ピクシブ百科事典

ラクーンシティ

らくーんしてぃ

ラクーンシティとは、「バイオハザード」に登場する架空の都市。名前は「アライグマ」の意味である。
目次[非表示]

概要

アメリカ中西部にあった森林に囲まれた小さな都市で、アンブレラ事件により跡形も無く消滅した。事件当時の市長はマイケル・ウォーレン。

元々何もない田舎町に過ぎなかったがアンブレラの製薬工場が誘致されてから徐々に発展した企業城下町である。
警察署を始め、市役所の時計や銅像、変電所のシャッター開閉機構等、何故か至る所に様々なカラクリが仕掛けられている。
また、市の近くの郊外にアークレイ山地がある。ここにはすべての発端となった洋館、アークレイ研究所があり、さらにこのアークレイ山地で人食い事件が発生、特殊部隊「S.T.A.R.S.」が投入されることになる。

この頃からアンブレラが怪しいと思う人々もいたようだが、前述の通りアンブレラの企業城下町であるラクーンシティの市民は、同社に生活のほとんどを頼り切っている状態であった為、誰も表立ってアンブレラを追求しようとはしなかった。

後に洋館と研究所は爆破して消滅。隊員の半数を失ったS.T.A.R.S.は事実上機能停止となる。

その後、アンブレラとウィリアム・バーキンの間でGウィルスを巡っての内部抗争が勃発し、アンブレラ特殊工作部隊U.S.S.がラクーンシティ地下研究所のウィリアムを襲撃し、Gウィルスを奪取する。瀕死の重傷を負ったウィリアムは最後の手段としてGウィルスを自身に投与し、その結果、おぞましい変異を遂げGの怪物と化し、下水道内にてハンクを除くU.S.S.隊員達を殺戮していった。その際にウィリアムはT-ウイルスの入ったカプセルを破壊し、さらにそのTウィルスはネズミを媒介にしてラクーン市内に流出した。

こうしてウィルスは止めどなく蔓延していき、市民が危機感を覚えた時にはもうすでに手遅れの状態であった。町中がゾンビで溢れかえり、化け物たちが跋扈する地獄絵図となる。
やがて事態を重く見た大統領及び連邦議会は市全域の滅菌作戦を実行に移した。
街は核ミサイルによって一瞬にして崩壊したのであった。
街の崩壊後、アンブレラはその罪を咎められ、株価は暴落し、ラクーンシティの後を追うように消滅していった。

主な施設・機関


ラクーン市庁
街の中心部であり、正門には宝石があしらわれた時計が設置され敷地内にはマイケル・ウォーレンの像が置かれている。建物の入口は板で封鎖され入れない。

ラクーン警察署 - R.P.D. (Raccoon Police Department)
「2」の舞台となる警察署。元々美術館だった建物を警察署に改築したらしくあちこちに美術館時代の名残が見受けられる。何故かトイレが無い。
ここの署長は人格が破綻しており、ある意味ゾンビよりも恐ろしい存在と言える。

ラクーンシティ総合病院
ラクーン市内唯一の病院。アンブレラの出資により設立された。地上四階、地下四階建て。かつては森の中にもう一つ病院が存在したが、後に違法な薬物を患者に使用していたことが発覚し閉鎖された。
優秀な医者が在籍していたようで、いち早く「人食い病」をウィルスの影響によるものと見抜き、ワクチンを開発し完成する一歩手前まで漕ぎ着けていた。最終的にニコライ・ジノビエフにより爆破される。

ラクーン市立公園
時計塔と病院のすぐ隣に有る公園。噴水や墓地、水上の遊歩道等が整備されている。墓地はグレイブディガーとの決戦の場でもある。入口に長い階段が有りお世辞にも高齢者や障害者に優しいとは言い難い。

ラクーン消防署
ラクーンシティ内を管轄する消防署。ラクーン事件の際は至る所で火災が発生し、消防員達が懸命の消化及び救助活動を行い多くの殉職者を出した。町の至る所に消防車が放置されている。少なくとも署員二名はヘリにより生還している。

セントミカエル時計塔
大天使ミカエルの名を冠した時計塔。教会としても知られており、絵葉書にもなっていた。
「3」にて脱出用のヘリがネメシスに撃ち落された場所でもある。

ケンド鉄砲店
バリー・バートンの友人であるロバート・ケンドが経営する鉄砲店。
ラクーン事件の際には市民に無償で武器を提供したため、店にはほとんどの武器が無くなっている。

下水道・下水処理施設
ラクーンシティの地下にある巨大な施設。各モニターはコンピュータ制御されており、ラクーンシティの全体的な地下の目と化している。
また、T-ウイルスが街に蔓延するきっかけとなった場所である。

ラクーンシティ地下研究所
ウィリアムと彼の妻アネットが密かにG-ウイルスの研究を行なっていた地下施設。
なお、詳しい経緯は不明であるが、アンブレラの研究員の1人がラクーンシティを脱出する際にT-ウイルスとG-ウイルスの両方を持ちだしており、それがのちのハーバードヴィルにおけるバイオテロへと繋がってしまう。

洋館・アークレイ研究所
「1」の舞台となる全ての発端となった場所。S.T.A.R.S.の五人が辛うじて逃げ延びており、後にそのスターズ抹殺するために追跡者ネメシスがラクーンシティに投入される。

アンブレラ製薬工場
ある意味すべての元凶。この工場はラクーンを発展させたが、同時に災いをも呼び寄せてしまった。

主な生存者

ラクーン事件の際に生き残った人物達

レオン・S・ケネディ
ラクーン警察署の配属初日に事件に巻き込まれた気の毒な元警察官。現在はラクーンでの経験を買われ、合衆国エージェントとなっている。

クレア・レッドフィールド
レオンと共にラクーンシティを脱出した女子大生。クリス・レッドフィールドの妹であり、現在はNGO団体「テラセイブ」に所属している。

シェリー・バーキン
レオン、クレアと共に脱出した少女。ウィリアム・バーキンの娘でもある。
現在はレオンと同じく合衆国エージェントとなっている。

エイダ・ウォン
Gウィルス奪取の為に送り込まれた工作員。レオンと親密な仲になるも、運命はそれを許さなかった。
現在もスパイをしている。

ジル・バレンタイン
元S.T.A.R.S.隊員。地獄と化したラクーンシティから何とか逃げのびた。
現在はB.S.A.A.隊員。

カルロス・オリヴェイラ
ジルと共に脱出した「U.B.C.S.」D小隊所属。
ラクーン脱出後の消息は不明。

ハンク
Gウィルスを見事回収し脱出。
その後の消息は不明。

バリー・バートン
ジルとカルロスをヘリで迎えに来た元S.T.A.R.S.隊員。
現在はB.S.A.A.に所属している。
妻子も脱出している。

ニコライ・ジノビエフ
カルロスの同業者。
話の展開によっては死亡したりする。

セルゲイ・ウラジミール
ウェスカーの元同僚。スペンサーらしき人物と共にヘリで脱出。

リカルド・アーヴィング
「5」に登場したチンピラ風の男。事件当時にラクーンにいたらしい。

関連タグ

バイオハザード ウィルス S.T.A.R.S.

pixivに投稿された作品 pixivで「ラクーンシティ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16118

コメント