ピクシブ百科事典

アニメキャラ

あにめきゃら

アニメーションの登場人物のこと。現代の妖精である。
目次[非表示]

概要

アニメに登場する(ような)キャラクターのこと。

日本人とは思えないようなスタイルプロポーションをしていたり、小学生中学生ではお目にかかれないような高身長巨乳インテリだったり(※幅広い読者・視聴者・プレイヤーに向けている為、外見年齢と設定年齢の不一致が起きることが多い)、人間にはありえないようなの色をしていたり、魔法超能力が使えたり、コスプレのような普段着を着ているのが普通である。
変身して手からビームを出す、年齢性別体型が変化してしまう、人間ではあり得ないほど長寿絵本の中のような異世界で暮らしている、などの設定も多い。
人間ヒーローヒロイン萌えキャラ)はもちろんのこと、マスコットロボットなどの人外キャラも大勢いる。

アニメキャラ≠アニメーションの登場人物

アニメに登場する人物に限らず、(アニメ化していない)漫画小説ゲーム実写映画に登場する人物など、架空の人物は全員アニメキャラと呼ばれている。
アニメは見ていなくとも、ごっこ遊び擬人化などで、自力で脳内アニメキャラを作り出してしまう人もいる。
近年では混乱を避ける為「二次元キャラクター」と呼ぶことが多い。
このようなキャラクターを作り出す作家さん、役者さんは2.5次元と呼ぶ。

職場学校オタク自ら「好きなアニメキャラは?」という話題をふるのは死亡フラグとされている。

  • 架空のキャラクターに恋する人がキモオタ非リア充のイメージを持たれやすい。
  • 作家志望のワナビを見るとそっとしておきたくなる。
  • 実在しないキャラの話が、クサくて気恥ずかしいイメージがある。
  • カップリング戦闘力人気解釈論争などで、面倒なイメージが付いたキャラが多い。
  • 18禁原作のキャラもいる。
  • 創作できない人、創作関係の話が分からない人が話についていけない。
  • 全員が知ってる作品、全員が好きな作品が少ない。
などがその原因とされている。

人前で好きと言いづらいのは思春期層以上に向けたキャラクター、萌え絵のキャラクターで、子供向けアニメのキャラクター、ディズニーサンリオなどのキャラクターはオタク向けとは呼ばれづらい。
だが、いずれも現実にいると思うと馬鹿にされる。

関連タグ

二次元 2.5次元 キャラクター 萌えキャラ ゆるキャラ
架空 第四の壁

pixivに投稿された作品 pixivで「アニメキャラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 113174

コメント