ピクシブ百科事典

ディジェネレーション

ばいおはざーどでぃじぇねれーしょん

「バイオハザード ディジェネレーション」とは、2008年に公開されたフルCG映画。
目次[非表示]

概要

バイオハザード ディジェネレーション』(Resident Evil: Degeneration)とは、カプコンのバイオハザードシリーズを原案とした全編フルCGの映画であり、「バイオハザード4」の後日談に位置付けられ、「バイオハザード5」に登場する新企業「トライセル」がわずかであるが登場し、5に繋がる重要なストーリーでもある。

ストーリー

2005年、製薬会社『アンブレラ』は、自社が開発した『T-ウイルス』により引き起こったラクーンシティ事件によって業務を停止され崩壊、しかしそれによりt-ウィルスをはじめとした生物兵器がテロリストの手に渡り、世界各地でバイオテロが発生していた。
事件の生還者であるクレア・レッドフィールドは、NGO団体『テラセイブ』に所属して世界中を飛び回り、バイオテロや薬害の被災者の救済活動に尽力していたが、ある日、ハーバードヴィル空港へ降り立った際に、利用客の中に1人のゾンビを発見し、そのゾンビに噛まれた空港警察官を皮切りに次々と感染者が増大し、空港は大パニックとなった。
これと同じ頃、アメリカ政府に対してテロリストからの犯行声明が届き、テロリスト達は政府が隠蔽している7年前のラクーンシティ消滅事件の真相を、大統領が公表することを要求し、要求を拒否した場合t-ウィルスをアメリカ全土へ撒き散らすと政府を脅迫してきた。
事態を重く見た大統領は、クレアと同じくラクーンシティ事件の生還者である直轄エージェントのレオン・S・ケネディをハーバードヴィルへ向かわせ、レオンとクレアはラクーンシティ事件以来の再会を果たすこととなる。

主要登場人物

レオン・S・ケネディ

クレア・レッドフィールド

アンジェラ・ミラー

・グレッグ・グレン

・ラーニー・チャウラー

・ロン・デイビス

フレデリック・ダウニング

カーティス・ミラー

関連動画

バイオハザードシリーズの大ファンであるフリーアナウンサーの鈴木史朗さんは、本作の公開に伴って作品を一足先に鑑賞し、感想を語っている。



関連タグ

バイオハザード G生物

本作⇒バイオハザード ダムネーションバイオハザード ヴェンデッタ

関連記事

親記事

biohazard ばいおはざーど

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ディジェネレーション」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32379

コメント