ピクシブ百科事典

目次[非表示]
  1. 特撮アニメなどにおいて特殊な能力を持つ姿に変化すること。本項で説明。
  2. フランツ・カフカが書いた小説のタイトル。1915年、初版発行。同じく本項で説明。
  3. 人間動物物体などに変化すること。フェティシズムの一種。→TF / transformationを参照。


概要

特撮などで、登場人物は普通の人間として日常生活を送っているが、が出現した場合など、その敵を倒すために自分の姿を変える。
変身後は超人的なパワーを発揮したり、巨大化が伴ったり、魔法を使えるようになったりする。
普段の姿とは大抵かけ離れるため、正体を隠すための覆面としての役割も同時に発揮する。
変身の掛け声ポーズ・変身までの過程(変身シーン)などに特徴を持たせているものもある。
仮面ライダーG3ブルースワットのように手作業で装着してヒーローになる『変身ヒーロー』もいたりする。

スーパー戦隊シリーズのように、強化スーツ等を装着するだけで肉体そのものが変化するわけではない場合でも、「変身」と称されることが多い。
更に変身ヒロインなどにおいては、着替え化粧をしただけのように見える場合や、配色が変化しただけの場合も変身と呼ばれたりする。
変身後の姿の方がむしろ本来の姿である事も少なくない。
ロボットなどがパズル的に姿を変える場合は主に「変形」と呼ばれるが、トランスフォーマーの中には「変身」と叫びながらこれを行う者も多い。

ちなみに、「変身」および「変身ベルト」はバンダイの登録商標である。
ひらがな表記の「へんしん」は主にポケモン用語となっている。

返信と混同、変換ミスしないように注意。 例:「返信音」と「変身音」

由来

特撮ヒーローで「変身」の台詞の初出は、仮面ライダー2号一文字隼人)と思われる。

仮面ライダー1号本郷猛」役の藤岡弘氏は、撮影中の事故により重傷を負い、入院を余儀なくされた。
スタッフは急遽「本郷は海外のショッカーと戦うために渡欧し、日本における後事は仮面ライダー2号に託した」という設定を考え、主演俳優の交代と藤岡氏の復帰に備えた。

同時に番組のテコ入れのアイデアを色々と考え、「人間からライダーへ姿を変える際に、今で言う変身ポーズを取らせ、何か掛け声を言わせる」と決まったが、適切な掛け声がなかなか思い浮かばない。
だがTVスタッフの一人が書店で偶然カフカの小説を見て「これだ!」と採用したという。
こうして仮面ライダーは子供たちの間で大ブームを巻き起こし、「変身」が流行語大賞に選ばれる事となった。

仮面ライダーシリーズでのヒーローの変身の際の口上はほぼ変身で統一されている。(アマゾンなどは『アマゾン!』、響鬼の場合は何も言わずに変身など例外はある。)
一方、戦隊の変身口上は仮面ライダーの差別化などから、それぞれのモチーフを連想させる口上になっている。(例えば手裏剣戦隊ニンニンジャーなら『シュリケン変化!』など。)

なお、先駆者であるウルトラマンは何も言わずに変身しており、『ライダー』と同時期にやっていた『ウルトラマンA』では敵の合体超獣が「変身!」と言うなどのパロディがあった(タロウ以降はヒーロー名を絶叫して変身するのが一般的になるが)。
一応、ウルトラセブンには「デュワッ!」という変身掛け声が存在。平成ウルトラマンなどはウルトラマンの名前を叫んで変身する事が多い。(ただし、そのように統一されている訳ではない。)
ちなみにウルトラマンダイナ/アスカ・シンを演じたつるの剛士も、「モーションがでかい東映ヒーローに比べてウルトラマンは腕を突き上げて叫ぶだけなのでちょっと地味」とネタにしていた。

尚、変身が子供達の憧れである故に、変身ヒーローを演じる俳優が日常で子供達に会うと、よく変身をせがまれるという逸話は有名である。無論スーツアクターさんがいないし、変身シーンは再現できない。そこで俳優達は『今は悪人がいないから変身できない』『変身アイテムは置いてきたんだ』と子供達に話してその場を去るという。しかし、世の中強物はいる物で『僕、今(変身アイテム)持ってるよ!変身して!』と言われた際はやはり『ごめんね、悪人がいないと変身できないようになっているんだ』と説明するという。


小説

古典文学、フランツ・カフカの同名小説について語る。

『青年グレゴール・ザムザはある朝起きると、自分が巨大な蟲に変わっている事に気付いた!』

今でいうサラリーマンの主人公は年老いた両親と大学を目指す妹のために必死で働く中、業績不振ゆえついに不正を起こして金を手に入れていった。
彼は苦悩し、外に出ることを拒む気持ちが積もる日々を送る中ついにその願いはかなった!?

巨大な蟲となって部屋にこもる一方、両親は再び働き始め妹も進学を諦め内職に取り組むこととなった・・・

フランツ・カフカは絶対に舞台芝居や映像にする事を拒んでいたとされる。
かってはカフカ自身、小説創作に取り組む中ほぼ部屋にこもりきりとなる日々を過ごした
そこから「変身」のアイディアを発想したとされる。

イースト・プレス社より小学生にも解る漫画版が出されてる。
続いて双葉社から中堅漫画家による父親の視点から描かれたリイマジネーション版がある。
近年になって映像化もされた。

近代小説家・東野圭吾もまた『変身』なる同名作品を出している。内容は別物

関連タグ

変化 変装  強化 進化 化身 形態 人間態 怪人態
フランツ・カフカ グレゴール・ザムザ 変身物語 はんもん変身

類義・表記ゆれ

変身! へんしん transformation/TF トランスフォーム
メタモルフォーゼ チェンジ 変形 変態 大変身
変心:これは心変わりする事である。ただし、よくセットで議論される事もある。 

種類

他者変身…他者の姿を模すタイプの変身のまとめ有り。
二段変身…多段変身系タグ等のまとめ有り。
変わりすぎ 部分変身 合体変身 分岐変身
transfur 獣化 人外化

シチュエーション

変身解除 同時変身 変身ポーズ
変身前後 変身中 変身途中 変身シーン 変身過程/変化過程
強制変身 変身失敗 変身妨害 変身不能 変身時間制限

アイテム

変身ベルト 変身アイテム 変身スーツ 変身サイボーグ 変身セット 鬼娘専用変身銃

関連作品・ジャンル

変身ヒーロー変身ヒロイン 魔法少女
スーパー戦隊シリーズ 仮面ライダー セーラームーン プリキュア
巨大化 合体

関連外部リンク

関連記事

親記事

変化 へんかまたはへんげ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「変身」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17785037

コメント