ピクシブ百科事典

仮面ライダー王蛇

かめんらいだーおうじゃ

平成ライダーシリーズの一つ、『仮面ライダー龍騎』に登場する13人(オルタナティブは除く)の仮面ライダーの一人。
目次[非表示]

「はははははは…こう言うものなんだろ? 違うのか!?」

概要?…イライラすんだよ。

浅倉威が変身する仮面ライダー。
基本カラーは
変身者の浅倉は凶悪な殺人犯であり、仮面ライダー史上最凶のライダーである。全ての事に苛立ちを感じており、暴力を振るうことで苛立ちを解消する。
タイガを一方的に傷めつけ「なんだ、逃げるのか?もっと俺を楽しませろ」などと発言したことから、戦闘自体が愉悦や快楽となっている一面もある。
物語の展開上では7番目に登場したライダーだが、本編の時系列では一番最後にライダーとなった模様。(13番目→死神のイメージなのだろうか?)

召喚機は牙召杖(がしょうじょう)ベノバイザー
コブラを模した小型の杖型召喚機。先端のコブラの頭の部分にアドベントカードを装填することで、そのカードの能力を使える。(設定上はコブラの部分で毒を注入したり、刺突武器として使う事もできる。)
ソードベントによって召喚する、ベノスネーカーの尾を模した黄金の硬鞭・ベノサーベルを主武器として振るう。

ライダーとしての能力自体は龍騎、タイガと互角であるが、変身者の浅倉の闘争心と攻撃的な性格、凶暴性、生身での格闘能力の高さなどによって他のライダーを圧倒する戦闘力を持つに至っており、執拗に標的を襲撃する戦法を得意としている。

ファイナルベントの技は、空中からベノスネーカーの毒液の勢いを乗せて連続蹴りを放つ「ベノクラッシュ」。
この技で3人ものライダーを倒している。後述の「ドゥームズデイ」で倒した1人と合わせ、本編でライダーの通算約1/3を1人で倒している

所持カード

当初は戦闘に使えるのはソードベント、ユナイトベント、アドベント、ファイナルベントの4枚だけであったが、契約のカードを2枚所有しており、これによりメタルゲラスエビルダイバーと追加契約、ガイのメタルホーンやヘビープレッシャー、ライアのエビルウィップやハイドベノンをも体得。カードの枚数はゾルダを上回った。
(コンファインベント、コピーベントをも体得したかは不明。一部のゲーム作品では使用している)

ソードベントベノサーベルを召喚3000AP
ストライクベントメタルホーンを召喚2000AP
スイングベントエビルウィップを召喚2000AP
コントラクトモンスターと契約する(予備を2枚所持)
アドベントベノスネーカーを召喚5000AP
アドベントメタルゲラスを召喚4000AP
アドベントエビルダイバーを召喚4000AP
ファイナルベントベノクラッシュを発動6000AP
ファイナルベントヘビープレッシャーを発動5000AP
ファイナルベントハイドベノンを発動5000AP
ユナイトベント契約モンスター3体を合体させる
アドベントジェノサイダー召喚7000AP
ファイナルベントドゥームズディを発動8000AP

契約モンスター

「今日は気分が悪い・・・」


契約モンスターはコブラ型モンスター「ベノスネーカー」。
詳しくはベノスネーカー参照。
契約のカードを複数持っているため、他のモンスターをも支配下に置くことができる。
仮面ライダーガイ仮面ライダーライアを撃破した後、仇討ちのために襲ってきたメタルゲラスエビルダイバーと契約した。
複数のモンスターを従えるということは、与えなければならない餌もそれだけ多くなり、ランニングコストが嵩むのだが、積極的に人を襲う浅倉にとってはさほどのデメリットではない。

ドゥームズデイ


さらにユナイトベントによって3体のモンスターを合体させ、竜型キメラモンスター・ジェノサイダーを誕生させる。
まさに「獣帝」の名に相応しい禍々しい姿となっている。
東洋の「龍」である龍騎に対し、西洋の「竜」のデザインになっているのはまさに芸コマ。

ファイナルベントによって、ジェノサイダーが自らの腹部を食い破って小型のブラックホールを出現させ、王蛇がきりもみ状態で標的をその中へ蹴り込む「ドゥームズデイ」を発動できる。

※ただし発動までは、ユナイトベントカード使用→モンスター合体→ファイナルベントカード使用→ジェノサイダーがブラックホール準備→王蛇がキックで敵を蹴りこむ→ジェノサイダーが吸い込む。とやることが多く時間が掛かってしまうのが欠点。更に吸い込んでいる最中のジェノサイダーは動けないので妨害される危険が高い。威力だけならば最強クラスのファイナルベントだが劇中で成功したのは最終回のみ。

最期

最終回にて宿敵であるゾルダを殺害するも、そのゾルダは北岡ではなく由良吾郎であった。願望が達成出来なかったことで苛立ちが限界点に達し、待機していた機動隊(恐らくSAT)に鉄パイプ一本で対峙、射殺された。

劇場版では姉の仇と自分を付け狙うファムを返り討ちにしようとしたが、リュウガ契約モンスターを葬られ、力を失ったところでファムにベルトのカードデッキを破壊され敗北。
変身が解けてなおファムを絞め殺そうとしたが間に合わず、高笑いしながら消滅した。

王蛇サバイブ

王蛇サバイブ


HERO SAGSに登場する王蛇の最強形態
契約モンスターのベノスネーカーはベノヴァイパーへと進化しており、さらに王蛇本人の戦闘能力が高かったこともあって、そのスペックはリュウガサバイブに匹敵する。

DRAGON KNIGHT版

名称は仮面ライダーストライク
伝説的ハッカー兼ブロガーのジェームズ・トレードモア(JTC)が変身。23歳。
吹き替えは杉田智和氏。詳しくは「仮面ライダーストライク」参照。

その他

ディケイドでは

仮面ライダーディケイド』では、鳴滝傘下のライダーとして登場。何故か所持していた紫色の巨大な音撃棒(凍鬼の烈凍を色替えした物)を使いバケガニの封印を解いた(その前には接触したキバーラを「イライラするんだよ…」と殴り飛ばしている)。
同じく鳴滝と協力していたキックホッパーとは映画オールライダー対大ショッカー』でも共演。大ショッカーテロを起こした際に海東大樹から共闘を持ちかけられるが、「面白そうだ」とばかりに大ショッカー側に付いてしまう。
因みに声優は原作と同じ萩野氏。「スーパーヒーロー大戦GP」の『仮面ライダー4号』でもショッカー側にいる。

MASKED RIDER LIVE&SHOW 〜十年祭〜では

大ショッカーの監獄に捕らわれていたライダーの一人として登場。(元が犯罪者のため仕方ないのだが…。)
地獄兄弟が漫才をするもあまりにも寒かった(観客には受けていたが。)ので、電王アックスフォームが笑い話をし始めると『バカ』という言葉に反応して乱入。名セリフ『イライラするんだよ』の応用コントで観客を笑わせた。パターンは以下の通り。
-恋人とは?⇨イチャイチャするんだよ…。
-人生はどうや?⇨色々なんだよ…。
-せやったら祭りは?⇨イケイケなんだよ…。
-この漫才はオチどないするんや!?⇨いよいよ何も無いんだよ…。
なお、アックスフォームとコンビを組んだ所以は両者とも岡元次郎氏がスーツアクターである点、演者が両者とも仮面ライダー電王に出演した事があるからだと思われる。



15年ぶりの復活

東映特撮ファンクラブで配信される『仮面ライダーエグゼイド』のスピンオフムービーである【裏技】仮面ライダーブレイブ Surviveせよ!復活のビーストライダー・スクワッド!では変身前の姿と共にまさかの復活を果たす。
地獄から蘇った野獣系仮面ライダー軍団ビーストライダー・スクワッドのリーダーとして
仮面ライダータイガ仮面ライダーサソード仮面ライダーダークキバ仮面ライダービーストと共にブレイブの前に立ちはだかる。
ちなみに、この作品での王蛇のスーツアクターは高岩成二氏が担当した。

ガンバライジング

ナイスドライブ3弾(ND3弾)より参戦。
LR枠、更にND3弾のキャンペーンであるライバルセレクション(新タイプブレイカー)の1枚と、破格な扱いでの参戦となった。
同弾で参戦したスーパー弁護士とチームを組むと『因縁の最終決戦』、更に同じく蛇をモチーフとしたライダーとチームを組むと『王の蛇!』のチームボーナスが発生する。
ND4弾では順当にSR落ち、バーストアビリティはガンバライジング初のパッションタイプのアビリティ封印である。

関連項目

仮面ライダー龍騎
仮面ライダー龍騎 仮面ライダーナイト 仮面ライダーゾルダ 仮面ライダーオーディン
近くにいたお前が悪い王蛇専用ガードベント

コブランダー……同じくコブラ繋がり、性格も似ている。武器も鞭を使っているという共通点も見られる。
コブライマジン……オマージュ?
仮面ライダーサガ……同じく蛇モチーフのライダー。
仮面ライダーゲンム……後輩に該当する悪の仮面ライダー。ライダーバトルで別のライダーを殺害したり、倒したライダーの武器を奪うなど共通点は多い。
コブラ男……初代仮面ライダーに登場したショッカー怪人で、デザインの裏モチーフ。

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダー王蛇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 570420

コメント