ピクシブ百科事典

鈴木史朗

すずきしろう

日本のフリーアナウンサー・俳優。なおメイン画像のように鈴木史「郎」と間違われやすいが、鈴木史「朗」が正しい。
目次[非表示]

略歴

1938年2月10日生まれ京都市出身。
父が「大陸で一旗挙げたい」といって、それまで勤めていた有名な生命保険会社を辞めて単身で大陸へわたり、残された母は彼が1歳になるのを待って、1939年4月頃までには大陸へ渡り、幼少期を中国で過ごした。

帰国後、早稲田大学法学部卒業後1962年にTBSテレビに入社、アナウンス室所属となり、入社1年目の時にアメリカのジョン・F・ケネディ大統領暗殺の第一報を伝えた。その後各部署を転々とした後、1983年にアナウンス部に復帰。1998年に定年退職するまでアナウンサーを続けた。
退職後は俳優歌手ナレーターなど他分野にも精力的に取り組み、現在は講演活動を中心に活躍している。
なおアニメ『すごいよ!!マサルさん』のナレーションは在局アナウンサー時代に務めた(だからなのか、原作漫画で「野村義男」の部分も彼に指し代わっていた)。

よく名前を「鈴木史」と間違えられるが、正しくは「史」である(概要でも書いたけど大事なことなのでry)。

シニアゲーマー・鈴木史朗

彼を語るうえで欠かせないのは、大のゲーム好きであるということ。
ゲームデビューしたのはスペースインベーダーでその後はスーパーマリオブラザーズグラディウスなどの名作もプレイするようになった。元々は、娘のために買ったのだが次第に自分がハマっていってしまった。

なかでもバイオハザードは全シリーズ持っているという筋金入りのマニア。更にその腕前の凄まじさから、バイオファンの間では「生ける伝説」と呼ばれている。
バイオハザードにハマったきっかけは、自身がコーナー(ご長寿早押しクイズ)司会を務めている「さんまのSUPERからくりTV」の忘年会でプレイステーションが当たり、娘からバイオハザードのソフトをプレゼントされたのが始まりである。

2008年に「鈴木史朗はゲームがかなり上手」というネットでの噂を検証したテレビ番組の中で実演している。
バイオハザード4において、最高難易度の「プロフェッショナル」を5回クリアしており、クリアしないと遊べないゲームモード『マーセナリーズ』において、一概に初見では1万点行けば凄い方・6万点行けば一人前・10万点行けば上手い人と言われるこのモードで、史朗氏のハイスコアは何と20万5370点おわかりいただけただろうか
ハイスコアを叩き出したうえに、「ぶっ殺します」、「焼きます」など普段は冷静な面持ちからは想像できない発言をしネット上を大いに賑わせた。

以降ゲームイベントへの出演やゲーム情報誌の取材の際には、自身のセーブデータを持参して実況プレイをして腕前を披露している。また、同じくシニアゲーマーとして有名な加山雄三とは同士であると話している。
また、史朗氏はレオンジル、加山氏はレベッカがお気に入りキャラクターだという。

なお、史朗氏は原作のゲームシリーズの世界観をこよなく愛しているため、アレンジされた実写映画版はあまり好きではないと公の場で発言しており、原作のスピンオフであるCGアニメ映画を高く評価している。

ゲームをやりすぎたおかげで反射神経が研ぎ澄まされてしまっており、自動車の教習所で免許更新をした際、教官から「反応が良すぎて逆に危険だ」という評価を受けた。

関連タグ

アナウンサー

pixivに投稿された作品 pixivで「鈴木史朗」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17232

コメント