ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

萌え系

もえけい

「萌え絵」を使った商品を一まとめにした単語。萌えさえすればなんでも萌え系になり得る。
目次 [非表示]

概要編集

萌え絵を使った商品、作品、キャラクターのこと。


基本的にはギャルゲーエロゲのようなキャラデザをした男性向け美少女コンテンツ。良い意味で使われることは少なく硬派から「○○なんてどうせよくある萌え系だろ?」といったようなネガティブな意味合いが強い。


そのキャラデザは概ね2000年代後半あたりからあまり変化がなく、「楕円体の巨大な眼」「ほとんど存在しない鼻」「現実に存在しない眼・髪色」などが典型的な特徴。

部分的に萌え系の要素を含んだ作品も存在しているが、萌えがメインでない場合は、あまり萌え系とは呼ばれない(たとえば内容が萌え系風でも全年齢向けマスコットものの亜種だったり、画風がリアル調だったり、画風が萌え絵でも内容がセカイ系だったりするの場合など)。

また、萌え系の二次創作の題材になりやすい原作が『萌え系』と呼ばれることがあるが、語弊がある。


広義の意味では女性向けのイケメンコンテンツも萌え系であるが、乙女系BLと別の呼び方をされることが多い。


隣接したジャンルとの接点編集

  • 少女向けコンテンツは萌え絵のルーツのひとつであり絵柄もよく似ているが、男性向けでないため萌え系とされることは少ない。
    • 少女向けコンテンツの大きな特徴として「萌え系以上に眼が巨大化しやすい」「眼のハイライトも巨大になる」「まつげが大量に生える」「鼻が大きくも小さくもない」「表情や細かい動きに青年漫画と別の生々しさがある(髪型が頻繁に変わる、髪型を滅多に変えないキャラでもどこかが崩れる)」「幼児と美醜を意識しない顔以外で“頬の膨らみ”を義務化して描くことが少ない」「整った顔と印象の良さが必ずしも一致しない(憑依もの、ホラーものなど)」があるが、一概には言えない。
    • 少女向けの原作版とアニメ版も絵柄の傾向が異なり、CGが普及して透明感が表現できるようになってからはアニメ版もより少女漫画的になった。アニメ版は動作のために絵柄を大なり小なり記号化しているため、特に萌え系に影響を与えているという説がある。
    • 少女向けは魔法少女もの百合漫画を除いて、女性キャラよりも男性キャラのほうが萌え絵に近い絵柄で描かれる傾向にある(BLの受けなど)。
  • ファンシーグッズには萌え絵以外のアニメ絵が使われており、「美形なのか不細工なのかよく分からない人物」「年齢、性別、種族が不明のゆるキャラ風の人物」「漫画を読み慣れてない人でも共感しやすい現実的・近代的な建物、衣服、日用品」などが描かれている。
  • 等身大女性キャラも、萌え絵に似た絵が使われていても萌え絵とは言われにくい。
  • 萌え絵の美少女をキティちゃんのようなファンシーグッズ風の絵柄で描くなどの逆輸入パターンもあり、公式画が萌え絵じゃなくてもキャラクター人気を想定してプロフィールを用意する作品もあり、萌え系じゃない作品に「自分にとっての萌え系」という人もいて、今では一種のバズワードのようになっている。

表記ゆれ編集

萌系


関連項目編集

絵柄 アニメ 漫画 ゲーム

萌え 萌え要素 ベビースキーマ かわいい

萌え絵 萌えキャラ ゆるキャラ アニメキャラ ご当地萌えキャラ

女性アイドル 女性声優 二次元 2.5次元

萌え漫画 萌えアニメ 美少女アニメ

オタク アキバ系 アニメイト メイド喫茶 コスプレイヤー

魔法少女 癒し系 乙女系 ヴィジュアル系 腐向け オタク向け

燃え 萎え エモい てぇてぇ


判子絵…萌え系が流行りだした頃に問題になりやすかった要素

女尊男卑…世界観がこうなりやすい。

関連記事

親記事

萌え もえ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 122399

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました