ピクシブ百科事典

金原亭馬生

きんげんていばしょう

金原亭馬生とは、落語家である。ここでは10代目について述べる。
目次[非表示]

概要

本名:美濃部清
1928年1月5日生まれ、1982年9月13日没。

5代目古今亭志ん生の長男。
1942年8月、父に弟子入りし、4代目むかし家今松を名乗る。当時は落語家が足りなかったため、いきなり二つ目の扱いとなるが、父からはほとんど落語を教えてもらえなかった。
1944年頃、初代古今亭志ん朝と改名するが、1947年に今松に戻す。
1948年真打昇進し、古今亭志ん橋を襲名。
1949年、10代目金原亭馬生を襲名。
1973年に父が亡くなると志ん生襲名の話が挙がるが、弟の3代目古今亭志ん朝の方がふさわしいとして辞退する。
1978年、落語協会副会長に就任。
1982年、死去。

余談


関連項目

落語家
古今亭志ん生 古今亭志ん朝

pixivに投稿された作品 pixivで「金原亭馬生」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52

コメント