2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「まぁ、ハリウッドからのオファーなら、受けてやってもいいかな…」
「なけるぜ…」
「たく!女って奴は!」
今はこんなことをしている場合ではない
「エイダー!」

※タグは「レオン」のみの登録も多い

プロフィール

年齢21歳(『2』)→25歳(『DC』)→27歳(『4』)→28歳(『DG』)→29歳(『ID』)→36歳(『6』)→37歳(『VD』)
身長178cm(『2』)→180cm(『4』)
体重70.2kg→75kg(『6』)
血液型A型
口癖「泣けるぜ」


概要

綴りは”Leon Scott Kennedy”初登場は『バイオハザード2』。
その端正なルックスから女性ユーザー達から大人気であり、主役を務める作品が多く、CG映画作品では全作で主人公を務めている。(ヴェンデッタでは実質クリスが主役ではあるが、ダブル主人公として扱われている。)
他の主人公達同様に、T-ウイルスに対して完全な抗体を持っているため、ゾンビなどと接触してもゾンビ化することがない。
当然ながら全てのウィルスに抗体があるわけではなく『バイオハザード6』ではC-ウィルスに感染してゲームオーバーと同時にゾンビ化するレオンを見ることができる。

容姿

髪色は茶髪から金髪になり、最新フルCG作品ヴェンデッタではほぼ黒髪となっている。
ヴェンデッタの小説版でもハリウッドの大作映画でいつでも主演が務められそうな美男。」「モデルじみた長い手足。」と記述されており、シリーズきっての美形キャラであるが近年ではCG技術の向上と年齢と経験の影響でヒゲやシワもハッキリと描かれており、若い頃の甘めで端正な美形からダンディな大人の男性となっている。俳優城田優に似ているという意見も存在している。RE2では演じている俳優が変更されたため割れ顎になっている。
ポール・S・アンダーソン監督の『バイオハザードV リトリビューション 』では服装は4準拠だが6と比べてもダンディな印象である。(ちなみにこれは完全な余談だがこちらの映画でレオンを演じたヨハン・アーブ氏はゲームのレオンと同い年である。)
ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』では演じているアヴァン・ジョーギア氏がインド系のハーフであるため、ゲームやVと完全に違う印象となっている。

性格

『4』以降はクールな面が強調されているが、本当は正義感が強く、多少の事では動じない冷静さと戦闘中でも余裕で軽口を叩く等ユーモア溢れるが大胆不敵な性格。
自身も苦しい中でもアシュリーに発信機を取り付けるという強靭な精神力も合わせ持っている。
時間には大変だらしないタイプ(※1)。
女性に対しては誠実だが、何故だか女運が悪く、また女性には振り回されやすい性分の様であり本人も自覚済みで各登場作品でその様子が描かれる。
DGではヒロインのアンジェラ・ミラーと最終的にいい感じになるが、後続の作品で一切再登場していないことから特に関係に進展はなかった模様。
「女に振り回されるのは慣れてる。」と自嘲気味に発言している。
年齢と経験を重ね、精神的にも新人警官だった頃では比べ物にならない程に成長しているが、現在でも根本の性格に変わりはなく、何でかんで長い付き合いであるエイダからも「変わってないわね…」と言われている。

※1…初出勤にも拘わらず、恋人とのケンカ別れが原因でヤケ酒をあおり寝坊。朝には着くはずが夕方からの出勤と、遅刻ってレベルではない。
一方、『RE:2』では着任数日前に突然署から待機命令を下され、その後全く音沙汰がなくなかった為に、状況を確かめるべくラクーンシティに向かった事になっており、それに伴いこの設定もオミットされている(バイオハザード発生から着任予定日まで数日あったにもかかわらず、一般市民ならともかく警察官のレオンが街の惨状をほとんど知らないのは流石に不自然と判断されたため)。ただし「性格自体は変わっていないので、恋人と別れたら同じくヤケ酒煽ってる」とも。また、ヴェンデッタでは作戦が失敗し仲間が全滅した際にもヤケ酒をあおっていた為、何か悲しいことが起きると酒に逃げるタイプの可能性もある。

使用銃器

マイナーな銃が好みのガンマニアであるため2、DCではVP70を携帯しているが4、DG、IDでは実用性重視のシルバーゴーストと言うカスタムガンを所持している。また、DGのみサイドアームとしてグロック26を携帯していた。
基本的に動きやすさを重視する為なのか防弾チョッキやライフルの類は装備しないことが多いが、ダムネーションでは戦場に送り込まれた事と弾薬の供給、もしくはB.O.W.に対する威力不足を懸念してかオペレーターTRP、フルカスタマイズされたAKMSUを所持しており、ほぼ全編にわたって使用しているが終盤のタイラントとの戦闘で弾切れ後に両方ともそのまま投げ捨てている。
ちなみにこちらのAKはコラボ等で商品化はされていないが「ダムネAK」の愛称でファンからは人気がある。
6では近代化改修がされたVP70であるウィングシューターにメインアームを変えている。
ヴェンデッタではようやくレオンの手に渡ったセンチネルナインデザートイーグルを使用している。

経歴

『2』にて新米警官としてラクーンシティに着任する当日、アンブレラによるバイオハザードに巻き込まれる。警察署を探索する内にクレア・レッドフィールドと出会い情報交換を行いつつシティからの脱出を目指すことに。
またエイダ・ウォンとも出会ったことで共闘を始め、一言では語れない感情を抱くことに。

ラクーンシティから生還した後は、そのサバイバル能力を政府高官のアダム・ベンフォードに見込まれたことでスカウトされ、エージェントとして訓練を受けることとなった。その後は出世を重ね『4』ではホワイトハウス直属のエージェントとなっている。
また『4』で大統領の娘・アシュリー・グラハムを救出したことから大統領より絶大な信頼を得るようになる。

『6』では新たに大統領となったアダムが設立した直轄のエージェント組織『DSO(Division of Security Operations)』に移籍。アダムの計らいでラクーンシティの事件の真相を明かすための会見に証人として出席する予定だったが、会場となる場所でバイオテロが発生。
大都市トールオークスを飲み込む大事件に巻き込まれ、ゾンビ化した恩人アダムを自らの手で射殺することになってしまう。

クレアとはラクーンシティ事件はもちろん、様々な事件を共に切り抜けた戦友であり、クレアを介して彼女の兄クリスとも同じ目的とバイオテロを憎む気持ちで意気投合しており、前述の「ヴェンデッタ」では共闘している。

エイダとはラクーンシティ事件以降、様々な事件や場所で遭遇しており、敵でも味方でもない微妙かつ複雑な距離でありながらも縁は未だに続いており、互いに特別な感情を抱いているようである。
このことについて、『6』でヘレナに「彼女(エイダ)とはどのような関係か。」と訊かれた際には「難しい質問だ」と答えている。
また、ラクーンシティの事件以降、様々な場面で自分を助けるエイダに対して「お前は誰なんだ?何故そこまで自分を助けてくれるんだ?」と疑問を投げかけている。

前述の面々の他にも、友人に私立探偵のアーク・トンプソンがいる。
ちなみに『ダムネーション』ではアークにそっくりなアレクサンドル(サーシャ)・コザチェンコが登場しており、当初はレオンと敵対していたものの、最終的に共闘していた。

上記にある通り、長きに渡ってバイオテロと戦ってきたのだが、『ヴェンデッタ』では“終わりが見えない戦い”に疲れ果てて一時的に酒浸りの生活を送っていた。
しかし、クリスとレベッカの説得で再起して、戦いの中で徐々にかつての戦士としての気力を取り戻していた。
また、同作ではスキットルを携帯している場面があり、もしかするとダムネーションのJDに影響を受けたのかもしれない。

基本的に他人から名前で呼ばれる時は「レオン」なのだが、例外としてバイオハザード4ではラモン・サラザールからは君付けでミドルネームであるスコット君(何故か道中に入手したファイルには君付けでレオン君と書いてあるが。いわゆる違和感ネタである。)と呼ばれていた。RE2でクレアに対し自分の名を名乗る際にはミドルネーム付きでは言わずレオン・ケネディに略されている。

中でも様々な遊び心が凝らされた『4』は、pixivでも非常に人気が高い。

レオンの装備
卵エージェント
センシティブな作品



登場作品

メインとなる作品一覧


それ以外の作品一覧(外部出演)


演じた声優

  • ポール・ハダド(『2』)
  • ポール・メルスィエ(『4』『DG』『DC』)
  • マシュー・マーサー(『6』『DN』「VD』)
  • 前田剛(ドラマCD)
  • 小川輝晃(『4』モーションアクター)
  • 山野井仁(『DG』日本語吹き替え)
  • 森川智之(『ORC』『6』『DN』『VD』日本語吹き替え版『2RE』&プロジェクトクロスゾーン2
  • 宮内敦士(『バイオハザードⅤ リトリビューション』日本語吹き替え)
  • 梶裕貴(『ウェルカム・トゥ・ラクーンシティ』日本語吹き替え)


関連イラスト

21歳(『2』)25歳(『DC』)
レオンさん
ダークサイド!!
27歳(『4』)36歳(『6』)
レオン
レオン・S・ケネディ


関連タグ

レオン バイオハザード バイオハザード2 バイオハザード4 バイオハザード6 RESIDENTEVIL

アーク・トンプソン…レオンの親友であるバイオハザードシリーズの主人公。
ブルース・マッギャヴァン…『4』&『DG』のレオンと同じ服装であるバイオハザードシリーズの主人公。
タイラー・ハワード舞台版の主人公。バイオハザードをキッカケに警察官から合衆国政府のエージェントへと転身したという共通点を持つ。

ダンテ(デビルメイクライ)…デビルメイクライの主人公。外見が似ていて、日本語ボイスが同じ声優(森川智之)である。また、初代デビルメイクライは4の没から派生して誕生した作品である為、風貌が似ているのはその名残と言える。

南条圭…ペルソナシリーズの登場人物。複数の演者の中で森川氏と山野井氏が存在している繋がり

関連記事

親記事

バイオハザードの登場人物 ばいおはざーどのとうじょうじんぶつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「レオン・S・ケネディ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「レオン・S・ケネディ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17078297

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました