ピクシブ百科事典

ラクーンシティ

らくーんしてぃ

ラクーンシティとは、「バイオハザード」に登場する架空の都市。名前は「アライグマ」の意味である。
目次[非表示]

概要

アメリカ中西部にあった森林に囲まれた小さな都市で、アンブレラ事件により跡形も無く消滅した。事件当時の市長はマイケル・ウォーレン。

元々何もない田舎町に過ぎなかったがアンブレラの製薬工場が誘致されてから徐々に発展した企業城下町である。
警察署を始め、市役所の時計や銅像、変電所のシャッター開閉機構等、何故か至る所に様々なカラクリが仕掛けられている。
また、市の近くの郊外にアークレイ山地がある。ここにはすべての発端となった洋館、アークレイ研究所があり、さらにこのアークレイ山地で人食い事件が発生、特殊部隊「S.T.A.R.S.」が投入されることになる。

この頃からアンブレラが怪しいと思う人々もいたようだが、前述の通りアンブレラの企業城下町であるラクーンシティの市民は、同社に生活のほとんどを頼り切っている状態であった為、誰も表立ってアンブレラを追求しようとはしなかった。

後に洋館と研究所は爆破して消滅。隊員の半数を失ったS.T.A.R.S.は事実上機能停止となる。

その後、アンブレラとウィリアム・バーキンの間でGウィルスを巡っての内部抗争が勃発し、アンブレラ特殊工作部隊U.S.S.がラクーンシティ地下研究所のウィリアムを襲撃し、Gウィルスを奪取する。瀕死の重傷を負ったウィリアムは最後の手段としてGウィルスを自身に投与し、その結果、おぞましい変異を遂げGの怪物と化し、下水道内にてハンクを除くU.S.S.隊員達を殺戮していった。その際にウィリアムはT-ウイルスの入ったカプセルを破壊し、さらにそのTウィルスはネズミを媒介にしてラクーン市内に流出した。

こうしてウィルスは止めどなく蔓延していき、市民が危機感を覚えた時にはもうすでに手遅れの状態であった。町中がゾンビで溢れかえり、化け物たちが跋扈する地獄絵図となる。
やがて事態を重く見た大統領及び連邦議会は市全域の滅菌作戦を実行に移した。
街は核ミサイルによって一瞬にして崩壊したのであった。
街の崩壊後、アンブレラはその罪を咎められ、株価は暴落し、ラクーンシティの後を追うように消滅していった。

主な施設・機関


ラクーン市庁
街の中心部であり、正門には宝石があしらわれた時計が設置され敷地内にはマイケル・ウォーレンの像が置かれている。建物の入口は板で封鎖され入れない。

ラクーン警察署 - R.P.D. (Raccoon Police Department)
「2」の舞台となる警察署。元々美術館だった建物を警察署に改築したらしくあちこちに美術館時代の名残が見受けられる。何故かトイレが無い(「RE:2」ではトイレがきちんと設置された)。
ここの署長は人格が破綻しており、ある意味ゾンビよりも恐ろしい存在と言える。

ラクーンシティ総合病院
ラクーン市内唯一の病院。アンブレラの出資により設立された。地上四階、地下四階建て。かつては森の中にもう一つ病院が存在したが、後に違法な薬物を患者に使用していたことが発覚し閉鎖された。
優秀な医者が在籍していたようで、いち早く「人食い病」をウィルスの影響によるものと見抜き、ワクチンを開発し完成する一歩手前まで漕ぎ着けていた。最終的にニコライ・ジノビエフにより爆破される。

ラクーン市立公園
時計塔と病院のすぐ隣に有る公園。噴水や墓地、水上の遊歩道等が整備されている。墓地はグレイブディガーとの決戦の場でもある。入口に長い階段が有りお世辞にも高齢者や障害者に優しいとは言い難い。

ラクーン消防署
ラクーンシティ内を管轄する消防署。ラクーン事件の際は至る所で火災が発生し、消防員達が懸命の消化及び救助活動を行い多くの殉職者を出した。町の至る所に消防車が放置されている。少なくとも署員二名はヘリにより生還している。

セントミカエル時計塔
大天使ミカエルの名を冠した時計塔。教会としても知られており、絵葉書にもなっていた。
「3」にて脱出用のヘリがネメシスに撃ち落された場所でもある。

ケンド鉄砲店 (GUN SHOP KENDO)
バリー・バートンの友人であるロバート・ケンドが経営する鉄砲店。
ラクーン事件の際には市民に無償で武器を提供したため、店にはほとんどの武器が無くなっている。

孤児院
警察署の近くにある孤児院。あの警察署長が院長を兼任している。アンブレラ社の莫大な寄付によりかなり恵まれているが、その実態はアンブレラの研究所に提供する実験体調達のための施設。
ちなみにドラマCD『運命のラクーンシティー』の登場人物の1人であるボビーも孤児院に拾われた子供であるが、『RE:2』とリンクしているかどうかは不明。

ラクーン動物園
「アウトブレイクFiLE2」に登場。オフィス街から少し離れた、住宅地付近にある動物園。
市の名前にも冠されているアライグマをモチーフにした「ラクーンくん」がマスコット。
象のパレードや動物のショーが主な呼び物で、敷地内には二階建ての温室仕立ての植物園もあり、
平時は人々の憩いの場ともなっていたと思われる。
しかしウィルスによるゾンビ災害により、飼育されていた多数の動物・猛獣たちも凶暴なゾンビと化し…。

下水道・下水処理施設
ラクーンシティの地下にある巨大な施設。各モニターはコンピュータ制御されており、ラクーンシティの全体的な地下の目と化している。特に地下研究所の上層部に位置する秘密処理施設は、研究所からの汚染物質を浄化する重要な役目を果たしており、アンブレラの息が掛かった職員たちが管理している。民間人がごく稀に迷い込むことがあるが、これも「処理」されている。
また、T-ウイルスが街に蔓延するきっかけとなった場所である。

ラクーンシティ地下研究所(NEST)
ウィリアムと彼の妻アネットが密かにG-ウイルスの研究を行なっていた地下施設。リアクターやデジタル認証システムなど最新技術が惜しみなく導入されたアークレイ研究所以上の設備を誇る研究施設で、他にも様々な研究が為されていた。
なお、詳しい経緯は不明であるが、アンブレラの研究員の1人がラクーンシティを脱出する際にT-ウイルスとG-ウイルスの両方を持ちだしており、それがのちのハーバードヴィルにおけるバイオテロへと繋がってしまう。

洋館・アークレイ研究所
「1」の舞台となる全ての発端となった場所。
洋館は「オズウェル・E・スペンサーの私邸」という名目でジョージ・トレヴァーが設計・建築したものだが、実際には地下の研究所を隠匿するためのカモフラージュ施設に過ぎない。主にT-ウイルスを用いた生物兵器の研究開発が行われていた施設で、アンブレラの主要な研究所の一つだった。あのタイラントシリーズもここで開発されたT-002型の初期タイプがベースとなっている。
S.T.A.R.S.の五人が辛うじて逃げ延びており、後にそのS.T.A.R.S.を抹殺するために追跡者ネメシスがラクーンシティに投入される。

幹部養成所
「0」の舞台となったアンブレラ社の研究所兼幹部候補エリート養成施設で、アークレイ研究所に隣接した位置にある。所長はジェームス・マーカス。
元々はここでT-ウイルスの実験が行われていたが、アークレイ研究所の完成に伴ってジェームス・マーカスの実質的な私的研究施設となった。ウィリアム・バーキンやアルバート・ウェスカーもここで学ぶなど、多くの優秀な研究員を輩出したが、ジェームス・マーカスの暗殺とそれに伴う混乱で研究施設としては機能不全に陥って破綻、放棄・閉鎖された。
しかし、優秀な設備やマーカスの貴重な研究データが残されたままになっていたため、ウィリアム・バーキンの主導による施設の再利用計画が持ち上がっていた。

アンブレラ製薬工場
アンブレラ社の表の顔である市販薬を製造する工場。ある意味すべての元凶。この工場の誘致によって、田舎の小さな一地方都市に過ぎなかったラクーンシティは急速に発展していったが、同時に災いをも呼び寄せてしまった。

主な生存者

ラクーン事件の際に生き残った重要人物達。

ラクーン警察署の配属初日に事件に巻き込まれた気の毒な元警察官。現在はラクーンでの経験を買われ、合衆国エージェントとなっている。

レオンと共にラクーンシティを脱出した女子大生。クリス・レッドフィールドの妹であり、現在はNGO団体「テラセイブ」に所属している。

レオン、クレアと共に脱出した少女。ウィリアム・バーキンの娘でもある。
現在はレオンと同じく合衆国エージェントとなっている。

Gウィルス奪取の為に送り込まれた工作員。レオンと親密な仲になるも、運命はそれを許さなかった。脱出方法は「アンブレラクロニクルズ」にて、セルゲイ・ウラジミールらの乗るヘリに便乗していた事が判明。
現在もスパイをしている。

元S.T.A.R.S.隊員。地獄と化したラクーンシティから何とか逃げのびた。
現在はB.S.A.A.隊員。

ジルと共に脱出した「U.B.C.S.」D小隊所属。
ラクーンシティ脱出後の消息は不明。

Gウィルスを見事回収し脱出。
その後の消息は不明。

ジルとカルロスをヘリで迎えに来た元S.T.A.R.S.隊員。
現在はB.S.A.A.に所属している。
妻子も脱出している。

表向きはカルロスの同業者の“監視員”。
話の展開によっては死亡したりするが、「ガンサバイバー」と「アンブレラクロニクルズ」における報告書と手紙により生存が正史となった。

アンブレラの幹部。ウェスカーの元同僚。データベースを回収後、スペンサーらしき人物と共にヘリで脱出。

「5」に登場したチンピラ風の男。事件当時にラクーンにいたらしい。

「アウトブレイク」シリーズに登場した女性新聞記者。後に「7」にて彼女が書いた新聞記事が確認された事から、ルートによって生死が分かれる登場人物の中で唯一生存が確定した。

「ディジェネレーション」に登場した元アンブレラ社の研究員。事件当時、TウィルスとGウィルスを持ち出してラクーンシティを脱出。

関連タグ

バイオハザード ウィルス S.T.A.R.S.

アウトブレイク運命のラクーンシティー…ラクーンシティの一般人が主役である作品。

関連記事

親記事

バイオハザードシリーズ ばいおはざーどしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ラクーンシティ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33827

コメント