ピクシブ百科事典

東條悟

とうじょうさとる

東條悟とは、『仮面ライダー龍騎』の登場人物の一人。
目次[非表示]

概要

25歳の大学院生。童顔なので分かりにくいが実は真司(23歳)や(24歳)より年上で、浅倉とはタメ。仮面ライダータイガに変身する英雄になりたい青年である。

香川英行の企てに仲村と共に協力、ミラーワールドを閉じようとしており、神崎優衣の命を狙う。
香川を『英雄』と慕っていて、自らも英雄になる事に固執した。
「英雄になれば皆に好きになってもらえるかも知れないから」という理由で行動している。

仲間である仲村を不要とみなして殺害。その後異常なヤンデレっぷりを発揮し、大切な人を犠牲にするのが英雄だと解釈し、その妄想が発展して大事な人を殺害することで英雄になれるかもと考えた結果、香川を殺害し、友達と認めていた佐野満をもライダーバトルで深手を負わせた。(とどめをさしたのは王蛇)
最も佐野の場合は、自分の保身の為に東條を利用し、最終的には切り捨てる可能性も十分にあった為、切り捨てられる前に切り捨てたと解釈出来るかもしれないが…。

後に北岡秀一

『英雄ってのはさぁ…英雄になろうとした瞬間に失格なのよ。お前、いきなりアウトってわけ。』

と指摘され逆上、絶望に陥ったところでトラックに轢かれそうになっている親子を目撃。
親子をかばい事故死。翌日の新聞の片隅に『親子を救った英雄』と書かれた。

北岡の台詞について

上記の通り東條の心に深く突き刺さったこともあって、北岡の言葉はしばしば英雄願望を持つキャラクター(及び英雄に準ずる存在)達への反証として多用される。
……が、本来これは東條をあしらうための出任せであり、深い意味は無いという点によく留意されたい。文章ではわかりにくいが龍騎本編の該当シーンを見れば一目瞭然である。北岡の性格を考えれば、状況と相手次第で全く逆の言葉を吐く可能性すらある。
現実・創作問わず『英雄』に関する議論は事欠かないものだが、この台詞を引用する際はよく考えて使おう。

東條にこの言葉がクリティカルヒットしたのは、彼の夢が「誰かを守れる・救える、または〇〇できるような英雄(ヒーロー)になりたい」といったビジョンではなく、「英雄になれば、皆に好かれるかもしれない」という元から歪んだ承認欲求が行動原理だったため。

東條の英雄に対する解釈そのものが狂っているため、正しく英雄を目指す人たちを彼と同列に扱うのは彼等への侮辱と言えるだろう。

その場凌ぎに過ぎない北岡の物言いに、東條が激しく動揺したのは、彼自身、自分の行いが『間違い』でしかなかった事実に心の底の何処かでは気付いていたからであったとも言え、決して良心の無い人間では無かった事を物語らせているが、
既に引き返す事の出来ない状況にまで追い込まれていた東條は、その考えを変えるまでには至らず、暴走を続けてしまう事になった。

最後の最後で、東條がたまたま通りかかった親子に、香川とその息子のイメージを重ねて庇い、そして死んでいったのも、香川を手に掛けてしまった事への後悔に苛まれていたが故のものであったのかもしれない…。

TVSP

ライダーバトルの障害となる龍騎達を排除するために仮面ライダーベルデ達と徒党を組んでいた。
変身前ではなく変身後のみの登場となる。本編では絶対に言わなさそうな『来いよ…!』という挑発が印象的。
クレジット上では『???』となっているが、恐らく演者はテレビシリーズと同じだろう。

PS版

こちらもテレビシリーズに先駆けての登場となる。
ゲーム故か変身後のみ。テレビ版と同じくオリジナルキャストである。
『ミラーワールドは僕が閉じる』、『勇気があれば、誰でも英雄になれる!』などのやけにヒロイックなセリフが特徴。テレビシリーズの所業からはとても考えられないが、企画段階では城戸真司のライバルキャラの予定だった事、タイガの正統派デザイン、演者が元ウルトラマンだった事を考えると逆にこっちの方がしっくり来ないでもない。まぁ、一度公式企画で正義側に回って違和感振り撒いていた同期がいるから尚更である。


余談

彼を演じた高槻純氏はウルトラマンネオスにて、ネオスに変身する主人公カグラ・ゲンキを演じている。
仮面ライダー龍騎放送以前に、彼は既に英雄だったわけである。

関連タグ

仮面ライダー龍騎 仮面ライダータイガ

pixivに投稿された作品 pixivで「東條悟」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 136170

コメント