ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

サブカルチャー

さぶかるちゃー

社会の主流の文化に対して、一部の集団が持つ独特の文化。「サブカル」とも略される。
目次 [非表示]

概要編集

社会主流文化(メインカルチャー)や古典的文化(ハイカルチャー)とは異なるマイナーな文化のこと。サブカルと略されることもある。


日本におけるサブカルチャー編集

本来のサブカルチャーとは、貧困層や少数民族集団、LGBTなどマイノリティ特有の文化を指していたものであるが、1980年前後に日本にこの言葉が渡ると意味が変わり、若者文化のうち、アニメ特撮ロックレゲエヴィジュアル系ガロ系漫画・オカルト・現代アート・実話/実録/暴露系などのように支持者が一部の若者に限られている(いた)ものを指すようになった。


アニメ・コミック・コンピュータゲームなどの「オタク」文化(特に萌え系)は日本のサブカルチャーの代表として扱われることもあれば、その他の「サブカル」と対立的に論じられることもある。これについては、「オタク」がもともと蔑称であったことと埼玉某重大事件の影響が大きい。1980年代から現在に至るまで、両者の支持者や作り手はしばしば重なっており、実態として「オタク」と「サブカル」は必ずしも対立的存在とは言えず、90年代生まれ以降の世代は前世代であれば「サブカル」を称したジャンルの範疇であっても「オタク」呼ばわりに抵抗がないことが多い。


21世紀に入り、1980〜90年代に成人したオタクたちはその趣味を持ったまま年齢を重ね、かつて「サブカルチャー」であったオタク文化はメインカルチャー化してしまった。フィギュアコスプレメイドカフェなど過去にはオタクにのみ支持されていた文化も一般化してしまっている。


代表的なマニアック漫画雑誌編集

青林堂『月刊漫画ガロ』(1964年~2002年休刊)

青林工藝舎『アックス』(1998年~)

虫プロ商事『COM』(1967年創刊~1973年休刊)

太田出版『マンガ・エロティクス・エフ』(2001年~2014年休刊)

エンターブレイン(現KADOKAWA)『月刊コミックビーム』(1995年~)・『ハルタ』(2008年〜)

小学館『月刊IKKI』(2003年創刊~2014年休刊)

講談社『月刊アフタヌーン』(1986年創刊~)


関連タグ編集

文化 アート アバンギャルド オタク 同人 中二病

オタク向け マニアック


Re:CREATORS ぱすてるメモリーズ 逆転世界ノ電池少女:サブカル作品が題材となっている作品。


ポプテピピックサブカルクソ女を広めるきっかけになった作品。

関連記事

親記事

文化 ぶんか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70962

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました