ピクシブ百科事典

バイオハザード2

ばいおはざーどつー

CAPCOMのゲーム「バイオハザード」シリーズの第2作
目次[非表示]

概要

1998年にプレイステーションのゲームとして発売された。前作のゲームエンジンや恐怖演出をきっちり引き継いでおり、「町全体が前作のような世界になった」という絶望的な恐怖をプレイヤーたちに叩き込んだ。更に、本作の主人公は前作と比べると限りなく一般人(新米警官と大学生)であり、より恐怖を掻き立てるものとなった。
また、今作で人気キャラクターであるレオン・S・ケネディが初登場し、おまけ要素として、あの謎キャラクター「豆腐」が出てきたりとギャグ要素も入っていた。

実はニンテンドウ64にも移植されており、プレイステーションでCD二枚組のものをロムカセットにもはや無茶に等しい形で移植された。そして初めてロムカセットで発売されたバイオハザードだったりする。
後にWii専用ソフト、ダークサイドクロニクルズにてガンシューとしてリメイクされる。
ちなみにPS版は、国内では215万本(初動本数は138万本)以上、全世界では496万本が販売されており、これは本シリーズ歴代2位の売上数となる(1位は『5』)。

ストーリー

洋館事件から2ヵ月後のラクーンシティ。
R.P.D.の新米警官レオン・S・ケネディは、初出勤にも拘らず盛大に遅刻してしまい、警察署と連絡が取れないことをいぶかしがりつつ、のんきに車を走らせていた。
一方、洋館事件で消息を絶ったクリスの身を案じた妹のクレアもまた、バイクを走らせ単身この街に乗り込んでいた。

しかし、町は既に深刻化したバイオハザードの渦中にあり、生ける屍と異形の化け物が漂う無死の街と化していた。絶望的な状況で出会った2人は、謎の女・エイダ・ウォン、か弱き少女シェリーと共に、アンブレラの陰謀が渦巻く、死と絶望に溢れた街からの脱出を試みることになる。

登場人物


登場クリ―チャー


関連タグ

CAPCOM バイオハザード biohazard ホラー 豆腐 レトロゲーム

pixivに投稿された作品 pixivで「バイオハザード2」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 289289

コメント