ピクシブ百科事典

サブカルチャー

さぶかるちゃー

社会の主流の文化に対して、一部の集団が持つ独特の文化。「サブカル」とも略される。
目次[非表示]

概要

社会の主流の文化(メインカルチャー)や伝統的文化(ハイカルチャー)とは異なるマイナーな文化のこと。サブカルと略されることもある。

本来サブカルチャーとは貧困層や少数民族集団に特有の文化を指していたが、日本にこの言葉が渡ると意味が変わり、大衆文化や若者文化のうち、オルタナティブコミックアニメ特撮オカルトアングラロックレゲエ・現代アートなど、支持者が一部に限られているものを指すようになった。

オタク」文化と同一視されることもあるが、21世紀の日本ではメインカルチャー自体が溶解し、フィギュアコスプレなど過去にはオタクにのみ支持されていた文化も一般化してしまっている。

代表的なサブカル漫画雑誌

青林堂『月刊漫画ガロ』(1964年~2002年休刊)
青林工藝舎『アックス』(1998年~)
虫プロ商事『COM』(1967年創刊~1973年休刊)
太田出版『マンガ・エロティクス・エフ』(2001年~2014年休刊)
エンターブレイン(現KADOKAWA)『月刊コミックビーム』(1995年~)・『ハルタ』(2008年〜)
小学館『月刊IKKI』(2003年創刊~2014年休刊)
講談社『月刊アフタヌーン』(1986年創刊~)

関連タグ

文化 アート アバンギャルド オタク 同人

pixivに投稿された作品 pixivで「サブカルチャー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29276

コメント