ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ドン・ドッゴイヤー

どんどっごいやー

ドン・ドッゴイヤーとは『海賊戦隊ゴーカイジャー』の登場キャラクターである。通称ハカセ。
目次 [非表示]

ドンと行くよ!


×ドン・ドッイヤー

○ドン・ドッイヤー


概要

本作品のグリーンで、モバイレーツを使いゴーカイグリーンに豪快チェンジする。

懸賞金の推移は、100ザギン(当初)→5000ザギン(第19話)→5万ザギン(第39話)→30万ザギン(第44話)


心配性で慎重派だがやるときはやる青年である。戦い方がかなりトリッキーで、視聴者の中には「オマエただふざけてるだけじゃねぇか?」と思う人も少なからずいる筈。

変身後に見せるいつもの「手汗を拭くような」ポーズを始め、EDラストの一本足立ちなど、ほぼ毎回独特の変なポーズを見せることでも有名になりつつある。

そして第48話にて、それらのポーズが本人は無意識でやっていたという驚愕かつ衝撃的な事実が発覚した。


作中では不幸な役回りばかりで、ルカにドツかれるシーンばかり目立ち、ダマラスらザンギャック幹部からは完璧にどうでもいい存在として眼中に入れてさえもらえない上、一時期は追加戦士の鎧に全てを持って行かれるという、メンバー中最も不憫な存在である。

しかしダマラス戦での活躍により上記の様に、懸賞金は鎧と同額になるまでに跳ね上がった。


もっともハカセの通称どおりメカニックとしての実力はかなりのもので、ゴーカイジャーに加入したのも、ゴーカイガレオンのメインコンピューターを修理した腕を買われたからである(当初は、素性を隠して依頼に来たルカが宇宙海賊だと知った途端に、カエルさんパンツ丸出しで逃走したが、一度引き受けた依頼をこなすことを信条としているため彼らのもとを訪れた)。

また、そのガレオンを初めて訪れた際、内部が散らかり放題だったことを見かねて掃除や食事等の家事をこなし、当時のメンバー(マーベラス・ジョー・ルカ)を唸らせた。ちなみに「ハカセ」というあだ名も、「博士みてぇだから」という理由だけでこの時マーベラスからつけられたものである。


慎重派な性格もあり、戦闘スキルは他のメンバーに少々劣るが、家事・修理スキルはズバ抜けており、とくに料理は味はもちろんのこと栄養バランスも考慮して作っている(料理の件を知っていたのは当初はアイムのみで、ハカセ自身はひけらかしていなかった)。

料理の腕はメンバーからも好評であり、諸事情で夕食が弁当になった際にはメンバーから不満の声が上がっていた。

大根の葉っぱは余すところなく利用するタイプ。

メンバー随一の頭脳の持ち主であり、諸星学園高校に訪れた際は生徒に勉強を教えていた。


メンバーの中ではアイムと仲がいい様子⇒お花ちゃんコンビ参照。また、ルカとのコンビで行動することも多い


しかしメカニックの腕は確かなのに肝心な時に限って役に立たない・・・某嘘つきとソックリ


『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン』では本編以上にヘタレキャラになっていた一方でルカと共にマーベラスをギャバンの元へ向かわせようとする見せ場もあり、『スーパーヒーロー大戦』では、一触即発状態の海東大樹とジョーを説得する一方、シルバに「ライダー粒子反応、戦隊粒子反応、共にゼロ!」とその存在を無視されていたが、一応ラストでちゃんと〆ていた。

※「変身していなかったから戦隊粒子が検出出来なかった」という可能性も。そのシーン時点ではゴーバスターズやフォーゼも健在だったが、こちらも変身前だったり距離が遠かったりでシルバが感知出来なかったのだろう。


その正体…?

伝説の勇者?

第42話で多くの星を滅ぼしてきた邪悪な竜を退治した伝説の勇者が彼と同じ名前で、身体的特徴もよく似ている事が明かされた。

だが当の本人は記憶喪失だったので過去の事は何も覚えていないらしいが・・・


というのは(竜を退治したことは)実は、ハカセ本人によるイタズラであったことが第43話で明かされた。

しかしナビィの叱咤激励により勇気を振り絞り、公開処刑されようとしたマーベラスを見事救出したのだった。天晴れ!


でもその後の扱いは相変わらずだった・・・


ドン・ホラー?

『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン』の初期段階では宇宙犯罪組織マクーの首領ドン・ホラーの孫という案もあったことが

『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン』のパンフレット内インタビューにて語られている。


容姿

薄茶、もしくは金髪天然パーマヘアーに緑色使用のチェックなシャツとジャケットにネクタイ。

下はチェックのパンツとスニーカー。夏場は上着を脱いでシャツを半袖にしただけ、下も半ズボンになる。


余談

名前の由来は文字通り日本語の「ドンと来いや!!」なのだが、監督曰く名前負けしている設定になっているそうである。むしろ「Don't来いや!(=来ないでぇ!)」かもしれない。ドン・ホラーの孫設定が存在していれば首領(ドン)の意味も持っていて勇者どころかマフィア等のボスになっていたかも。


第42話の嘘の経歴は人間関係に影響を及ぼすだけではなく、他の戦隊によっては完全に厳罰になりかねない不法行為であり、くれぐれも良い子はマネしないように。


スーパー戦隊シリーズでは珍しいキャスト表記に通称の載っているキャラだったりする。


テン・ゴーカイジャーではゴーカイイエローにも変身した。


関連イラスト

どっちがお好み?ドッ恋。

ドンさんをいっぱいみどりのこ

ゴーカイ緑エプロン!


関連タグ

海賊戦隊ゴーカイジャー ゴーカイグリーン


小津魁 漢堂ジャン

いつものハカセ ルカセ


ハカセに関連した他作品のキャラクター

ポップ(ダイの大冒険):漫画『ダイの大冒険』に登場するキャラクターで、ハカセとは『イメージカラー』『気弱なところもあるが、ここぞという時には勇気が出せる』『本編が終盤に向かうごとに大きく成長していく』と共通点が多い。

ルイージイメージカラーグリーン、戦い方がコミカル、ヘタレな性格、悲惨な目にあいやすく、周囲からの扱いが悪い等非常に共通点が多いゲームキャラクター。

トカッチ3年後戦隊ブルー。色こそ違うが、戦隊メンバーからの扱いが悪い、いじられキャラ要素が類似しており、作中でのギャグ要素をまとめた記事がある点が共通している。ちなみに同作のグリーンジョーと同じくクール寄りな性格である。

戦隊グリーン

谷千明ドン・ドッゴイヤー立風館ソウジ

関連記事

親記事

ゴーカイジャー ごーかいじゃー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1608815

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました