ピクシブ百科事典

ゾンビ(バイオハザード)

ぞんび

「ゾンビ」とは、ゲーム『バイオハザード』シリーズに登場する架空の生物である。
目次[非表示]

概要

ウイルスなどの生物災害によって、生ける屍と化した生物の成れの果て。
主にT-ウイルスに感染した人間のゾンビを指し、バイオハザードシリーズを象徴する看板雑魚クリーチャーだが、T-ウイルスの高い変異性によってより強力な存在に進化することもある。
また、近年ではゾンビと定義付けるには性質や発生経緯が微妙な敵がゾンビに代わって大量に出現する作品も増えており、必ずしも定番の敵というわけではなくなってきている。

バイオ1 ゾンビ
zombie



ゾンビを生み出すウイルス

T-ウイルス

アンブレラ社が開発した生物兵器で、バイオハザードでゾンビと言えばまずこのウイルスである。
生み出すゾンビはのろまで戦闘力が低いが、これはウイルスによって体組織が破壊されるからであるが、極限まで促進された急激な新陳代謝によって頭部以外を損傷してもなかなか死なない驚異的な生命力を得ており、単純な腕力自体は常人を上回っている。
その分、肉体の維持には莫大なエネルギーが必要となり、それを手っ取り早く摂取できるモノ…即ち「肉」を本能的に欲するようになり、ウイルスによって脳細胞の破壊が進んで理性が消失していくのに並行して、最終的には飢餓感のみで行動して人間を襲う「生ける屍」と化す。
基本的には生きた人間を優先的に狙うが、他に適当な獲物が居ない場合は死体を捕食する。
また、体内にT-ウイルスを保菌しているため、噛まれたり引っ掻かれたりすれば掠り傷でも感染は免れず、抗体かワクチンを持たない者は間を置かずしてゾンビと化してしまう。

同じゾンビに対する仲間意識は皆無で、ただ「興味がないから襲わない」だけにしか過ぎない。
そのためか、エネルギーの供給が間に合わなくなって動けなくなった個体は獲物と見做されるようになるらしく、他のゾンビに襲われて捕食される末路が待ち受けている。
初期ナンバリングタイトルを中心に猛威を振るい、ラクーンシティなどを壊滅させた。

なお、このゾンビは本来T-ウイルスの作用によって生み出された、副産物(犠牲者)に過ぎない存在であったが、その驚異的な生命力からラクーンシティに潜入したアンブレラの監視員の観察対象の一つとされており、生物兵器としての利用可能性(死者が蘇るという嫌悪感を利用しての相手の士気の低下、かく乱を用途として、捕虜にウィルスを投与して逃がし、敵陣でゾンビ化させるなど)がある旨の報告がされている。

C-ウイルス

カーラ・ラダメスが開発した新型の生物兵器で、これを空気感染で摂取するとゾンビになる。
このウイルスによって生み出されるゾンビは上記のT-ウイルスのものとは異なり、「身体能力が強化され、知能もある程度残される」という大きな違いがある。
このため、生前以上の俊敏な動きで獲物を追い詰め、更には簡単な武器を扱う程度の知能は保持されているため、その戦闘力・危険度は段違いである。
また、Tウイルス以上の凄まじい変異性を有しており、直接投与で変異するジュアヴォ同様生命の危機に陥った際に急速に別種のクリーチャーへと変異・復活することがある。
また、空気感染による発症であるためか噛みつきや引っ掻きによって感染することは無く、死亡すると死体が蒸発・消滅して残らないという点でも大きく異なっている。

派生種

Tウイルス系統

ゾンビ改

「バイオハザード2」に登場。Tウイルスの実験段階で人為的に生み出されたゾンビで、筋肉組織が剥き出しとなった人体模型のような奇怪な容姿が特徴。実質自然発生したゾンビのB.O.W.仕様とも言うべき強化版で、通常のものよりも攻撃力が強化されている。このゾンビがリッカーに変異したものが「リッカー改」になるとされている。「バイオハザードRE:2」には登場しないが、コンセプトアートにてこのゾンビ改らしき没クリーチャーが用意されていたことが分かる。

リッカー

突然変異によってゾンビから変異したクリーチャー。筋肉組織が剥き出しとなったような姿に鋭い爪と牙に長い舌を備え、視力が退化した代わりに聴力が発達している。運動能力はゾンビとは比較にならず、優れた走力と跳躍力を有し、壁や天井に張り付いたまま難なく移動する。その高い戦闘力からB.O.W.に転用され、様々な亜種が後の作品にも登場している。

クリムゾン・ヘッド

生命状態の危機に陥ったゾンビが「V-ACT」現象による突然変異により、休眠期間を経て変異・復活したもの。全身の細胞が再構築されているため、最早「ゾンビ」と定義するには別物のクリーチャーとも言える。そのHPと機動力は通常のゾンビの比ではなく、素早い動きで接近して両手から生えた爪で獲物を切り裂く。仲間のゾンビにすら危害を加えるほどに凶暴化している。

ペイルヘッド

「バイオハザードRE:2」のエクストラコンテンツに登場する変異種。突然変異によって驚異的な再生能力を得たゾンビで、全身の体毛が抜け落ちたような外観となった代わりに、通常のゾンビにある肉体の腐敗などがほとんど見られず、動きも素早くなっている。その回復速度の速さは、ハンドガンやナイフ程度で削り切れるものではなく、強力な武器でなければ倒し切ることは難しい。

Cウイルス系統(ゾンビ変異体)

ブラッドショット

赤く染まった部分を持つゾンビを倒すと、その場で変異することがあるクリーチャー。全身の筋肉組織が剥き出しとなった姿は「リッカー」を彷彿とさせ、通常のゾンビの上位種に位置づけられる。弱点は心臓に位置する部分にあるコア。ゾンビよりも更に機敏な動きと強力な攻撃、高い耐久力を備えるが、タイミングはシビアながら、カウンターで容易く倒すことも可能。

シュリーカー

首が膨れ上がって長い袋のように発達した異形のゾンビ。直接戦闘能力は低いが、袋に溜め込んだ空気を一気に放出して特殊な絶叫を響かせて獲物の動きを封じつつ、周囲のゾンビを一気に活性化させるという厄介な性質を有する。しかし、空気を溜め込んでいる袋を破壊されると、周囲のゾンビを即死させる絶叫を放ちつつ死亡するため、群れを一網打尽にすることが可能。

ウーパー

異常なまでに肥満化・巨大化した異形のゾンビ。肥満患者の如くブクブクに太った肉厚なボディには攻撃が通用しにくく、耐久力も高い。身体が大きいのでゾンビお得意の噛み付き攻撃よりも、パワーと質量に任せた肉弾攻撃で暴れ回り、進路を塞ぐ障害物として登場することもある。強敵だが重い身体故に脚への攻撃に弱く、両脚を破壊されるとしばらく動けなくなり、大きな隙を晒すようになる。より巨大化・強化された「ウーパー・シュリーム」という上位種も居る。

その他

ゾンビではないが、他のウイルスや寄生生物によって生み出された雑魚敵の中には、ゾンビに相当するものとして大量に出現する個体が数多く存在する。

関連タグ

バイオハザードシリーズ ゾンビ かゆいうま リッカー B.O.W.

関連記事

親記事

バイオハザードシリーズ ばいおはざーどしりーず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゾンビ(バイオハザード)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 91974

コメント