ピクシブ百科事典

志葉薫

しばかおる

志葉薫とは『侍戦隊シンケンジャー』の登場人物。
目次[非表示]

演:夏居瑠奈

「皆、思う所はあるだろうが…私と一緒に戦ってほしい! 頼む!」

「ずっと、自分の影がどういう人間なのかと思っていた。でも、会わなくても一つだけ分かっていた…きっと私と同じ様に独りぼっちだろうと…自分を偽れば人は独りになるしかない」

「無礼者。年上であろうと、血が繋がってなかろうと、丈瑠は私の息子。
志葉家十九代目当主である」

人物

シンケンレッド 志葉薫


第四十四幕にて初登場。シンケンレッドに変身する劇中で二人目のレッド。
本当の志葉家十八代目当主で、志葉家の血を引く最後の姫
武器は志葉家の歴代当主で唯一彼女だけが習得に成功した「封印の文字」、剣術、ハリセン(主に丹波専用)

側近格である丹波歳三から、やや偏った教育を受けてきたのにも関わらず、物事の見方はすこぶる良識的且つ大人びており、他の侍達や、一度も会った事のなかった影武者志葉丈瑠の心情にも思いやり、侍ではない源太に対しても偏見視する事なく、協力も二つ返事で受け入れる器量を持った人格者。
高圧的で他者を見下す態度を取る丹波をハリセンで叩くのがお約束。因みに時代錯誤ということは本人も自覚しており、これは丹波の教育が行き過ぎたせいであると説明している。
また、ここぞという時には上述の(丹波曰く「めちゃくちゃ」)な奇策を思いつき、それをためらう事なく実行するなど柔軟且つ大胆な発想力や行動力を見せる。

だがそんな彼女の良く出来た人柄は、侍としての使命に忠実な流ノ介は元より、千明さえも「もっと憎たらしいお姫様なら、(協力を断るのも)簡単だったのにな」と漏らす等、家臣達を尚更、『志葉家への忠義』と『丈瑠との絆』の板挟みに葛藤させる事となってしまい、薫自身も彼らや一度も会った事のなかった影武者である丈瑠の絆や想いを理解し、自分が現れた事でそれを拗らせてしまった事を申し訳なく思っていた(上述の台詞(一段目、二段目)もそんな彼女の丈瑠や家臣達への優しさや思い遣りに溢れた台詞といえる)。

口調は時代がかっており、凛としているが、本編終了後の作品にゲスト出演した際には(敵対していたゴーカイジャーを除いて)若干女性らしくなっている。
因みに、彼女はシンケンジャーの中でも最年少。当然、息子である丈瑠は彼女よりも年上である。
(厳密に言えば現行民法上、年上を養子にすることは出来ないのだが……まあ気にするな。強いて言えば、実際の法律よりも名目上養子として後を継がせることを宣言するのが侍の家系としては重要なのだろう)アラタも丈瑠の母と知った際には驚きと混乱を隠せなかった。
このためか、パワーレンジャー・サムライでは男女のシンケンレッドの関係は血の繋がった姉弟という事になっている。

出演


本編

第四十四幕で衝撃の形で登場して以降、戸惑いや葛藤を隠しきれない家臣達の心情を思い遣りながらも、真のシンケンレッドとしてシンケンジャーを率いていく。

その間、第四十六幕~四十七幕にかけて、自暴自棄気味に腑破十臓との最終決戦に挑もうとした丈瑠を心配し、彼の元へと駆けつけた流ノ介達に対して、「謀反」と称して憤慨する丹波に対し、丈瑠をはじめとするシンケンジャーの絆に水を差すような事をしてしまった罪悪感を溢し、そんな自身の想いを知った源太と和解する。

そして四十八幕にて、現世に現れたドウコクとの決戦に挑むが、封印の文字が血祭ドウコクに無効であること(無効だった理由は、半分人間である薄皮太夫を取り込んだから。それでもある程度のダメージを負わせることは出来た)を理由に、丈瑠を呼び戻し、養子として志葉家に向かえ、十九代目当主とする事で後の事を託し、当主から退座。

その後、満身創痍の身体をおして作った志葉家のモヂカラのディスクと共に、息子である丈瑠に使命を託し、ドウコクを倒した後は丹波と共に隠居の身となった。

本編以降

以後の作品では(丈瑠役の松坂桃李の多忙もあるためか)だいたい、こちらがシンケンジャーの代表的な形で登場する。
『天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピック on 銀幕』においては、洗脳された丈瑠を救うため、ゴセイカードに強力な炎のモヂカラを打ち込んだ。

海賊戦隊ゴーカイジャー』11話にも登場。変身出来ず生身ながら、ジョー・ギブケンとも渡り合う剣の腕などを披露。ゴーカイジャーに「大いなる力」を渡した。
一時的に変身した際は女性の身では振り回すのが困難な烈火大斬刀も、蹴りで勢いをつけることで自在に扱っていた。

2013年1月公開の劇場版『特命戦隊ゴーバスターズVS海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE』にも登場。
江戸時代から預かっていた手紙をエネルギー管理局・特命部へ届けていた。

余談


志葉丈瑠は影武者であり、本当の志葉家当主は姫』という事は制作当時はスタッフ、出演者の間でも限られた人員にのみが知るトップシークレットであり、志葉薫を演じた夏居瑠奈も当初は『薫』という役名だけを知らされた上でオーディション(演技は勿論、殺陣のテストもあった事
から、何らかの戦う役である事はわかったらしい)に挑み、配役が決まった後に初めて、自分の本当の役回りを知らされた際には仰天したという。

なお、夏居瑠奈は2017年11月29日付けの自身のブログで所属事務所との契約を満了し退所。「夢に向かって勉強をしていく」と報告した。
これにより今後、映画などで志葉薫が出演する事が難しくなっている。

関連イラスト

志葉家十八代目当主
志葉家十八代目当主



関連タグ

侍戦隊シンケンジャー 志葉丈瑠 丹波歳三 志葉親子
シンケンレッド
戦隊レッド レッドヒロイン

月野うさぎ/セーラームーン(美少女戦士セーラームーン)…実写版のメインライターが小林靖子で、臣下たちと戦うお姫様リーダー繋がり。実写版では一般家庭で育ち、長い間影武者が隠れ蓑になっていたり、結ばれない相手との悲恋から世界を破壊したということで、薫とは対極的な境遇にある。

関連記事

親記事

シンケンジャー しんけんじゃー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「志葉薫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 514092

コメント