ピクシブ百科事典

ゾンビ(バイオハザード)

ぞんび

「ゾンビ」とは、ゲーム『バイオハザード』シリーズに登場する架空の生物である。
目次[非表示]

概要

ウイルスなどの生物災害によって、生ける屍と化した生物の成れの果て。
主にT-ウイルスに感染した人間のゾンビを指し、『バイオハザード』シリーズを象徴する看板雑魚クリーチャーだが、T-ウイルスの高い変異性によってより強力な存在に進化することもある。
また、近年ではゾンビと定義付けるには性質や発生経緯が微妙な敵がゾンビに代わって大量に出現する作品も増えており、必ずしも定番の敵というわけではなくなってきている。

ゾンビを生み出すウイルス

T-ウイルス

アンブレラ社が開発した生物兵器で、バイオハザードでゾンビと言えばまずこのウイルスである。
生み出すゾンビはのろまで戦闘力が低いが、これはウイルスによって体組織が破壊されるからであるが、極限まで促進された急激な新陳代謝によって頭部以外を損傷してもなかなか死なない驚異的な生命力を得ており、単純な腕力自体は常人を上回っている。
その分、肉体の維持には莫大なエネルギーが必要となり、それを手っ取り早く摂取できるモノ…即ち「肉」を本能的に欲するようになり、ウイルスによって脳細胞の破壊が進んで理性が消失していくのに並行して、最終的には飢餓感のみで行動して人間を襲う「生ける屍」と化す。
基本的には生きた人間を優先的に狙うが、他に適当な獲物が居ない場合は死体を捕食する。

同じゾンビに対する仲間意識は皆無で、ただ「興味がないから襲わない」だけにしか過ぎない。
そのためか、エネルギーの供給が間に合わなくなって動けなくなった個体は獲物と見做されるようになるらしく、他のゾンビに襲われて捕食される末路が待ち受けている。
初期ナンバリングタイトルを中心に猛威を振るい、ラクーンシティなどを壊滅させた。

なお、このゾンビは本来Tウイルスの作用によって生み出されてた、副産物(犠牲者)に過ぎない存在であったが、その驚異的な生命力からラクーンシティに潜入したアンブレラの監視員の観察対象の一つとされており、生物兵器としての利用可能性(死者が蘇るという嫌悪感を利用しての相手の士気の低下、かく乱を用途として、捕虜にウィルスを投与して逃がし、敵陣でゾンビ化させるなど)がある旨の報告がされている

C-ウイルス

カーラ・ラダメスが開発した新型の生物兵器で、これを空気感染で摂取するとゾンビになる。
このウイルスによって生み出されるゾンビは上記のT-ウイルスのものとは異なり、「身体能力が強化され、知能もある程度残される」という大きな違いがある。
このため、生前以上の俊敏な動きで獲物を追い詰め、更には簡単な武器を扱う程度の知能は保持されているため、その戦闘力・危険度は段違いである。
また、死亡すると死体が蒸発・消滅して残らないという点でも大きく異なっている。

その他

ゾンビではないが、他のウイルスや寄生生物によって生み出された雑魚敵の中には、ゾンビに相当するものとして大量に出現する個体が数多く存在する。

関連タグ

バイオハザード ゾンビ かゆいうま

pixivに投稿された作品 pixivで「ゾンビ(バイオハザード)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16753

コメント