ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

2019年に放送されるNHKの大河ドラマで、1986年放送「いのち」以来33年ぶりに近現代を舞台にした作品。
初の4K制作大河ドラマ。
2020年東京オリンピックの開催を記念し、前半は「日本マラソンの父」と呼ばれる金栗四三主人公に、日本が初めて五輪に参加した1912年のストックホルム五輪を中心に、日本体育会の黎明期の様子が描かれる。関東大震災をターニングポイントとして物語は後半に突入し、今度は田畑政治を主人公に、日本がどうやって1964年東京オリンピックを招致したかが描かれる。
脚本には宮藤官九郎を起用。主演の金栗は中村勘九郎、田畑は阿部サダヲが演じ、語りとなる古今亭志ん生ビートたけしが演じる。また、金栗の故郷である熊本ことば指導で前年に亡くなった俳優の志水正義も参加している。

ちなみにサブタイトルは、小説、絵画、演劇、映画、音楽(クラシックや歌)などのタイトルから取っている。
例:「夜明け前」(第1話)、「真夏の夜の夢」(第10話)、「新世界」(第14話)、「ヴィーナスの誕生」(第22話)、「時代は変わる」(第25話)、「トップ・オブ・ザ・ワールド」(第31話)

近現代を舞台としていることもあり、これまでの大河ドラマにはない実験的かつ革新的な試みが多数なされている(たとえば、演出もそれまでの歴代大河とは全く違い、アニメーションやCGは勿論メタフィクションから実況中継まで何でもありのクドカン仕様全開となっている)。比較的新しい時代を取り扱っていることや、これまでの大河ドラマと比べるとかなり明るめの作風であることもあり、作品のノリとしては朝の連続テレビ小説に近いものがあるという指摘もある(もちろん、軍部によるクーデターや、太平洋戦争の描写など、これまでの大河ドラマに負けず劣らずの極めてシリアスなエピソードもある)。

ただ、歴史的に知名度が高くない人物を主人公に据えたことや、比較的現代に近い時代を舞台としたことから、放送開始前から大河ドラマファンからの注目度は高いとは言えなかった。視聴率も初回から15.5%と躓いてしまった上、第6回で早々に10%台を切ってしまい、以降一度も10%台に返り咲いていない。後半の田畑編に至っては概ね6~9%台で推移する等低迷が続いている(第32回で遂に歴代大河ドラマワーストとなる5.0%を記録してしまっている)。
その一方で、情報密度の高い描写や、徹底的な取材や調査を基に繰り広げられる物語(フィクションとししか思えない描写が実は史実だったというパターンが、この作品では頻繁に存在にする)、ひと癖もふた癖もある個性豊かな登場人物達などが視聴者の間で話題を呼んでおり、それに引き込まれていったというファンも少なくない。

登場人物

1912年ストックホルム大会~女子スポーツ黎明編

金栗四三 演:中村勘九郎
前半(第1部)の主人公。日本で初めてオリンピックに参加した男。
実直かつ純朴な青年だが、良くも悪くも一途な性格であるため、陸上競技に傾倒して以降はあまりのマラソン馬鹿ぶりに周囲から呆れられたり怒りを買うこともあった。
幼少時はひ弱な子供だったが、旧制玉名中学で教師の五条に冷水浴を教えられて身体が丈夫になり、ある時、呼吸法に気がつき長く走れる方法を思いつく。
数年後、往復12kmの通学路を駆け抜ける「いだてん」へと成長する。
学業も優秀だったため兄弟で唯一進学(旧制玉名中学→東京高等師範学校)し、上京先で競技マラソンと出会ったことで才能が開花する。
ストックホルム大会では本調子が出せず熱中症で途中棄権(公式には行方不明)、選手としてピークの頃のベルリン大会は戦禍で中止、1920年のアントワープ五輪では自身の他に三人の選手と共に完走するも、途中で足を痛めて結果16位と下位に沈む。
ベルリン大会の中止後は地理教師と並行して後進の育成へ舵を切り、嘉納と読売新聞の後援を得て1917年4月に日本初の駅伝「東海道五十三次駅伝」,1920年には「東京箱根間往復大学駅伝競走」を成功させる。
アントワープ五輪後、ベルリンでの出会いをきっかけに女子スポーツの発展を目指して竹早高女に赴任、日本各地に普及させるため富江と梶浦をつれ岡山に遠征、当地で群を抜く才能をもつ人見絹枝を見出し、彼女をスカウトする。
パリ大会には弟子を参加させるつもりだったが、図らずも予選大会で優勝し3度目の代表に選出、しかし、すでに全盛期を過ぎており途中棄権を余儀なくされる。
兄・実次の死を機に恩師・嘉納の慰留を振り切って故郷・熊本に帰郷。
1936年、再び上京、東京オリンピック開催準備に従事するが日中戦争の激化により中止、第二次世界大戦の勃発により小松をはじめとする学生を戦場へと見送ることになってしまう。

熊本の人々

金栗実次 演:中村獅童
四三の兄。病弱な父に代わり子供のころから金栗家を支えてきた。父の死後軍人になる夢をあきらめ、進学を躊躇う四三を全力でサポートするが、競技マラソンにのめり込むことは猛反対している。しかし四三が世界記録を打ち出したことが新聞に載ると考えを改め四三を一家の誇りと思い彼の夢を応援する。オリンピックの渡航費の無心を頼む四三のため富豪の池辺家へ嫁ぐスヤを頼り渡航費を持参して上京した。
遠縁でもある池部家へ借金と縁談、スポンサーの確保などを餌に四三を強引に養子に出したはいいものの、四三が帰郷しないことを幾江から「ペテン」と詰られる羽目に。
昭和5年(1930年)、嘉納のもとに挨拶に赴いた直後、急性肺炎により死去、四三が熊本に帰るきっかけとなる。

金栗信彦 演:田口トモロヲ
四三の父。病弱で床で臥せっていることが多かったため先祖代々営んでいた酒蔵を廃業することになる。息子四三の体の弱さを心配した信彦は、当時第五高等学校にいた嘉納治五郎に息子を抱っこしてもらうことで健康にあやかろうと考えるが・・・

金栗シエ 演:宮崎美子
四三の母。みずから畑仕事に汗を流す、たくましく包容力のある女性。読み書きが出来ないために彼女の手紙は実次が代筆している。

金栗スマ 演:大方斐紗子
四三の祖母

春野スヤ→池部スヤ 演:綾瀬はるか
四三の幼馴染。医者の娘で女学校に通い自転車を乗りこなす、村一番のハイカラお嬢様。
四三を少なからず想っていたが卒業後は地元の富豪・池部家へ嫁ぐ。ストックホルム五輪後に前夫の重行を病で失い、実次や幾江の意向もあり養子に入った四三と再婚(そのため四三の実際の本名は池部四三となっている)。東京と熊本を行き来しながら四三を支え、四三が熊本帰郷以降も夫にある程度の理解を示している。なお、四三との間には最終的に6人もの子宝に恵まれた。
なお綾瀬はるかは「自転車で並走しながら汽車の四三を見送るシーン」をスタントなしの一発撮影で成功させた。

池部幾江 演:大竹しのぶ
米の買取と出荷を商う池部家の女主人。嫁のスヤを気に入り、重行の死後に春野家に戻っていたスヤに四三との縁談を薦める。
後継ぎとして養子に迎えた四三が東京から戻らず、スヤも東京と熊本を往復する生活となって「話が違う」と事あるごとに実次に怒鳴り込むのがお約束。

池部重行 演:高橋洋
幾江の息子で池部家の後継ぎ。スヤの最初の夫だが体が弱く、ストックホルム大会からほどなくして死去。
長らくその存在は知られておらず、ドラマ化するにあたり池部家の墓石を調べて初めて判明した。

美川秀信 演:勝地涼
四三の幼馴染で玉名中学の同級生。夏目漱石に憧れて四三と共に東京高等師範へ進学するが、少しづつ心の距離が開いていく。
ストックホルムから帰国以降消息不明だったが、高師を中退してから小梅のヒモと化していたらしく、三角関係で揉めた末に播磨屋の二階へ逃げてくる。後にその小梅にも見限られた模様で、路地裏で女性のいかがわしい写真を売りさばく等の怪しげな商売で生計を立てていた(彼の売っていた写真の中に金栗の教え子:村田富江のものがあったため、これが原因で四三は危うく教師の座を追われかけた)。
関東大震災後は日本各地を転々とした後、故郷の熊本で喫茶店を経営する。
なお、スヤからは播磨屋で色々とトラブルがあったことからあまり良い感情を抱かれていない模様。

五条  演:姜尚中
旧制玉名中学の教師。生徒たちに冷水浴のやり方と効能を教える。

東京高師・大日本体育協会

嘉納治五郎 演:役所広司
四三の恩師。東京高等師範学校(東京高師)の校長
講道館柔道の創始者であり「日本スポーツの父」と呼ばれる人物。
アジア初のIOC委員として、日本のオリンピック初出場を目指し奮闘する。
オリンピック選手派遣の金策に苦労する中、更に清で辛亥革命が発生し、苦肉の策で四三を口車に乗せて自費参加させてしまう。ストックホルム後長期の不在や膨れ上がった借金を理由に次第に立場が悪くなっていき、アントワープ五輪後に協会を離れる。
1918年には東京五輪を見据えた明治神宮外苑競技場の建設に着手し23年には完成間近となるが、直後に関東大震災に襲われ、神宮外苑を被災者救護村に提供する。
満州事変」、「五・一五事件」「日本の国際連盟脱退」が立て続けに起きるなか、東京市長の永田らと1940年東京オリンピックの開催準備を進める。
ドイツのヒトラー総統の後押しを受け東京オリンピック開催が決定、しかし、日中戦争の勃発により国際的孤立を深めるなか開催実行を改めて決議するが、その過程で田畑や福島と対立し、半ば袂を分かつ形となる。カイロで開かれたIOC総会からの帰国中、船中で風邪をこじらせ死去する。彼が所持していたストップウォッチは、嘉納本人の遺言から平沢を通して田畑へと託された。

岸清一 演:岩松了
大日本体育協会副会長。
嘉納の片腕として東京五輪招致に力を尽くすが、1933年10月、急な病で死去。

副島道正 演:塚本晋也
明治の元勲・副島種臣の三男、伯爵。夭折した兄に代わって副島家の家督を継ぐ。
IOC委員に登用され、亡くなった岸に代わって嘉納の片腕となる。
ぎっくり腰で寝込んだ嘉納の代理としてイタリアのムッソリーニに会見、ムッソリーニからオリンピック招致取り下げの約束を取りつける。
政治・軍事の道具に成り下がっていく1940年東京オリンピックに否定的な見解を示し、開催返上を近衛文麿首相に直訴、あくまで開催を目指す嘉納との対立を深める。
嘉納の死後、JOCを率いて東京オリンピック開催に邁進するが、軍事を優先する軍部に絶望、イギリス・フランスがオリンピックをボイコットしたことが引き金となり、大会自体を独断で中止、「非国民」「売国奴」という批判を一身に受けてしまう。

永井道明 演:杉本哲太
東京高師教授。スポーツの理想と現実を巡って嘉納と事あるごとに衝突し、生徒には厳しく接するいわゆる鬼教官であるが、生徒の安全を最優先する現実主義者でもある。
教え子に東京女子高等師範の二階堂トクヨがいるが次第に方針の違いで対立し、アントワープ五輪後に嘉納と共に体協を去る。その後は竹早高女にテニスを教えに来ている様子。嘉納が死去した際には葬儀に参列していた。
学生時代はテニスボーイで、作中ではその頃の回想シーンも登場している。ちなみに中の人は史実の永井とは違い左利きなので回想シーンの撮影にはかなり苦労したとのこと。

可児徳 演:古舘寛治
東京高師助教授。破天荒な嘉納校長に振り回される苦労人。酒が入るとテンションが上がる。
実は日本にドッチボールやフォークダンスを導入した人でもあり紀行でも紹介されたが、「多くの小学生のトラウマを作った」と視聴者から非難される羽目に。

野口源三郎 演:永山絢斗
金栗の東京高師での後輩(年齢は一つ上)で、ストックホルム予選ではマラソン、その後は十種競技(デカスロン)に転向してアントワープ五輪に出場。帰国後の報告会で陸上と水泳での惨敗を報道陣に非難されるが、「やりきった、悔いはない」と毅然と言い切った。
高師の卒業後は松本で教職に就いていたが、永井と嘉納が去った体協を支えることになる。
二階堂トクヨを「高師のじゃじゃ馬」と呼ぶがそのトクヨからの片想いには全く気付いていないどころか松本時代に結婚して既に子供がいる。
四三が現役を引退し熊本に帰ってからも体協に残る。田畑とは当初から何かといがみ合っていたが、何だかんだで認め合う間柄となる。
公式でフルバージョンの動画が配信されている。
公式動画

大森兵蔵 演:竹野内豊
バレーボールとバスケットボールを日本で初めて広めた人物。ストックホルムオリンピックの日本代表監督を務める。肺を患っており、道中や宿舎でも病で伏せることが増えていく。
ストックホルムの翌年、安仁子の故郷であるアメリカで死去。

大森安仁子 演:シャーロット・ケイト・フォックス
アメリカ人の画家で、兵蔵がアメリカで彼女の家のボーイをしていた時に出会い結婚。ストックホルムに向かう四三、弥彦にテーブルマナーを指導し監督として向かう兵蔵に同行する。兵蔵の死後も日本に留まり、社会福祉事業を手掛ける。
ドラマでは兵蔵と同年齢か年下に見えるが、史実では兵蔵より21も年上である。

三島家・天狗倶楽部

三島弥彦 演:生田斗真
金栗と共に、初めてオリンピックに参加した男。
名家に生まれ、東京帝国大学に通うトップエリートでありながらあらゆるスポーツに秀でる、文武両道を地で行くような青年。人呼んで「運動会の覇王」であるが、家名を至上とする兄や母と自身の希望との間で揺れ動くという年相応の悩みも抱えている。
嘉納の口車に乗せられる形でストックホルム行きを決意して四三と出会い、マナー教室を開いたり写真を撮ったりと協力する中で友情を深めていく。
ストックホルムで敗退後はすっぱりとスポーツから足を洗い、兄の銀行のサンフランシスコ支店へ赴任。アントワープ五輪の頃にはロンドン支店におり、四三たちの応援に駆け付ける。

三島弥太郎 演:小澤征悦
弥彦の歳の離れた長兄であり三島家当主で銀行家。当時ベストセラーとなった「不如帰」で描かれた海軍少尉川島武男のモデルでもあり、家名に泥を塗られて忸怩たる思いをしている。
シマに「経済バカ」と陰で言われるほどに弟へ無関心と思われていたが、ストックホルムで精神的にどん底にいた弥彦からの文には取り乱して心配していたことから、弟に対しては彼なりに愛情を注いでいた模様。
作中では語られていないが1919年に死去している。

三島和歌子 演:白石加代子
弥太郎・弥彦の母で三島家を取り仕切る女主人。夫の生前から刀を帯刀し、自ら抜刀して身辺警護にあたったため「女西郷」の通り名を持つ女傑でもある。不如帰による周囲からの好奇の目や家名を守る重圧などで弥彦との間に距離が出来ているが、カメラを向けられて笑んだりテーブルマナー教室に付き合ったりと決して邪険にはしておらず、ストックホルムへの出発の際は泣きながら見送った。
なお史実では弥彦は妾腹であり実子ではなかったが、兄弟分け隔てなく育てた。

押川春浪 演:武井壮
「天狗倶楽部」創設者で日本SF小説の祖。新渡戸稲造の「野球害毒論」と戦う羽目になる。

吉岡信敬 演:満島真之介
「天狗倶楽部」の名物男で日本で最初の応援団長。天狗倶楽部の解散後は読売新聞社へ就職する。
三島を通じて四三を知り、ベルリン五輪中止後の駅伝大会開催に一役噛むことに。

中沢臨川 演:近藤公園
「天狗倶楽部」の頭脳派。

シマ 演:杉咲花
三島家に勤める女中。弥彦の本音を知る数少ない人物でもある。
弥彦が開催したテーブルマナー教室で四三と知り合い、のちに三島家を辞して播磨屋の隣の下宿に住みながら東京女子高等師範への進学を目指す。
弥彦や四三の影響でスポーツに憧れ「いずれ日本も西洋のように女子スポーツが盛んになるかもしれない」という弥彦の言葉を信じて女子高師に入学するも、現実とのギャップに戸惑う羽目になる。
高師を卒業後は竹早高女の教員として四三と共に女子スポーツの発展に取り組み、遠征先の岡山で人見絹枝を見出す。
増野との間に長女のりくを授かるも、翌年関東大震災にて行方不明となる。
後に、五りん(小松金治)の祖母であったことが判明。五りんの手元には彼女が増野と結婚した時の写真がある。

増野 演:柄本佑
日本橋の百貨店に勤める。トクヨの見合い相手の予定だったが片想いを理由に縁談を押し付けられたことでシマとの見合いになり、スポーツに取り組むスタンスを理解した上で結婚した。
妻・シマを関東大震災で亡くし、娘・りくを男手ひとつで育てていく。

増野りく→小松りく 演:杉咲花
増野シマの忘れ形見。母・シマに生き写し。
1936年時点で播磨屋で働いている。
小松勝と結婚、息子の金治(後の五りん)をもうける。

竹早高等女学校(※)

通称。正式の校名は東京府立第二高等女学校

村田富江 演:黒島結菜
竹早高女に通う女学生で浅草の開業医の娘。お嬢様然としたクラス内のリーダー格で、当初は四三の熱血指導に正面から反発していた。
「一度だけ」と言われて投げた槍投げをきっかけにスポーツの楽しさを知ってからは、四三のことを“パパ”と呼び慕うようになり、テニスウェアを自らデザインしては人気となったり、陸上大会に日本記録を出して優勝するなどのめり込んでいく。
大会で靴に合わない靴下を脱いだことで周囲からの好奇の目を招き、四三の進退問題にまで発展したことで、級友共々教室に立て籠もって四三の退職に反対するが、父・大作との競争で辞職依頼を撤回させることに成功する。
震災では父と共に被災者の手当に回っていた。

梶浦 演:北加那
竹早高女の生徒で四三の教え子。村田と同じく当初は四三に反発していたが、スポーツを始めてからは一緒にテニスウェアをデザインしたりテニス遠征に出たりと熱中していく。

四三をとりまく人々

黒坂辛作 演:ピエール瀧三宅弘城
茗荷谷で足袋の専門店「播磨屋」を営む足袋職人。マラソンの才能を開花させる四三のために走りやすい足袋の改良に励む。
高等師範を卒業後の四三の下宿先でもある。
1960年代には店の名前を「ハリマヤシューズ」へと変えていたが、辛作もまだまだ現役で職人として活動している。

黒坂勝蔵 演:阿久津慶人(子役)→波多腰由太
辛作の息子。


二階堂トクヨ 演:寺島しのぶ
ストックホルムから帰った四三の慰労会で四三を叱責した女性。実は東京女子高等師範の助教授であり、永井の教え子でもある。「たかだか女が」という周囲の発言に「男に生まれただけの男をぼんくらと言う」と反論する女傑だが、野口に報われぬ片想いを寄せている。カツラを愛用。
英国に留学して先進的な女子体育教育を学ぶが、欧州の惨状をも知る立場から四三のベルリン行きに反対する。シマは女子高師の教え子。
のちに日本女子体育大学を創立し、日本の女子スポーツの草分けとなっていく。
なお中の人は「歌舞伎の名家に生まれながら女子という理由で歌舞伎役者になれなかった」という過去が存在する。

フランシスコ・ラザロ 演:エドワード・ブレダ
ポルトガル初のオリンピック選手でありマラソン選手。ストックホルムオリンピックに出場する。
最初のうちは四三を遠巻きに見ていたが、四三の履く足袋に興味を持って話しかけたことで会話が始まって次第に打ち解ける。裕福ではない家庭で育ち、四三と同じくいだてん通学をしていたこと、本職は大工であることなどから親近感を持たれるようになる。
ストックホルムの異常な暑さに正気を失ってフラフラとし、コースをまちがえる四三をなんとか呼び戻そうとするが・・。
作中では好人物として描写されているが、その実登場直後から彼の史実は検索してはいけないと言われるほど騒がれた人物であり、生半可な覚悟でググってはいけない。

人見絹枝 演:菅原小春
四三達がテニスの岡山遠征で出会った岡山高女の選手。170cmという高身長と恵まれた体格に加えて身体能力もずば抜けて高く、村田と梶浦を完膚なきまでに負かす腕前を持ちながらも自分の体格に強い劣等感を持っている。
シマに「陸上を始めたら大成するかも」と言われながらも一度はその誘いを断るが、関東大震災後の1924年に上京、後に日本人女性初の五輪選手となる。
ラザロと同じくオリンピック後の彼女も生半可な覚悟でググってはいけない。
なお中の人はダンサーであり、身長も史実の人見と同じ。

ペトレ家の人々
ストックホルム大会でマラソンコースを外れて迷い込んだ四三を介抱した。
当時のペトレ家の子孫にあたる現在のペトレ家の人々が演じている。

村田大作 演:板尾創路
富江の父。医者。「女にスポーツは必要ない」との信念をもつ保守的な人物。
娘が足を出して徒競争に励んでいることを知り、女生徒を指導する四三を辞めさせようとして竹早高女に乗り込むが、娘をはじめとする女生徒たちの反発を買い、四三の進退を賭けて富江と100m競走を行うハメに追いこまれ、惨敗を喫する。
四三を辞めさせることはあきらめたが、その直後に関東大震災が起こり経営した病院が焼けると、娘とともに焼け出された人たちの医療にあたる。また、四三が訛りがあることを理由に自警団から危害を加えられそうになった際には彼を庇っている。

孫基禎 演:がんばれゆうすけ
南昇竜 演:布江剛士
1936年ベルリンオリンピック、朝鮮出身でありながらマラソン日本代表として孫選手が1位、南選手が3位となり、日本人マラソン選手として初のメダルを獲得する。
当時、祖国大韓帝国既に日本に併合されていたため、表彰式であげられる国旗「日の丸」と国歌「君が代」に複雑な表情を浮かべる。

小松勝 演:仲野大賀
架空の人物で、熊本県出身のマラソン選手。
四三にあこがれて弟子となり、四三にも期待されるほどの選手となる。
シマの娘であるりくとは互いに好意を抱くようになり結婚、一人息子の金治(五りん)をもうける。
1940年東京オリンピック中止後も1944年ロンドンオリンピック出場を目指しトレーニングを続けていたが、第2次世界大戦の激化により1944年大会も中止、なおも続く戦争に動員命令を受けてしまう。

孝蔵をとりまく人々

美濃部孝蔵 演:森山未來
若き日の古今亭志ん生。ドラマのナレーターをつとめる。
尋常小学校を退学後、父の煙管を盗んで質に入れて勘当されて以来浅草で飲むわ打つわのその日暮らしを続けてきた。ある時偶然落語の高座に迷い込み、橘家圓喬の寄席に心酔したこと、車夫を経て正式に圓喬に弟子入り、「朝太」の高座名を与えられ落語の道を目指す。
ドサ回り中の浜松で無銭飲食で逮捕され、獄中で圓喬の死を知って心を入れ替えて芸の道へ精進している・のだが、後述する癖の悪さから借金取りから逃げるため高座名をよく変えている。
気が弱く、他人に貰った一張羅をすぐに質入れしては酒を飲む悪い癖がある。そんな生活態度を改めさせようと"真打ち"に昇進させたり、小梅の仲介で志水りんと見合い結婚をさせられてもなお、その荒んだ生活は収まらなかったが、子どもを授かったことや関東大震災に被災したこと等を契機に少しずつその生活も落ち着いたものになっていく。
太平洋戦争の開戦とほぼ同時期に志ん生の名を襲名する。

橘家圓喬 演:松尾スズキ
明治きっての落語の名手。押しかけて来た孝蔵の熱意を買い、車夫として雇った後、家への出入りを許し、弟子として正式に「朝太」の高座名を与える。芸に対しては真摯だが、その厳しさゆえに意地の悪い一面も持つ。
孝蔵に「胸の病にかかっているから、(自分の)湯呑みには触らないよう」警告した通り既に病状が悪化しており、孝蔵をドサ回り兼武者修行の旅に送り出した後に死去。
「こいつにはフラがある、大化けするからしっかり育ててくれ」と言い遺した。

小梅 演:橋本愛
浅草の遊女。浅草見物に来た美川に一目惚れされ、やがて懇ろの仲になった末にヤクザに言い寄られてひと悶着起こす。その美川を振って最終的には清さんと所帯を持つ。

清さん 演:峯田和伸
浅草を拠点に活動する朦朧車夫で、孝蔵・小梅とは腐れ縁。小学校しか卒業していないため漢字の読み書きが出来ないが健脚で、マラソン大会の度に「田せ早」のゼッケンを自作してはランナーに紛れ込んでいる。播磨屋の常連客で、旅に出る孝蔵の一張羅を播磨屋に依頼した。
ストックホルム五輪の東京予選に(早稲田生と嘘をついて)出場し、優勝した四三と播磨屋の前で知り合う。ベルリン大会中止後意気消沈する四三を「お前がそうやって腐ってたら、日本人みんな腐っちまう」と励ました。
すったもんだの末小梅とくっつき、車夫を廃業して小料理屋を営むことに。
その後、東京オリンピック招致訪問のために日本を訪れたIOCラトゥール会長を人力車で案内する運転手となった。
嘉納の葬儀にも車を引いて駆け付け、彼の出棺を見送った。
長らくオリジナルキャラクターと思われていたが、志ん生の「昔盛さんという車夫の人に世話になった」という一文が残っており、そこから派生したと思われる。

志水りん(美濃部りん) 演:夏帆
高田馬場の下宿屋の箱入り娘。親の勧めるままに孝蔵と見合い結婚するが、極貧と酒癖と身勝手に苦労させられる羽目に。
それでも愛想をつかすことなく、夫を献身的に支え続ける良き女房である。

三遊亭圓生 演:中村七之助
戦時中、落語の名手としてたたえられた落語家。
軍部に制約を受けたなかでも「人を笑わせることができる」と嘯く自信家。

政治家

大隈重信 演:平泉成
元内閣総理大臣で、早稲田大学の初代学長。
嘉納に選手派遣のスポンサーになるよう依頼される。

伊藤博文 演:浜野謙太
ストックホルムへ向かう道中に立ち寄った哈爾濱にて、本編開始の三年前に暗殺されたことが回想と後ろ姿でのみ語られる。
昨年の大河ドラマ『西郷どん』と役者が同じであり、一種のファンサービスでもある。

永田秀次郎 演:イッセー尾形
東京市長。
関東大震災被災後に陣頭指揮を執り、わずか5年で復興を成し遂げたのち、「皇紀2600年記念事業」も兼ねて「1940年東京オリンピック」誘致に乗り出す。
1932年ロス五輪後に、銀メダルを獲得した前畑に対し「何故金メダルを取らなかったのかね」と告げ、田畑や岸を激怒させる。
とは言え、その失言について批判された際には申し訳なさそうな表情で素直に謝罪したり、前述の通り震災時においては東京復興のため奔走し、最後は部下の汚職の責任を取り市長を辞する(そのため、後世では“震災市長”のあだ名で親しまれた)など、政治家としては立派な人物である。

高橋是清 演:萩原健一
立憲政友会代表、政界に君臨する大物。
当記者になった田畑政治の熱い性格に閉口、「なんとかしてくれ」という苦情の電話を朝日新聞社編集局長・緒方竹虎にかけるが、田畑の説得に心を動かされ6万円という多額の予算を手渡す(当時の6万円は現代では約4億円相当の価値)。
犬養毅からの要請を受けて、昭和7年、大蔵大臣に就任するが、1936年2月26日軍部の青年将校の襲撃を受けて暗殺される

犬養毅 演:塩見三省
昭和7年、軍部の台頭に懸念をもちながら総理大臣に就任、新聞記者出身ということもあって「話せばわかる」という信念をもつが、5月15日に起きた軍部のクーデターにより殺害される。

水泳日本躍進~幻の東京五輪編

田畑をとりまく人々

田畑政治 演:阿部サダヲ(少年時代:山時聡真原勇弥
後半(第2部)の主人公。
渾名はまーちゃん
劇中では、ドサ回り中の孝蔵が旅先の浜松で出会った中学生として登場する。
造り酒屋の次男坊で、幼少期から落語と遠泳に親しむが口が悪く、孝蔵の落語を「長い文章を頑張って憶えただけ」と酷評する。大腸カタルで水泳の道を断念せざるを得なくなるが、アントワープ五輪での仲間の惨敗を機に指導者の道を目指す。
四三がマラソン馬鹿なら田畑は水泳馬鹿といったところで、周囲からは「河童」とあだ名されることもある。ロマンチストで情熱家だが落ち着きがなくせっかちで歯に衣を着せぬ毒舌家。
興奮すると火のついた煙草を逆さに持ってしまう癖があり、その度に火傷をしてしまっている。
帝国大学卒業後、朝日新聞社に入社。就職試験でオリンピック第8回大会で日本水泳代表が敗れた原因が日本に温水プールがないことであることを熱く語り、面接にあたっていた朝日新聞社社長の村山や編集局長の緒方を引かせる。
入社後、本人の希望により政治部に配属され立憲政友会を担当するが、熱い性格が政友会を率いる重鎮・高橋是清に閉口される。
水泳日本の名を世界にとどろかせるため、仕事の合間を縫って(というよりほぼそっちのけ)体協から独立して「水連(日本水泳連盟)」を結成、多額の資金を高橋から受け取る。
1932年のロス五輪では日本水泳選手団の総監督として同行し、平和の祭典であるオリンピックに魅了されると共に、同大会での選手達の快挙を見届ける。1936年のベルリン五輪でも引き続き総監督で同行するが、これまでにない盛大な大会でありながら、ナチスによる「人種差別」「オリンピックの政治利用」に危機感と嫌悪感をあらわにする。
帰国後は1940年東京五輪の開催準備に携わるものの、軍の介入が色濃くなる情勢と、日中戦争の開戦によって戦争の当事者となった日本でオリンピックが行われるという現実と矛盾に苦悩することとなる。河野や四三との問答や、菊枝からの言葉を受け、嘉納に五輪返上を直談判するも断られ、そのまま袂を分かつような形となる。
嘉納の訃報を聞き駆けつけた際には、平沢から嘉納の形見であるストップウォッチを託され、彼の遺志を引き継ぐこととなる。
太平洋戦争が激化したことから学生達が戦場へと送られていくのを見送りながら、いつか必ず東京でオリンピックを行うという決意を新たにする。

村山龍平 演:山路和弘
朝日新聞社社長。就職試験の面接でパリオリンピック惨敗の理由を熱く語る田畑に閉口、本来は不合格とするところを、「顔がいい」との理由で採用する。

緒方竹虎 演:リリー・フランキー
朝日新聞社編集局長。田畑の就職面接に同席、パリオリンピック惨敗の理由を語る田畑を不合格と一度は認定するが、同社社長・村山の「顔がいい」との一言で一転採用。直接の上司として振りまわされることとなる。

河野一郎 演:桐谷健太
朝日新聞社校閲部記者。早稲田大学時代から金栗の弟子で、第一回箱根駅伝では7区を走った。陸上を扱き下ろす田畑とは何かと対立する。
軍部の台頭に「言論の自由」「報道の自由」が脅かされるのではないかとの危惧をもち、政治家の道を志す。
1940年東京オリンピックに当初から好意的な印象をもっていなかったが、開催決定後、軍事・政治の道具に成り下がっていくことに否定的な見解を示し、東京オリンピック開催返上を提言する。

酒井菊枝→田畑菊枝 演:麻生久美子
江戸時代から続く日本橋の老舗「酒井商店」の長女で、後に田畑の妻となる女性。朝日新聞社で速記係を務めており、田畑の早口や悪筆を正確に聞き取り、解読することができる。無口で物静かな性格であり、田畑との結婚後も夫のオリンピックや水泳への情熱を理解し、陰で支える。

マリー 演:薬師丸ひろ子
日本橋のバー「ローズ」のママ。その不思議な魅力に惹かれて政界や文化の要人が店に集う。趣味の占いも珍重される。田畑からは「占いババア」と暴言を喰らいつつも縋られており、ついつい世話を焼いてしまう。いい人だ

水泳日本代表チーム

松澤一鶴 演:皆川猿時
1932年ロス日本代表水泳監督。「カクさん」と呼ばれる落ち着きのある堅実な人物で、「口が韋駄天」の田畑とは名コンビで日本水泳界を牽引する。帝大施設を巧みに活用して温水プール建設を実現し、通年の練習環境を整えた功労者でもある。

高石勝男 演:斎藤工
1928年アムステルダム五輪自由形銅メダリスト。甘いマスクの好男子で、女性人気も高い大スター。しかし色々と不遇である。大阪府出身であるためか、感情的になると関西弁が出る。(松澤や鶴田曰く「関西の顔になってる」)
1932年ロサンゼルス五輪では、年齢故に若手に追い抜かれる現実や、代表選手でありながら試合には出られないことに苛立ちを募らせ、それを決めた田畑の方針に反感を覚えていたが、彼の真意を知り態度を改める。

鶴田義行 演:大東駿介
1928年アムステルダム五輪平泳ぎで日本水泳界初の金メダリスト。普段は華やかな高石の陰に隠れて黙々と練習に励んでいる。
1932年ロス五輪では高石同様に若手に追い抜かれていく現実に苦悩していたが、200m平泳ぎではアムステルダムに引き続いて見事金メダルを獲得する。

前畑秀子 演:上白石萌歌
田畑が見出した水泳界期待の新星。弱冠16歳で新記録を叩き出したことで、日本代表としてスカウトされる。鶴田に憧れており、彼が現れた際に舞い上がるといった年頃の少女らしさもある。
1932年ロス五輪の200m平泳ぎで女子水泳選手としても初のメダルとなる銀メダルを獲得。しかし帰国後の永田市長からの言葉や日本全国からの手紙、夢枕に立った亡き両親の言葉を受けて、現役続行を決意する。
1936年ベルリン五輪では、自身の不調もあり極度のプレッシャーに押し潰されそうになるもそれを跳ね除け、悲願の金メダルを獲得する。
それと女子更衣室に侵入したそこの男は、署まで同行しなさい

外国の要人

クーベルタン男爵 演:ニコラ・ルンブレラス
フランスの貴族。世界平和の崇高な理想のもと近代オリンピックの開催を提唱。

ラトゥール伯爵
ベルギーの貴族。IOC第3代会長。
1940年東京オリンピック開催に協力するが、副島からの大会返上の書簡を受け取り、悲痛な表情を浮かべる。

ムッソリーニ 演:ディノ・スピネラ
「陽気な独裁者」との異名をとるイタリアの首相
1940年ローマオリンピック開催を目指していたが、副島の直談判を受けて立候補を取り下げる。

ヒトラー 演:ダニエル・シュースター
ドイツの独裁者。
日本に恩を売ろうとIOCに圧力をかけ、1940年東京オリンピックが開かれるよう根回しをしたとされる。
これまでの「人種差別主義」「反体制派弾圧」という非人道的なナチスの政策を一時的に封印し、1936年ベルリンオリンピックを国の威信をかけて開催、オリンピックの政治利用が始まったことに田畑は危機感を覚える。

1964年の人々

田畑政治 演:阿部サダヲ
日本にオリンピックを招致した男。よく煙草を逆様に加えては火傷をしている。
1912年ストックホルム大会の開会式映像を1964年大会の開会式の参考にしようとしたが、あまりにも小さい日本代表の扱いに落胆してしまう。落語が好きだが志ん生は嫌い。

岩田幸彰 演:松坂桃李
田畑の秘書。

平沢和重 演:星野源
外交評論家、ジャーナリスト。カイロで行われたIOC総会の帰路にあった嘉納とは同じ船に乗船していた。数日間の海路の中で嘉納と親交を深め、その後体調を崩した彼の最期を看取った。
帰国後、嘉納のストップウォッチを田畑へと託している。
1964年のオリンピック開催地を決めるIOC総会で最終スピーチを行った。

東龍太郎 演:松重豊
東京都知事。元医師で、嘉納治五郎を診察したこともある。
1940年の東京オリンピック招致活動にも参加しており、田畑とはその時からの付き合い。
残念です」が口癖。

五りん(小松金治) 演:神木隆之介
第一話で押しかけて来た志ん生の弟子で、小松りくと小松勝の息子。
祖母のシマを関東大震災で失い、父は生前箱根駅伝に出場していたが顔も覚えていない頃に戦死、母のりくが生前播磨屋で働いていたらしい。
母へと宛てられた葉書が父の唯一の形見であり、冷水浴が日課。
古典落語は苦手でオリンピック落語を創作する。

金原亭馬生、古今亭志ん朝 演:森山未來(三役)
志ん生の長男次男
若い頃の志ん生と瓜二つの容姿をしている。

古今亭志ん生 演:ビートたけし
孝蔵の成長した姿。高座で四三たちの成長していく姿を語る。
落語家らしく大抵のことは綺麗にオチをつけるが、関東大震災や二・二六事件などは、数十年が経過しても笑い話に出来ないとこぼす。
1961年に読売巨人の優勝祝賀会へ出席した際、脳出血を起こし病院に搬送されるが、一命は取り留める。

りん 演:池波志乃
志ん生の妻。
中の人は志ん生・りんのにあたり(馬生の娘)、以前にも民放のドラマでりんを演じており今回が二度目。

美津子 演:小泉今日子
志ん生とりんの長女で父のマネージャーを務める。

余談

  • 冷水浴や水泳のシーンなど、とにかく登場人物がよく脱ぐ(特に男性)。女性は脱がないと思われたが綾瀬はるかは脱いだ(嘘のようだが史実準拠)。
  • OP映像が物語の進行に合わせて細かく差し替えられており、主役の二人の他にも15話以降はスヤ(綾瀬はるか)がOPに登場している。田畑中心となる25話以降は田畑編仕様に変更(陸上の映像から、水泳の映像に)。 外部検証


関連項目

大河ドラマ 東京オリンピック 東京オリンピック(2020年)
いだてん 落語 マラソン 水泳
絵だてん・・・ファンアート

冷水浴・・・四三が毎回披露。史実の金栗準拠だが完全にファンサービスですありがとうございまs

関連記事

親記事

大河ドラマ たいがどらま

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「いだてん〜東京オリムピック噺〜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 31543

コメント