックの影響を受けながら'70年代に巨大化した音楽産業へのアンチ・テーゼとして社会運動化した。
また、音楽のジャンル、ファッション、スタイルに囚われず、反社会的な姿勢そのものを総称してパンクと呼ぶ場合もある。

音楽の1ジャンルとしてのパンクと、生き方としてのパンクとに意味が分かれる理由の1つに、こういう説がある。

パンクという言葉が使われ始めたのは1970年代と言われている。
その時、イギリスではシンプルで攻撃的なロックンロールの新ジャンルのことを指し、アメリカではバックストリートに屯するボロボロの服を着た不良少年達を指した。
この2つの意味が長いときを経て融合しつつ、今日の混乱を招いたとする説がある。

歴史

元々アメリカのザ・ストゥージズMC5ヴェルベット・アンダーグラウンドのようなニヒリスティックな音にルーツをもっているが、パンクの名を世界的に広めたのはイギリス発祥のムーヴメントによるところが大きいだろう。
うわべだけを着飾った退屈な売れ筋ロック/ポップ、そして高まる失業率や古くさい慣習に対する激しい反発の元、70年代後半にパンクは一気に爆発したのである。

ロンドンからN.Y.に渡ってニューヨーク・ドールズやその周辺のアンダーグラウンドバンドに刺激を受けたマルコム・マクラーレンが、自国に戻って世に送り出したのが、かのセックス・ピストルズだ。
彼らのテクニックを無視した演奏スタイル/ステージ・パフォーマンス/ファッション/そして歌詞に込められた政治に対する批判や反抗精神はは、同世代のフラストレーションに火をつけ、圧倒的支持を得たのであった。

またアメリカ西海岸では、ブラック・フラッグやデッド・ケネディーズといったコマーシャルなラジオに激しい敵意をもったバンドがカルト的な人気を集めていた。
その後、(ロサンゼルス出身の)エックスや伝説のバンド、クラッシュがスカやダブを取り入れつつパンクの音楽性を広げていったのは改めて言うまでもないだろう。

パンク自体がアメリカの音楽チャートを制したのは、結果的にはグランジ後の'90年代以降だ。
その立役者はパンク・ポップ(メロコアとも言われる)の雄グリーン・デイランシドであるが、彼らの成功が先達のラモーンズクラッシュの功績に負うところも大きいのは明らかだろう。

日本では頭脳警察が早すぎたパンクと言われることもあったが、テクノ/ニューウェイヴとともにやってきたパンク・ロックはそれまでのプロテスト・フォークなどとも結びついて独自のスタイルを形成していった。
その中でもBOØWYTHE BLUE HEARTSは商業的にも成功を収め、それまでのメタルをあっという間にオールド・ウェイヴにしていった。
さらに'80年代ニューウェイヴの申し子BUCK-TICKが、後のヴィジュアル系V系の魁となっていった。

関連タグ

音楽 ゴス(ゴシック) ロリータ
反体制 ドラッグ ハードコア サブカル(サブカルチャー)

THE STAR CLUB ザ・スターリン ARB THE MODS
LAUGHIN' NOSE ニューロティカ 175R HI-STANDARD
thee michelle gun elephant ガガガSP 外山恒一 宝島

pixivに投稿された作品 pixivで「パンク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2162088

コメント