ピクシブ百科事典

仮面ライダーインペラー

かめんらいだーいんぺらー

『仮面ライダー龍騎』に登場する13人のライダーの1人。
目次[非表示]

「どうです? オレ強いでしょ? お買い得ですよ。ね、センパイ達」

概要

佐野満が変身する仮面ライダー。
基本カラーは茶。
仮面ライダー全体で見ても珍しい、スエード調のカラーリングでボア(毛)を多用している。触り心地良さそうである。
全ライダー中最も優れたジャンプ力を活かしたムエタイに似た足技と、スピンベントにより召喚するギガゼールの頭部を模した大型ドリルのガゼルスタッブを駆使して戦う。
契約したモンスターの眷属を従えた集団戦法を取る。

召喚機は羚召膝甲(れいしょうしつこう)ガゼルバイザー。
右足の脛にセットされているアンクレットタイプの召喚機。膝を曲げる事でスロットが解放されるので、足を上げるか屈むかしてカードをベントインする。この中にアドベントカードを装填することで、そのカードの能力を使える。見た目は固そうだが、武器としては使われなかった。

ファイナルベントの技は、多数のレイヨウ型モンスターが一斉に攻撃した後、最後をインペラーが左足で飛び膝蹴りを決めて止めを刺す「ドライブディバイダー」。

PS版ゲームでは、敵の周囲をギガゼールが回転して攻撃し、ガゼルスタッブを装備したインペラーがギガゼールと共に攻撃する技となっている。

所持カード

ゼール系モンスターを多数従えられる為か、劇中で使ったカードは三枚しかない。

名称効果GP
スピンベントガゼルスタッブを召喚。ぶっちゃけストライクベントと変わらない気が(ry2000AP
アドベントギガゼール、その他ゼール系モンスターを召喚。4000AP
ファイナルベントドライブディバイダーを発動。5000AP

契約モンスター

契約したモンスターはギガゼール
レイヨウ型のミラーモンスターの一種で、基本カラーは紫。
他にも青、緑色の身体をした個体がいる。
発達した脚力によって高速移動し、両腕の高周波電磁カッターとドリル状の刃を持つ杖を武器としたヒット&アウェイ戦法を行う。
また四肢から発する電気信号によって、メガゼール、マガゼール、ネガゼール、オメガゼールなど他のレイヨウ型モンスターと意思疎通し、常に複数で行動する習性を持っており、これにより同一群のレイヨウ型モンスターもインペラーの支配下に置かれることになる。だが、眷属として出現するモンスター達も餌を求めてくるというリスクも存在する。
なお、インペラー登場以前の序盤にも野生のレイヨウ型個体が多数出現しており、龍騎ナイトらに倒されている。

佐野満

21歳。金も地位もあるいい暮らしを夢見ている。
普段は地下駐車場の警備員として働いていて、高級車に乗った金持ちに媚を売ってチップを貰うことも。
バイトも続かず、彼女にも振られて死にたいような毎日を送っていたところ、神崎士郎にデッキを渡されて『いい暮らしをしたい』という夢を叶えるためライダーバトルに身を投じることに。
自分を他のライダーに高く売ろうと奔走し、真司にも接触。一時は香川と組んで神崎優衣の命を狙った。
しかし実は大企業の社長子息であり、父親の突然の死により新社長になり、望みが叶ってしまう。
そこで神崎士郎にデッキを返そうとしたが・・・

最期

その最期は平成ライダー史上屈指のトラウマシーンである。

前述の通りデッキを返そうとしたものの士郎とモンスター達がそれを許さず、望まぬまま戦い続けることを強いられてしまう。他のライダーを味方に得ようと奔走した末にトチ狂いだしていた東條を介抱したことが悲劇の始まりとなった。
龍騎との戦闘の最中に東條の裏切りを受け負傷し、逃げ出したが最悪にもその矢先に王蛇が待ち構えていた。
王蛇のベノクラッシュでデッキを破壊された佐野は現実世界に戻れなくなり、豪雨が降りしきるミラーワールド内で鏡越しに婚約者の百合絵に助けを求め泣き喚きながら消滅した。

「俺は……俺は……幸せになりたかっただけなのに……!!」

「仮面ライダーになる」という事を楽に幸せになる為の手段と誤解したまま戦いに身を投じた彼はある意味自業自得とも言えるが、自分の幸福だけを追求する辺りライダーの中では一番人間臭かったという意見もある。

余談

TVスペシャル「13RIDERS」では別人がインペラーの変身者となっている(声が異なる)。
ただし、変身者の名前や素顔および佐野との関係は一切不明。
彼の本名が「椰子敏幸(やし としゆき)」だと言う噂も一時あったが、これは2009年頃から「榊原が真司に託したリストから見慣れない『椰子敏幸』という名前が読み取れる」という噂が流れたことによる誤報。
後にこのリストは『仮面ライダー オフィシャルデータファイル』で掲載され、実際にリストに記載されている見慣れぬ名前は「湯村敏幸」と「椎名修治」であり、その上で「オーディンやリュウガなど、変身者を見せていないライダーだった可能性が高い」とされているため、彼らがインペラーだったのかどうかも言い切れない。
なお、このリストに書かれた10名の名前には、真司の他に東條悟(本編のタイガ)と佐野満(本編のインペラー)の名前が無かった。

一説によると初代龍騎であった榊原耕一と同様に初代インペラーであったのではと推測され、佐野は彼のデッキを受け継いだ二代目インペラーであるという解釈もあるが、実際には不明。

DRAGON KNIGHT版

本作での名称は仮面ライダースピアー。アックス(タイガ)と同じくそのまんま。

泥棒兄弟の次男、アルバート・チョウが変身。
声はディケイドクウガでお馴染みの村井良大氏。

兄と同じ理由でゼイビアックスと契約し、ライダーになった。
小物臭い性格でストライク(王蛇)と手を組み、キットの父親をさらったり騙し討ちをしたりしていたが、スティング(ライア)をベントした事に怒ったドラゴンナイト(龍騎)のファイナルベントを喰らい、兄の目の前でベントされてしまった。
ファイナルベントは未登場。

『2WORLD 1HEARTS』にて兄と共に身寄りのない子供の世話を続けていた。
現在の生活に限界を感じており、もう手段を選んでいる様な状況ではないと理解していたが「殺人、強姦、麻薬は決して行わない」という誓いを立てている。
また戦闘以外でライダーの能力を使おうとしたために顔を殴られて止められることもあった。

なお、弟である彼も何故か関西弁である。

仮面ライダーディケイド

第6話「バトル裁判・龍騎ワールド」に登場。仮面ライダー裁判に参戦し、主にガイライアと戦っていた。
その後はアビスと戦闘中だったディケイドに複数のゼール系モンスターと共に襲い掛かったが、最後はディケイドのディメンションキックを受けて脱落した。

関連タグ

仮面ライダー龍騎 平成ライダー 仮面ライダー みんなのトラウマ

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーインペラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 53377

コメント