2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

演:橋本淳

概要

赤の魔法使い・マジレッドに変身する高校2年生。
5人兄弟の末っ子で三男。

良くも悪くも真っすぐな性格で、正義感が強い。第1話では、ドリブルしながら朝練に向かった時に少女とぶつかってしまい、飛んでいった彼女の風船を取るためにクライミングをするという無茶をやらかし、TVに映ってしまった(その後、転落するものの某獅子座ばりのラッキーが重なって助かる)。
物語初期は、戦闘中に蒔人の言うことを聞かずに戦闘で勝手に行動したり、麗の大切なコンパクトの鏡を不注意で割ったりとトラブルメーカーな部分も多く、兄姉と衝突する割合もダントツ(殆ど相手は翼だが)。しかし、戦闘を重ねていくうちに本質の部分こそは変わらないが、徐々に成長していく。
考えるよりも先に行動し、時に活路を見出すその姿勢はスノウジェルから一目おかれており、ヒカルに「見習え」と言ったこともある。
冥獣人シーフのガストンに勇気を奪われたり、インフェルシアに囚われた際には勇気を新たに奮い立てたり、偶然にも父の必殺技であるブレイジングストームを発動してみせるなど兄弟の中でも秘めたる勇気はトップクラス。

母親からも(年齢の関係もあるが)、その性格を心配されており、第1話ではただ一人マージフォンが貰えなかった。しかし、ウルザードへの恐怖心を乗り越え、兄や姉を助けたいと思いと勇気によって自らマージフォンを生み出し、マジレッドへの変身を遂げる。得意な魔法は物質変換をする練成術
やんちゃな部分を見せる反面、彼がまだ物心つく前に父が失踪した為に、兄妹の中で一人だけ父の記憶が全くない事に悔しさや寂しさを覚える事もある。その為に、当初はウルザードの正体が分かった後も、他の兄姉達とは違って憎悪や疑心を拭えなかった。
しかしルナジェル曰く、彼の勇気は完全に父親似らしく、実際に5人の中で1番危険に飛び込む事が多いなど、性質は兄弟の中でも最も父親である「天空聖者ブレイジェル」に近い。また、魔法の属性も父と同じ「炎」であり、父が使用していた魔法を使った事もある。
その為なのか、魔導騎士ウルザードの気配を唯一感じる事が出来る。しかし、初期は他の兄姉に信じて貰えなかった。

また、敵であるにもかかわらず一度助けられた事や、その気質が主人のウルザードと近い事もあってか、ウルザード以外には従わない魔導馬バリキオンも魁の事は「戦士」として認めており、主人のウルザード以外では彼にだけは手を貸す事もある(作中では2度手を貸している)。

所属するサッカー部(ポジションはFW)のマネージャーである山崎由佳に想いを寄せていて、怖いもの知らずの彼にしては意外に奥手である。とはいえ、彼女からは一途な面を高く評価されてはいる模様。
恋愛に関しては自称恋愛マスターの芳香から茶化されることも多いが、彼女と入れ替わった際には15人の彼氏を振った(これは「本当に大事な人と恋愛するならあちこちフラフラしたりしない」という魁の真っ直ぐな気持ち故であり、芳香も自分の姿勢を見直す機会となった)。
その甲斐あってか、5人の中でも運動神経が抜群であり、第1話では空き缶を正確にウルザードにシュートするなど、戦いでは剣技や魔法だけでなく、サッカーを活かした戦法を次々と披露していく…が、勉強は赤点を取ってばかりであり、翼からはマジレンジャーから外すと警告されたほど。

サッカー部ではエースストライカーであるがゆえに視野が悪くなりやすく、巫山戯たり、ミスをしたチームメイトに厳しく当たって空気を険悪にしてしまった(それだけ彼がサッカーに真剣に向き合っているわけだが)。
先述したように冥府神トードによって役割が入れ替わった芳香がミスをしたチームメイトにフォローを入れるなどしてチームの空気を良くした光景を見て芳香のように余裕を持つ事の大切さを学んだ。

「大公開!黄金(ゴールド)グリップフォンの超魔法〜ゴル・ゴール・ゴー・ゴー〜」では想いを形にするゴールドグリップフォンを手に入れてやりたい放題するなど俗っぽい所も。

最終決戦から1年後では、人間界と地底冥府インフェルシアを結ぶインフェルシア親善大使として活動していた。冥府神スフィンクス曰く「よくやってくれている」とのこと。ラストシーンで登場した際にはインフェルシアのファッションなのか、暗色系の衣装を纏い、髪にも赤いメッシュが入っていた。

海賊戦隊ゴーカイジャー』の第2・3話にも登場。
本編と比べかなり落ち着いた性格になっており、先輩としての貫禄がみられるようになった。また登場時の衣装や髪型は、原作最終話で見せたインフェルシア親善大使として活動していた時のものと近い印象となっている。
変身は出来ないものの、フレイジェルの協力によって魔法を使用。
マーベラスとハカセの勇気を試しており、宝よりも仲間の為に生まれるハカセの勇気を認めて、大いなる力を授けた。
ちなみに彼が大いなる力を与えた先輩の第1号で、34のスーパー戦隊の大いなる力を集めれば宇宙最大のお宝が手に入ると伝えたのも彼である。云わば、ゴーカイジャーが明確な目標をみつけるきっかけを与えた人物といえる。
脚本の荒川氏曰く「大いなる力を誰が与えるかで小津家家族会議が開かれ、結果的に魁になった」らしい。

演じた橋本氏は本編よりも身長がかなり伸びていた。

マージ・マジ・マジっすか



余談

魁の年齢は17歳、演じる橋本氏は放送開始当時18歳の高校3年生であり、役柄・俳優共にレギュラーでは歴代当時最年少のレッドだった(その後、役柄的には9年後トッキュウ1号/ライト(含む初期メンバー全員)の実年齢が10歳で記録を更新され、俳優の年齢は13年後ルパンレッド/夜野魁利役の伊藤あさひ氏に放送開始日ベース7日の差で更新された)
準レギュラーを含むととある姫も役柄・俳優共に魁(橋本氏)より更に若い。

マジレンジャーが『パワーレンジャー・ミスティックフォース』としてリメイクされた際は、橋本氏がオープニングナレーションを担当した。

関連タグ

魔法戦隊マジレンジャー マジレッド 戦隊レッド

家族

小津勇/ウルザードファイヤー
小津深雪/マジマザー
長男小津蒔人/マジグリーン
長女小津芳香/マジピンク
次女小津麗/マジブルー
次男小津翼/マジイエロー
三男小津魁/マジレッド
義子(次女の夫)ヒカル/マジシャイン


漢堂ジャン 江角走輔 ライト 伊賀崎天晴…後輩のおバカさんレッド達
熱田充瑠・・・同じくチーム最年少の高校生レッド。中の人の年齢(17歳3ヶ月)は橋本氏の年齢を更に下回り、2022年現在での主演歴代最年少記録保持者。
鳥羽甲平・・・メンバー唯一の高校生でチームの中では最年少の主人公繋がり。サッカーが得意な点も共通している。
ファイン・・・同時期に放送されたアニメの末っ子主人公。突っ走ったり、謎めく一面に関わったり、恋愛面では緊張する、名乗りでは姉妹順で末っ子のため最後など共通点が多い。
操真晴人朝日奈みらい・・・ニチアサの魔法使いヒーロー繫がり。
ヒビキ美墨なぎさ・・・ニチアサ同期の主人公。

戦隊レッド
赤座伴番小津魁明石暁

関連記事

親記事

小津兄弟 おづきょうだい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 276211

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました