2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

お前も黒く染まれ

概要

前作「アンブレラクロニクルズ(以下:UC)」に続くWii専用のガンシューティングゲーム。略称は「DC」。後にバイオハザードクロニクルズになってプレイステーション3専用のHDリマスターが発売された。

2」と「4」の間を描くオリジナルストーリー「オペレーション・ハヴィエ」を主軸に、その合間に「2」の物語を描いた「滅びし町の記憶」、「CV」の物語を描いた「忘却のゲーム」が展開される。ある条件を満たすとなんと…?

Pixivではほとんど「オペレーション・ハヴィエ」に関するイラストにつく。
イメージソングは清春LAW,S

UCとの違い

・武器は十字又はヌンチャクのレバーで変更。それに伴いクイックで装備できる武器が4つになった
・入手したハーブは携行でき、好きな時に使用可能
・ハンドガンが改造可能
・ヘッドショットの難易度が上がった
リッカームキムキ
・クリア後のランクで手に入る星ではなく、道端に落ちてる金で装備を改造する
・ゾンビがちゃんと噛みついてくる(UCのゾンビは殴ってくる)

オペレーション・ハヴィエ

時系列は2と4の間。レオンが南米で生物実験をしているらしい麻薬王のおじさん(ハヴィエ・ヒダルゴ)を倒すためにクラウザーと一緒に南米に向かうとそこは既にゾンビとB.O.W.の巣窟、そこで出会った生き残りのマヌエラと一緒にハヴィエを追う。
...というのが大まかなあらすじ。
時系列的にその後の物語となるバイオハザード4に登場するクラウザーの闇堕ちの経緯となる過去も明らかになるといった見所なシーンがあるので実際に遊んで彼の闇堕ちの真相を確かめてみよう。

関連タグ

バイオハザード ガンシューティング レオン・S・ケネディ ジャック・クラウザー マヌエラ(マヌエラ・ビダルゴ) ハヴィエ・ヒダルゴ ヒルダ・ヒダルゴ V・コンプレックス コードベロニカ 南アメリカ(南米)

時系列

日付  出来事
1998年7月22日黄道鉄道事件
7月23日洋館事件
9月Gウイルス争奪事件追跡者(ネメシス)投入アウトブレイクによるラクーンシティ崩壊。
11月シーナ島事件
12月アンブレラ南極基地崩壊
2002年“オペレーション・ハヴィエ”、スペンサーレイン号ジャック
2003年アンブレラ終焉
2004年米大統領令嬢誘拐事件テラグリジア・パニック
2005年ハーバードヴィル空港バイオテロテロ組織ヴェルトロ復活?
2006年スペンサー邸突入作戦
2009年キジュジュ自治区バイオテロ
2010年フィロソフィー大学バイオテロ
2011年東スラブ独立運動テラセイブメンバー拉致事件
2012年マルハワデザイアヘヴンリーアイランドイドニア紛争
2013年世界規模のバイオテロ
2014年血塗られた復讐の物語
2017年ルイジアナ州における謎の失踪事件
2021年クリス・レッドフィールドがウィンターズ家を襲撃








余談

過去のストーリーは「レオンの記憶」として語られる(CVはクリスから聞いた話として)。そのため、多少オリジナルとは違う演出、ストーリーがあるが、それに納得できない方は「レオンの記憶だから」と考えればなけるぜ。

関連記事

親記事

バイオハザードシリーズ ばいおはざーどしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 195855

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました