ピクシブ百科事典

海東大樹

かいとうだいき

『仮面ライダーディケイド』の登場人物。仮面ライダーディエンドに変身する。
目次[非表示]

演・戸谷公人

概要

お宝を集めるために様々な異世界を旅している青年
九つの世界とはまたさらに別の世界である「ディエンドの世界」出身。
大ショッカーから奪ったお宝、ディエンドライバーを使って仮面ライダーディエンドへと変身する。

登場しては「士、なまこは食べられるようになったかい?」と言うなど、門矢士の過去を知っているかのように振る舞っていたが、結局正体は謎のまま。
ディエンドの世界に、兄の海東純一がいる。
初登場以降から士にただならぬ発言をかましている。

身体能力はオルフェノク相手に生身で超人テニスをやってのけた士に負けず劣らず常人離れしており、仮にもクウガであるユウスケがヘロヘロになっていたG3-Xの装着員テストメニュー(単にユウスケの基礎体力がなかっただけという見方もあるが、海東とユウスケ以外の候補者は全員早くから脱落しているため、海東の生身の体力が士同様ズバ抜けていると見るべきかもしれない)を軽々とこなし、大ショッカー戦闘員に囲まれた時にも、変身せずに生身で応戦し続けられるだけの腕っ節や身のこなしを持ち合わせている。大ショッカーからディエンドライバーを盗めたのもむべなるかな、である。

スーパーヒーロー大戦』では終盤ラスボ…………ではなく、迷惑な八つ当たり屋さんと化している(ビッグマシン参照)。

人物像

各世界の「お宝」に対する執着は並外れており、目をつけたお宝を手に入れるためなら人道や法・社会正義に外れた行為も、仲間・友人に対する裏切りも厭わないところがある。
(例:「アギトの世界」で、お宝と見初めた『G4チップ』欲しさに、G3-X装着員役を先に志願していたユウスケから強引に掻っ攫い、目的を果たしたと見るやさっさと警察の備品であるG3-Xを戦場に脱ぎ捨て放棄してディエンドに変身し、更に召喚したライダーに、芦河ショウイチのせいで変身を強制解除された生身の士を撃たせようとするなど)
なお、海東自身もそんな自分を自覚して悪びれてもおらず、『泥棒』呼ばわりも平気で受け入れている。

また、「シンケンジャーの世界」ではシンケンゴールドこと梅盛源太の所持する烏賊折神をお宝と見初めて盗み、追いかけてきた源太にカメンライドライアシザースを召喚してけしかけ、後のスーパーヒーロー大戦に先駆け、平成の世では初となる仮面ライダーvs戦隊ヒーローの戦いを勃発させた
もっともこの後、海東自身も、外道衆アヤカシチノマナコにディエンドライバーを奪われてしまうのだが…。

……あれっ、鳴滝さん
あの世界に最初に仮面ライダー出現させてしまった直接の原因って、士じゃなくって海東じゃないですか?

そんな海東大樹だが、その一方で『人の思い』や『思い出』というものも大事なお宝であると認識しており、「響鬼の世界」でヒビキからアスム師匠役を押し付けられた際も、指導らしい指導こそしなかったが、海東なりの『心の持ちよう』をアスムに教えたり(この縁でアスムには『師匠』と慕われ、海東自身もアスムを『少年くん』と呼ぶ仲に)、劇場版MOVIE大戦2010』で一度士が消滅した際にはその復活に奔走したり、同じく劇場版『超・電王トリロジー』における主役エピソード「お宝DEエンド・パイレーツ」では、泥棒ライダーである海東を捕まえようとした時間警察の黒崎レイジ宛てに出されていた、一度駄目になってしまったはずの『レイジの母親からの手紙』をきちんと回収してレイジに見せたりなど、気まぐれではあるが情に厚い一面も持ち合わせている模様。

……だが、そんな妙な所で人情家な性格ゆえに、
上述の劇場版「スーパーヒーロー大戦」における士とマーベラスの行動とその真意は、海東としては許しがたかったらしく…。

あまり話題にならないが、実は料理が得意という意外な一面もある。

仮面ライダージオウでは

「この世界のお宝を独り占めにはさせないよ。士」

【祝】ディッエーン!!!


「仮面ライダージオウ」第29・30話に登場(厳密には第28話のラストシーンで顔見せしている)。
ディケイドライバーを新調した士=ディケイドと同様、その手にはディケイド本編時とは少し異なるシアン色のディエンドライバーが握られている。

また、彼が登場する第29・30話は『仮面ライダー剣』関連のエピソードが展開された。
彼とブレイドは何かと関わりがあり、

等々、彼が本格登場する回がブレイド編であるのも実はかなり真っ当だったりする。

※ディケイド第10話の「ファイズ学園の怪盗」と言うサブタイトルもありファイズの世界が初登場だと勘違いされがちだが、ファイズの世界はディエンドの初登場。海東自身はその前のブレイドの世界で、顔見せとして変身前の姿で登場している

その狙いはやはり「お宝」で、公式からは「ソウゴ達が持つライドウォッチをターゲットとしている」とアナウンスされていた。

なお、門矢士役の井上正大氏が司会進行を務める「銀岩塩チャンネル」の2019年3月30日公開の回では、海東大樹役の戸谷公人氏がゲスト……どころか番組の司会進行を乗っ取る形(※台本通り)で登場し、『ジオウ』にディエンド役として出演した件について「10年間ひたすら士を追っかけている」という設定で演じていたことが明かされている。

  • 第29話
クジゴジ堂でソウゴ達に得意の料理を振る舞い(この際の朝食はディケイド第10話で作ったメニューとよく似ている)、彼等が油断していた隙にライドウォッチを盗み出す事に成功。後を追いかけて来たソウゴとゲイツが変身できない為、彼等の代わりに黒ウォズが変身した仮面ライダーウォズと対決し、フューチャーリングキカイによっていくつかのライドウォッチを奪い返されるも、カメンライドで召喚した仮面ライダーナイト仮面ライダーバロンがウォズを足止めしている隙にその場から逃走。

今回、彼がライドウォッチを盗んだのは白ウォズに依頼された件も関係しているようで、彼に盗んで来たジオウライドウォッチⅡゲイツリバイブライドウォッチを手渡すが、肝心のミライドウォッチは盗んでこなかった為、その事で糾弾する白ウォズに「君が必要な物があるなら、君自身で調達したまえ」と一蹴した。

その後、白ウォズがノートに「黒ウォズ、仮面ライダーディエンドと再び戦った」と書き込んだ事で再び黒ウォズと対峙し、今度は仮面ライダーアクセル仮面ライダーバースを召喚。3人がかりでフューチャーリングシノビを圧倒する。
しかし黒ウォズが考えた作戦とその意図に気付いたゲイツの策略により、隙を突いたウォズにゲイツライドウォッチを取り返され、参戦した仮面ライダーゲイツと仮面ライダーウォズの同時必殺技でアクセルとバースを撃破される。

なお、ジオウ登場時に「バロンを召喚したら逆に襲われるのではないか?」と視聴者から心配されていたが、劇中では特にそのような描写はなかった(あちらは完全再現してしまったのが理由であるので、モモタロス南光太郎イクササイガのように変身者の特徴を再現しなかったためとも言える)。

  • 第30話
ウォズとゲイツを同時に相手取り、ゲイツから何者なのか問われた際は「通りすがりの仮面ライダー、彼を追いかける者……とだけ言っておこうかな」と告げ、アタックライド・ブラストで2人が怯んだ隙に姿を消す。

そしてアナザーブレイドの事件が解決した後、タイムパラドックスで消滅した白ウォズが遺していった未来ノートをお宝として回収し、ソウゴとゲイツの前に再び登場。(ライドウォッチに執着していない様子から、本当の狙いは最初からノートであった模様)
2人に「祝電」として、オーロラカーテンを通じて2068年の未来にいるオーマジオウと対話をさせたのだった。

その他

小説版ディケイドにもメインキャラとして登場。作中で光夏海と共に士と同居することになる。
また、ストーリーにおいてある重大な役割を担っている。

おのれディケイドー!!
ちなみに、仮面ライダーディケイドのファイナルステージでナマコが本当に食べられなかったのは海東と判明し、食べると暴走するという始末であったが、ナマコ仲間のおかげで克服した。

彼が狙った「お宝」リスト

海東が大ショッカーから盗んだお宝。

ファイズの世界」のお宝。当初は尾上タクミが所持していたファイズギアを狙っていたが、崩れたスマートブレインハイスクールの瓦礫の中から他のライダーズギアを発見し、その中から帝王のベルトであるオーガギアを回収した。

アギトの世界」のお宝。八代淘子G3-Xを更に強化する為に開発した物。芦河ショウイチのロッカーに隠されていたのを回収しようとしたが、淘子の銃撃で破壊された。

電王の世界」のお宝。電王ファイナルフォームライドを使い、ソードフォームから変形させたデンオウデンライナーを手に入れようとしたが、電王のファイナルフォームライドがデンオウモモタロスに書き換わった事で失敗に終わった。
しかし、超電王トリロジーでは本物のデンライナーのハイジャックに成功し、上述の目的を達成する為に使用する事となる。

カブトの世界」のお宝。一番速いカブトのクロックアップシステムを奪おうとしたが、カブトのクロックアップに対応しきれず失敗に終わった。
その後、そんな海東の為に士から「ヴァスコ・ダ・ガマが命がけで探し求め、金と同じ値段で取引されたと伝えられている伝説のスパイス」を渡され(※もちろんただの胡椒である)、去り際に「…イエスッ」と言いながら小さくガッツポーズをしている。それでいいのか海東

  • 音撃道の秘伝の巻き物
響鬼の世界」のお宝。ザンキ流、イブキ流、ヒビキ流の3つの流派が所持しており、巻き物の暗号を解く事で音撃道の真の宝に辿り着ける言い伝えられている。
劇中で巻き物を3つ全て入手した海東がその暗号を解き、真の宝の正体が「3つの流派が1つになった真の音撃道」である事が明かされた。

ネガの世界」のお宝。当初はネガの世界の光夏海によって隠されており、紅音也率いるダークライダー達が取り戻したところを強奪しようとしたが、戦いの中で士の手に渡りコンプリートフォームが誕生する事となった。

シンケンジャーの世界」のお宝。序盤で梅盛源太シンケンゴールドの烏賊折神を盗み出すも、現れたチノマナコにディエンドライバーを奪われるアクシデントに見舞われてしまう。
チノマナコが倒された後、残ったディエンドライバーを海東より先に拾い上げた源太が取引を持ちかけた事で、最終的に諦めて返却する事となった。

  • パーフェクター
RXの世界」のお宝。正確には大ショッカー大幹部のアポロガイストが身に着けている延命装置で、劇中ではそのパーフェクターを巡って士と対立。パーフェクター争奪戦は結果として海東の勝利に終わったが、死亡した夏海を蘇生させる為に士に譲渡された。
パーフェクター自体はその後も士が所持していたが、アマゾンの世界でアポロガイストと対峙した際に彼の目の前で破壊している。

「RXの世界」で士一行がアポロガイストの攻撃で落としたのを拾い上げた。海東は「最高のお宝」と称していたが、その後すぐに士に返却した。
なお、「ファイズの世界」ではライドブッカーも入手しているが、こちらは「あまり大したお宝ではない」と称されている。

アマゾンの世界」のお宝。アマゾンが身に着けているギギの腕輪と十面鬼ユム・キミルが身に着けているガガの腕輪を狙っていたが、十面鬼から奪ったガガの腕輪はディケイドの「アタックライド ガガの腕輪」で彼に奪われ、そのまま「ファイナルアタックライド アマゾン」の力でアマゾンの手に渡った。
劇場版『オールライダー対大ショッカー』では序盤でギギの腕輪を奪っていた為、劇中のアマゾンはギギの腕輪を付けていない状態で戦っていた。なお、大ショッカー壊滅後に海東が自らアマゾンに返却し、その際にアマゾンから「ディエンド、トモダチ」と友達認定されている。

  • 黒崎家の家宝の拳銃
超電王トリロジー EPISODE YELLOW』で求めていたお宝。過去に黒崎家の屋敷から盗み出したものの、ある事情から拳銃に傷が付いてしまっており、その一件から黒崎レイジは海東の事を強く恨んでいた。
デンライナーをハイジャックした海東は再び過去に渡り、この拳銃を今度こそ綺麗な状態で入手しようとしていたが、実はその行動の裏には、拳銃に傷が付いた一件で駄目になってしまった『レイジへの母親からの手紙』を回収してレイジに見せるという目的も存在していた。

  • ケータッチ(ディエンド版)
『超電王トリロジー EPISODE YELLOW』で手に入れたお宝。母親からの手紙を見せられた事で誤解が解けたレイジより手渡され、ディエンド版コンプリートフォームの誕生に繋がった。

仮面ライダージオウ」で彼が(白ウォズの依頼で)狙っていたお宝。ソウゴ達に自身の料理を振る舞い、彼等が油断した隙を突いてライドウォッチを盗み出すも、黒ウォズとの戦いの末、ジオウライドウォッチⅡ・ゲイツライドウォッチ・ゲイツリバイブライドウォッチ以外のウォッチは奪い返される。ただし、この際に「その程度のお宝は返してあげるよ」と発言しており、彼自身はライドウォッチに対する執着がさほど無かった模様。
なお、上述したとおり本来白ウォズに依頼されたはずのミライドウォッチは一切盗んでいなかった。
その後、黒ウォズとゲイツの策略でゲイツウォッチも奪い返されるが、その時点で既にジオウⅡウォッチとゲイツリバイブウォッチは白ウォズの手に渡ってしまっている。

「仮面ライダージオウ」で手に入れたお宝。第29話の時点で目を付けていたらしく、第30話終盤で白ウォズがタイムパラドックスで消滅した後に回収していた。最初に盗んだライドウォッチはあっさりと返却していたことから、彼の本当の狙いはこちらであった可能性が高い。

関連タグ

仮面ライダーディケイド 仮面ライダーディエンド
門矢士 海東純一 アスム
盗人 怪盗 トレジャーハンター
侍戦隊シンケンジャー

ニシキゾルーク東条:同じく泥棒で仮面ライダー。
明光院ゲイツ:主人公と共通システムの2号ライダーで、変身アイテムを敵対勢力から盗んで使っている者つながり。
怪盗BN団快盗戦隊ルパンレンジャーお隣さんにおける怪盗ヒーロー

名護啓介 ← 海東大樹 → 照井竜

関連記事

親記事

仮面ライダーディエンド かめんらいだーでぃえんど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「海東大樹」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 978403

コメント