ピクシブ百科事典

BSAA

びーえすえーえー

BSAAとは、カプコンのホラーアクションゲーム『バイオハザード』シリーズに登場する対テロ組織である。※バッサとは読まない。
目次[非表示]

概要

バイオハザードシリーズに登場する世界規模の対テロ組織であり、正式名称は『Bioterrorism Security Assessment Alliance』で略して『BSAA』と呼ばれ、名称の通り生物兵器を使用したバイオテロ専門の対策部隊である。欧州に本部を置く。
英語の発音の綴りは『バイオテロリズム・セキュリティ・アセスメント・アライアンス』と読む。

経緯

元々は、ラクーンシティ事件が原因となり、アンブレラ社が瓦解したことによって、世界中に拡散してしまったT-ウイルスB.O.W.をはじめとした生物兵器が、テロに悪用されるという事態に直面し、製薬会社の組合である『製薬企業連盟』が批判逃れを目的に共同で資金を拠出して結成されたNGO団体だった。そのためリベレーションズ時点ではまだ軍組織ではないからか、プロジェクトクロスゾーン2に登場した際のクリスは「俺たちは軍人じゃない。」と言及していた。

その当時はまだバイオテロに関する事案はオブザーバーとしてでしか関わることができず、先にアメリカ政府主導で設立されていた同じく対バイオテロ組織である『FBC』の補助的な役割でしかなかったが、クイーン・ゼノビア事件が原因でFBCが解散し、その装備・人員の大部分がBSAAに吸収されたことと、このままバイオテロの脅威が増していけば、オブザーバーや補助的な役割では限界があり、対応できないと判断され、直接的にバイオテロを鎮圧する実動部隊を編成するために新たに動き出した。

しかし、民間のNGO団体が、他国への捜査や入国を行うのは困難であることから、即応的かつ場所や国を問わずにスムーズかつ迅速に対応・対処できるように、国連加盟国がBSAAに対し、バイオテロに関しての事件が起こった際は制限なく活動する権限を与えることを、一部の国は条件付きではあるが大半の国家が承認し、国連傘下の組織として再編された。
なお、実質的な公的機関となった後も「加盟国に多額の負担金を強いながら出資することは難しい」という理由で国連ではなく未だに製薬企業連盟が資金を出しているらしく、こうした状況を批判する声が多く上がっているとのこと。

所属する隊員は、各国の軍隊や治安・諜報機関などの所属経験者で構成され、発生した生物兵器の駆除を行う実働戦闘部隊『SOU』と、そのバックアップや生物兵器を使用・密売する組織の調査や諜報活動を行うエージェント『SOA』とに大きく分けられ、隊員一人の行動範囲がレベルで決められており、優秀な隊員は組織の創設メンバーであるクリスジルなど11人のメンバー「オリジナル・イレブン」と同様に、支部を越えた捜査や作戦の参加が認められる。

『ヴィレッジ』では装備が7の青アンブレラに近いものになっており、トールハンマーを使用する。

所属メンバー

オリジナル・イレヴン


その他

リベレーションズ

バイオハザード5

リベレーションズ2

バイオハザード6

BIOHAZARD THE STAGE

マルハワデザイア

ヴェンデッタ


関連タグ

バイオハザードシリーズ
バイオハザード テロ対策
特殊部隊 国際警察 バイオテロ

テラセイブ…同じくシリーズの主人公が所属している反バイオテロ組織。

プロジェクトクロスゾーン プロジェクトクロスゾーン2…2作続けて森羅に出向し共同戦線を張る










以下最新作でのネタバレ注意























最新作のバイオハザードヴィレッジにて、そんなBSAAも黒い裏側を抱えている事が明らかになってきた。



バイオハザード7で発生したベイカー邸事件だが、この事件についてBSAAは隠蔽措置をとっていた
まず事件が発覚した直後、現地の保安局長に掛け合い現場周辺を州兵によって二日以上閉鎖させており、マスコミにも圧力をかけ詳細な報道を控えさせていたようだ。
数日後には事件はカバーストーリーにより「硫化水素ガスの流出事故」と発表され、生存者であるイーサンミアは失踪扱い。ゾイに至っては、ベイカー一家やその他犠牲者と同様に死亡したものとされてしまった。
そして生き残った彼らに偽名と身分証を与え、別人として生きるよう言いつけたのである。
事件の裏側に「何か大きな力」が働いていると感じ、不信感を抱いたゾイの調査によって、以上の事実が明らかにされることとなった。

また、この事件の発端がBSAAにあることが発覚する。新型B.O.W.エヴリンの殺害を目的としコネクションの拠点への奇襲を計画していたが、これを察知されてしまい彼女の移送を許してしまったのだ。
しかしこの移送中に監視役の一人のミスによってエヴリンが脱走した挙句に暴走し、大破したタンカーは漂流しルイジアナ州ダルヴェイへと漂着。そしてエヴリンと生き残ったもう一人の監視役がベイカー一家に保護されたことで、彼らが言うところの「偶発的な汚染事故」が発生したのだった。

すなわち、BSAAとコネクション側の双方のミスが重なった事で事件に発展したと言えるのだが、BSAA側の失態の事実が発表された場合、「組織への責任追及は避けられないと思われる」としてBSAAがとったのが「事件の隠蔽」という横暴な処置だったのだ。
皮肉にもそれは、かつてのアンブレラの過ちと一致するものであった。
(捏造された報道については『ヴィレッジ』の最序盤、イーサンの家を歩き回るパートで確認できる他、DLCパックにゾイのレポートが収録されている)
クリスもまたそれらの件から不審感を抱き始めたようで、BSAA内でハウンドウルフ隊を結成、機密情報にもアクセスするなど独自の行動をとり始める。

さらに劇中でも、イーサンミアの両名の扱いにも不審な点が見られる。
前述の通り失踪扱いとされた二人は「犯罪組織から狙われている」との説明を受け、ヨーロッパに移住させられBSAAの監視下で暮らしていた。だが実際には、彼らの所在はその犯罪組織にリークされていた上に、そのために娘のローズが産まれて間もなく、ミアが人知れず別人と入れ替わる事態となってしまった。
先の拠点襲撃時と言い、情報管理の杜撰さはもはや意図的なものにすら感じられる。

極めつけに、『ヴィレッジ』終盤にはなんとBSAAが派遣した兵士がB.O.W.(姿からしてタイラント系統と推測される)であったと判明する。
生物兵器から世界を守るはずの彼らがB.O.W.を、それもよりにもよって「アンブレラの象徴」というべきタイラント型を運用・使役する有様は、BSAAの実態が大きく変貌したことを暗示しているかのようであった。
かつてFBC長官のモルガン・ランズディールが口にした「BSAAは大きな間違いを犯しているぞ」という言葉が皮肉な形で現実味を帯びてしまったと言える。

明らかに組織の様子がおかしくなっていることを危惧したクリスは、上述したハウンドウルフ隊のメンバーなど一部の信用が置ける仲間を率いてBSAAの脱退を決意。
そして、その欧州本部へ向かうことを決断するのだった。

ちなみに『7』以前にテラセイブ似たような状況となっていたが、あちらは一部のメンバーがしでかした背信行為によるものであり、最終的に陰謀が潰えた事から現時点では正常に運営していると思われる。

関連記事

親記事

バイオハザードシリーズ ばいおはざーどしりーず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「BSAA」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「BSAA」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 214462

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました