ピクシブ百科事典

目次[非表示]

バイオハザード2』及びその関連作品登場した植物型B.O.W.。あのプラント42の後継型でもあり、正式名称はプラント43。名前の意味はツタを意味する「Ivy」からきている。
リメイク版『バイオハザードRE:2』での設定が大幅変更されている。

リメイク前

自立歩行できるバケモノ植物、研究所の雑魚敵として登場する。
空気中の有害物質の影響を受けやすいらしく、研究所内部にある「P-εガス」をすると弱体化される…が、その場合裏編でのイビーが毒イビーに進化する。
慣れたプレイヤーは、表編では散布せずに裏編で行う。
蕾を持つ触手と化した腕をぶん回して攻撃したり、花になった頭部から消化液を飛ばすという遠距離攻をしてくる。また、一瞬で振り返ることが出来るため背面からでも油断は出来ない。近距攻撃で死亡した場合、主人公の首を溶かすというかなりグロい殺し方をする。

銃弾による攻撃には強いが、植物だからか火に弱く火炎放射器や火炎弾が有効。所持しているなら、これらの武器で焼き払ってしまうと良い。普通に倒すと、近くを通ろうとする際にツタが反応して攻撃されてしまうが、火炎放射器、グレネードランチャーの火炎弾、ロケットランチャーで倒した場合は攻撃されない。
これらの武器の使えないハンク及び豆腐編ではエリアを切り替えると死体が消えて無くなるのを利用すれば安全に通過できる。
ただし、豆腐の場合は武器がナイフだけで回復アイテムに乏しいため、特に毒イビーは天敵レベルの難敵となる。

リメイク後

センシティブな作品


「プラント43」と「イビー」それぞれ個別のクリーチャーとして設定された。プラント43が42を彷彿させる巨大植物、イビーがプラント43が自身の種を運ぶべく生み出した植物化された人間ゾンビ。ウイルス流出事故が起きた事でプラント43が暴走した際に職員を殺し回った際に産まれた。

(43暴走時に)逃げ延びた研究者曰く「果実にされた」との事で、プラント43のツタが広がっているエリアに植物に冒された死体や、まるで植物に絡まれ括り殺されたような死体がぶら下がっているが、これらがイビーである。攻撃もしくは本編を進めると落ちて活動を始める。

今作のイビーは消化液のような遠距離攻撃やリーチのある触手攻撃が無い変わりに掴み技が即死攻撃(しかも、本作のゾンビ等と同様に掴みの吸い込み範囲が広い)で、サブ武器がないと脱出不可能。殺し方も食虫植物のハエトリソウのごとく縦に頭部ごと口が大きく開き相手の顔面を噛み砕くという、リメイク前に負けず劣らずかなりエグい。体中の球茎を全て破壊出来れば確定ダウンできるが、この場合は時間経過で復活する。

一応植物だから、炎系の武器で黒コゲにすれば復活しない。ただし完全に燃やすにはそれなりに炎で炙らなければならず、更に「枯草剤完成」や「プラント43枯死後」などのシナリオ進行後も増援は引き続き登場する。
避けにくい上に即死する掴みかかりが「5」のリーパーを、倒しても復活する難敵という点は「6」のラスラパンネを彷彿とさせる。

関連タグ

バイオハザード B.O.W. プラント42

植物人間 文字通り

関連記事

親記事

バイオハザード2 ばいおはざーどつー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「イビー(バイオハザード)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2517

コメント