ピクシブ百科事典

トライセル(バイオハザード)

とらいせる

トライセルとはゲーム『バイオハザードシリーズ』に登場する製薬企業。メイン画像にある五角形のロゴ。実際の色はイラストとは異なります。
目次[非表示]

概要

公式設定ではバイオハザードシリーズ(時系列上のCG映画作品を含む)にも登場する製薬企業連盟に加入している製薬企業のひとつである。
初登場した作品はバイオハザード5
本拠地はアンブレラ社と同様、ヨーロッパ当たりだと考えられる。本編では支社がアフリカにある事は判明している。
本企業のコーポレートロゴとなるものは藍色水色黄緑五角形マーク亀の甲羅の模様に見えるデザインになっている。
マークの意味は企業の基礎(基盤)となる部門が三つあることのトライと英語のCellにはコンピューターの基盤に組み込まれている部品の事を指しているワードを組み合わせた造語の企業名である。

トライセルの歴史

以下は時系列順にトライセルの歴史についてまとめたものである。

トラヴィス商会時代(19世紀頃)
一つ目にあたる『海運』の基礎から始まった海運貿易会社として存在した『トラヴィス商会』を代表とする人物ヘンリー・トラヴィスがアフリカへ探索をしに行った後、見聞録として『博物総覧』を出版した。アフリカにて鉱物資源の開発に乗り出した。この時期に二つ目にあたる『資源開発部門』を誕生させた。
(20世紀なかば)
前世紀に出版された『博物総覧』を基にアフリカの動植物の採取に乗り出した。当時期に最後の三つ名にあたる『製薬部門』の基礎が誕生した。(この時点では『アンブレラ社』は設立前にあたる時代)
トライセル時代(1960年頃)
『トラヴィス商会』は『海運』、『資源開発』、『製薬』の三本柱複合企業であることを示す現在の『トライセル』へと社名変更した。
1966年~2003年
アンブレラ社壊滅後の空白時期
2003年
H.C.F.に所属しているウェスカーが『トライセル社』へ来日し、彼が持参したアンブレラ社から回収した『U.M.F.-013』に記録された研究情報を提供し、トライセルの『製薬部門』がB.O.W.分野で躍進をした。ウェスカーを側近となったトライセル社の幹部エクセラ・ギオネの立場が強化され、アフリカ支社の代表取締役となった。
※以降についてはバイオハザードシリーズの『歴史』を参照。

関連タグ

バイオハザードシリーズ 油田 キジュジュ自治区 アンブレラ(バイオハザード) アフリカ 製薬企業

エクセラ・ギオネ リカルド・アーヴィング アルバート・ウェスカー H.C.F. 製薬企業連盟

ネタバレがありましたら、改行を行っての執筆をして下さい、お願いいたします。

関連記事

親記事

バイオハザード5 ばいおはざーどふぁいぶ

兄弟記事

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました