ピクシブ百科事典

仮面ライダーガイ

かめんらいだーがい

『仮面ライダー龍騎』に登場する13人のライダーの1人。
目次[非表示]

「これでホントの、ゲームオーバーだ」


概要

芝浦淳が変身する仮面ライダー。
西洋甲冑のような外観をしており、基本カラーはグレー寄りの銀。見た目通りに防御力は高く、胸の『メタルチェスト』はドラグセイバーの一撃を受けて傷つかないぐらいに高い。
外見とは裏腹に動きは軽快で、ストライクベントによって召喚する、メタルゲラスの頭部を模したメタルホーンを用いて敵を強引に押し切る戦法を得意とする。
相手が直前に発動したアドベントカードの効果を一度だけ無効化する、コンファインベントという特殊カードも複数所持している。

召喚機は突召機鎧(とっしょうきがい)メタルバイザー。
左肩アーマー前部に取り付けられている。この中にアドベントカードを投げ入れることで、そのカードの効力を発揮する。また、赤い角部分でのショルダータックルも得意だが、スーツの関係でその能力が使われた事は一度もない。(仮面ライダーコーカサスなどにも言える事だが)
また、頭のガイホーンはメタルゲラスとの契約で形成された物で、ブランク体はガイホーンが無い姿である事が伺える。

ファイナルベントの技は、メタルホーンを装備した状態でメタルゲラスの肩に乗り、高速で突進して標的を粉砕する「ヘビープレッシャー」。

所持カード

ストライクベントメタルホーンを召喚2000AP
コンファインベント相手のカードの効果を無効にする
アドベントメタルゲラスを召喚4000AP
ファイナルベントヘビープレッシャーを発動5000AP


契約モンスター

契約したモンスターはメタルゲラス
二足歩行のサイ型のミラーモンスター。
頭部のドリル状の角や両手の鋭利な爪を武器とし、巨体を活かした突進攻撃を得意とする。

ガイの死後は仇として王蛇を付け狙ったが、逆に契約させられてしまった。
ジェノサイダーではボディを構成する。

龍騎以降での活躍

仮面ライダーディケイド

龍騎の世界』の仮面ライダー裁判に参加していた。

劇場版『オールライダー対大ショッカー』では大ショッカー側についた王蛇キックホッパーを足止めする為、海東大樹こと仮面ライダーディエンドによって召喚され、ライアパンチホッパーと共に王蛇とキックホッパーに挑みかかった。

RIDER TIME 龍騎

仮面ライダージオウのスピンオフ作品『RIDER TIME 龍騎』にも登場する事が判明。変身者は芝浦淳。

DRAGON KNIGHT版

本作での名称は仮面ライダートラスト(突進)。
モトクロスのレーサー、ブラッド・バレットが変身。
詳細は『仮面ライダートラスト』の項目を参照。

余談

ガイは本来手塚海之が変身するライダーとしてデザインされていた。

デザインでバイザーを左肩に付けたら、いざスーツを作った際バイザーに手が届かないという緊急事態が起こったが、カードを投げ入れるという手段を思いついたためそのまま採用されたという逸話がある。

突召機鎧メタルバイザー



仮面ライダー鎧武放送前、仮面ライダーサイという誤情報が流れた。
その後もガイだけではブッキングしやすいため、鎧武検索時は「よろいぶ」「よろいむ(しゃ)」からの変換を推奨する。ちなみにガイという名前はの音読みから来ており、漢字表記で仮面ライダー鎧となる。ますますややこしい。決してniceguyとかbadguyとかのガイではない。

銀のボディとメタルバイザーの赤い角は人造人間キカイダーグレイサイキングのオマージュ。
BLACKRXが裏モチーフ。口の形状などに面影が見て取れる。
またネオショッカーの怪人サイダンプに似ているがおそらく関係はない。

関連項目

仮面ライダー龍騎 平成ライダー 仮面ライダー 仮面ライダー王蛇 龍騎 仮面ライダーナイト ガードベント
(使い捨て) 近くにいたお前が悪い 王蛇専用ガードベント

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーガイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 120234

コメント