2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

プロフィール

誕生日1988年10月17日
出身地神奈川県茅ヶ崎市
身長183cm
血液型A型


概要

トップコート所属の俳優。長身に細身の体格、精悍な顔立ちから、役人武士といった堅い仕事の人物、牧歌的で真面目な役柄を得意とする。

名前の由来は司馬遷の『史記』に書かれた言葉「桃李不言下自成蹊(桃や李の木は何も言わないが、その下は自然と人が集まって道ができる)」と、中国の故事「桜梅桃李(桜、梅、桃、李、それぞれが独自に花を咲かせること)」の2つに由来する。前者には父の「徳のある誰からも慕われる人になってほしい」、後者には母の「自分らしさを大切に」という願いが込められているという。
読みは「とうり」ではなく、両親の希望で「とおり」となっている。

家族は両親と姉・妹がいる。父は大学で心理学を教えているという。

略歴

大学在学中、友人に誘われて応募した『チャレンジFBモデル2008オーディション』でグランプリに輝き、そのままトップコート直営の養成所に入校する。2009年、『侍戦隊シンケンジャー』で殿ことシンケンレッド/志葉丈瑠を演じて鮮烈な俳優デビューを果たす。また、大学は一時休学していたが、芝居の道を本格的に進むことを決意して退学している。

戦隊の撮影が終わるとすぐに『ジェネラル・ルージュの凱旋』『名探偵コナン工藤新一への挑戦状』などで主要な役を与えられ、CMでもロッテACUOのCMでブルース・リーに扮して注目を集めた。2012年連続テレビ小説梅ちゃん先生』で主演・堀北真希の幼なじみ役を務めて知名度を一気に上げる。

2018年、事務所の後輩で仲の良い『菅田将暉オールナイトニッポン』に初めてゲストに招かれ遊戯王愛を存分に語りつくして番組に爪痕を残した。それ以降幾度となく(時には仕事に関係なく勝手に)ゲスト出演を繰り返し、2021年現在最多となる計7回ゲスト出演を果たしている。それを通じてちゃっかり自分の単発冠番組『松坂桃李のオールナイトニッポン』を2019年1月18日に全国放送したが、遊戯王と役者話、TikTokを「チックタック」と勘違いする話くらいしか展開できず、フリートーク力に難ありと判断されてか、以降レギュラー化等の話は起こっていない。(ただ、2022年3月に菅田がCOVID-19に感染してしまい、『菅田将暉のオールナイトニッポン』最終回が延期されたことで、その枠を借りる形で『松坂桃李のオールナイトニッポン』が一夜限りではあるが復活した。)

2020年12月10日、女優戸田恵梨香と結婚した。戸田との交際は極秘であり、ほとんど報道がない中での発表であったためファンだけでなくお互いの共演者からも大変驚かれていた。

2021年3月の芸能人格付けチェックBASICでは赤ワインと白ワインの飲み比べ、マグロのネギトロとブリとはんぺんの食べ比べ(※絶対アカンのはんぺんを選択してこの時点で消えたが温情で復活)、コーラス聞き比べという自分が担当した3問を全て間違え映す価値なしとなった。

人物

自身の性格についてはマイペースで、安定を求めるタイプと語っている。
私生活では基本的に目立つタイプではないようで、『しゃべくり007』に出演した際などに、私服は周囲から呆れられるほど地味、大きいバッグもあまり持ち歩かずコンビニのレジ袋にその日の荷物を詰めている、さまざまな芸能人を見てきたマネージャーが驚くほど芸能人オーラがないなどのエピソードが語られている。また、ブレイク後も普通に漫画喫茶に入ったり一人焼肉に行ったりしているとのこと。
俳優仲間と頻繁に出かけるようなこともなく、『情熱大陸』の密着取材を受けた際にはあまりに撮れ高がないため、当初2ヶ月の撮影期間がもう2ヶ月延期になったほどである。

漫画『ONE PIECE』や『HUNTER×HUNTER』の大ファンである。アニメや漫画、ゲームを好むいわゆるオタクであることをオープンにしており、実際にドルオタの役を演じる機会(映画「あの頃。」の主人公。ハロオタという設定である)もあった。ちなみに、同映画の題材となっている松浦亜弥は偶然にも同じ中学の二学年先輩にあたるが、当時は特に面識はなく、遠巻きにスターとして憧れの目で見ていたとのこと。
好きなキャラは『機動戦士ガンダムUC』のジンネマンとのことで、時々ツイートで名前を出している。

生粋のデュエリストであり、『菅田将暉のオールナイトニッポン』に出演した際にはほぼずっと遊戯王かゲームの話をしている。
また、ソーシャルゲーム『デュエルリンクス』のヘビープレイヤーであり、界隈では無課金で最高ランク"キング"に到達したデュエリストとして「ムカキング」の異名で呼ばれているらしい。2018年2月には「来月デュエルの大会に出ます(※おそらく、「Yu-Gi-Oh!World Championship」の予選大会のこと。松坂は「デュエルリンクス部門」での出場)」と発言している。
たまに遊戯王YouTuberのRYUの動画に出演したり、自身の対戦ログをRYUのチャンネル経由で公開したりしている。
仕事の休みに念願の『デュエルリンクス』で知り合ったプレイヤーたちとオフ会をしたことをインタビューで嬉しそうに語っていた。この時の参加者はたまたま仕事柄テレビなどをあまり見ない人物だったようで、「実は俳優をやっている」と打ち明けたが「俳優・松坂桃李」のことも知らなかったらしい。本人はこのことが仕事へのモチベーションにもなり、彼らに知られるような立派な俳優になろうと思ったという。

FF14』もプレイしており、プレイヤーネームは「ginsan」(『銀魂』にちなむ)とのことである。菅田がFFシリーズをプレイしたことがないと聞くとかなり驚いていた。このほか『メタルギア』シリーズをはじめとした小島秀夫作品を好んでおり、好きな声優に大塚明夫の名前を挙げている。

結婚後は思うところがあってゲームへの課金をやめたと語っている。

中学生のころはバスケットボール部に所属していた。
高校でも最初バスケ部に入ろうと考えていたが、部の規則で坊主にしなければならず、姉からアドバイスされてファッションに興味を持ち始めた時期であったこともあり入らなかった。他の部活にも入らず、アルバイトに精を出していたという。ちなみに、箱ティッシュを持ち歩いている程の鼻炎持ちだったとのこと。

あまり交友関係を明かすことはないが、同年代の岡田将生柳楽優弥、事務所の先輩の中村倫也、後輩の菅田将暉と仲が良いと語っている。

主な出演作

TVドラマ


映画


バラエティー


ゲーム


関連タグ

俳優 トップコート
スーパー戦隊シリーズに出演した俳優の一覧

関連リンク

公式プロフィール
公式Twitterアカウント

関連記事

親記事

トップコート とっぷこーと

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 169940

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました