ピクシブ百科事典

ジャック・ベイカー

じゃっくべいかー

ジャック・ベイカーとは、ゲーム『バイオハザード7』の登場人物。
目次[非表示]

「お前も家族だ」
演:ジャック・ブランド/山路和弘

概要

本作の敵キャラクターのひとり。
物語の舞台であるベイカー農場の主。妻のマーガレット、息子のルーカス、その他大勢の「家族」と共に暮らしている。

行方不明の妻を探して農場へやってきたイーサン・ウィンターズを捕縛し、彼を家族として住居に連れ込むが、イーサンは一時の隙をついて捕縛を解いて脱走。以降は、邸内からの脱出を図るイーサンの前に神出鬼没に現れ、凶器を振るって襲い掛かる。

なお、本作の体験版においては、殆どのルートにおいて最終的に彼から前述の台詞と共に背後からパンチをお見舞いされる(通称「ファミリーパンチ」)。
そのため、発売以前からネット上では「ファミパンおじさん」というあだ名で呼ばれている。

人物像

丸眼鏡をかけた初老男性。髪は白髪混じりで額から頭頂部にかけてがハゲ上がり、口ひげを蓄えている。

老齢であることに加えて血色の悪い外見から虚弱な印象を受けるが、黒幕によって与えられた怪力と再生能力によりその暴力は留まるところを知らない。また、それを差し引いても、元々の生業が農場経営という重労働であるのに加え、邸内に飾られた写真などから青年期には海兵隊に所属していた元軍人で、尚且つフットボールを趣味としていたらしく、衣服の下は逞しい体つきをしている。身長も180cmあるイーサンより更に頭一つ分ほど高く、彼からは「大男」とも評されている。

その他、前述のファミパンをはじめ、作中ではたびたびイーサンらの背後をとり、相手の不意を突いて強襲する戦法を得意としている。

「家族」という概念に異常な執着を持っており、自身の敷居を跨いだ人間を尽く捕縛し、無理やり家族としている。ベイカー家の中で最も発言権が強く、家族にも外来者にも支配的な振る舞いをする。その異常性は発売前のティザームービーでも強調されており、食材も定かでない不気味な料理(彼曰く“何よりのごちそう”)の並ぶ食卓を囲み、主人公が食べるのを拒否して吐き出した際にはナイフを顔に突き立てて制裁を加えている。

以下ネタバレ

ここから先は本編のネタバレを含みます。










































彼ら家族が変貌した原因である「菌」の存在を知ったイーサンは、その抗体となる「血清」を生成するため、その材料を求めて邸内を捜索することになるが、その間もジャックをはじめとする家族はイーサンを付け狙い、発見するやいなや喜々として襲い掛かってくる。

また、ジャックの場合はシナリオの節目で三度に渡りイーサンの前に立ちはだかる。

第一戦はガレージにて。
通報を受けて駆けつけた地元の保安官(補佐)に偶然接触したイーサンが、彼に保護を求めてガレージにて落ち合うが、両者が揉めている最中に出入り口のシャッターを下ろし、保安官を背後からスコップで頭部を抉るようにして殺害。そのままイーサンとの戦闘となる。

途中、イーサンがガレージ内の車(イーサンが乗ってきた自家用車)に乗り込み逃走しようとするがこれを邪魔し、幾度と轢かれてもなお平然と立ち上がり、更には助手席に乗り込んでハンドルの主導権を奪い暴走。突き出た鉄骨に突っ込んでイーサンもろとも叩き潰そうとまでした。イーサンは辛うじて脱出したものの、ジャックは鉄骨に叩きつけられ、更には大破した車が炎上し死亡したかにおもわれたが、それでもなお平然と立ち上がり襲いかかる。

最後は、梯子でガレージから脱出しようとするイーサンを捕まえ「面白いものを見せてやる」と彼の拳銃で脳天を撃ち抜き倒れ込んだ。

第二戦は死体保管所。
扉の鍵であるケルベロスのレリーフをエサにイーサンの背後を取り、彼を部屋中央の鉄格子に囲まれたケージのような場所へ蹴落とし、自身もその場に入り対戦する。当初は前の戦闘同様にスコップを用いるが、一定ダメージを与えると巨大なチェーンソーハサミを取り出して襲い掛かる。ちなみに、死体保管所には第一戦で殺された保安官がつるされている。

最終戦では菌の影響か、目が異様に多い異形の化け物となって登場。
血清を生成した直後のイーサンたちを発見し、その巨体でイーサンのみを引きずり出し、最後の対決を挑む。これまでの面影すらない異形の姿に変貌し、尚且つ二度も仕損じた上に、を殺したイーサンに対して怒りを露わにしているが、人語を喋り、娘のゾイ(イーサンに血清を生成するように促した協力者)にあとで説教すると決定づけるなど、割と人格は保っている(これに「いい加減しつこいぞジャック」と返せるイーサンもイーサンだが)。

最期はゾイの指示で血清を打たれ、怒りと苦しみにのたうち回った挙句、身体が石化し倒壊しとうとう息絶えた。

更にネタバレ
























その後、黒幕に囚われ意識を失ったイーサンの精神世界にゾイと共に現れる。
このときのジャックは菌(黒幕)の呪縛から解放され平静を取り戻しており、眼前に現れたジャックに身構えるイーサンを宥め敵意はないことを説得し、自分たち家族が変貌した経緯を語る。

彼ら一家は、当時ダルウェイ近郊を襲った大嵐の影響を受け居住地近辺の巡回を行なっていた。その際、沼地に流れ着いた船の近くで、イーサンの妻ミアと、今回の事件の黒幕である「エヴリン」を発見し、善意から二人を保護した。しかし、エヴリンによって菌を感染させられたことで、精神の支配により「家族」にされ狂気に憑りつかれた、というのが事の真相だという。エブリンという存在を脅威としているものの、ただ家族が欲しいと望んでいる彼女の心にも理解を示しており、イーサンに対しても、彼女を「止めて」ほしいと懇願しているなど、本来は荒事を好まない温和で心優しい穏やかな人物であることが窺える。

なお、「殺したかったわけじゃないんだ、妻も息子も、もちろん娘もだ」という発言から、息子のルーカスが元来より残虐なサイコパスとしての気質を持ち合わせていたことについては知らなかった模様(ルーカスがこれまでの生活の中で家族にバレないよう振る舞っていたと考えられる)。

洗脳される直前のベイカー家を描いたDLCドウターズ』では、民宿を開くのが夢だったと語っている。

その他

本作の発売に際して行われた各イベント会場では、彼の等身大の立体像が再現・展示されており、名実ともに本作の顔として扱われている。主人公を差し置いて

その影響か、販売元であるカプコンでは、2017年の年賀状イラストにおいても彼が登場。
モンスターハンターストーリーズの主人公」「めがみめぐりツクモ」と茶の間でコタツを囲み、一緒にみかんを食べている。本編とは全くかけ離れた、ファンシーにデフォルメされた可愛らしい作画ではあるものの、血色の悪い顔色や片手に持った凶器のスコップはそのままである。

更にはDLCとして『Jack's 55th Birthday(訳:ジャックの55回目の誕生日)』なるミニゲームシナリオが登場。プレイヤーはミアを操作して、空腹を訴えるジャックのために制限時間内に各ステージ内の食べ物を集めて一定のポイントを稼ぐという内容。誕生日ということもあってか、ジャックや登場する敵キャラたちは皆パーティーキャップや中折れ帽などでおめかしをしていたり、屋敷内では軽快なジャズミュージックが流れていたり、ジャックが「腹が減ったぞ。何をもたもたしてるぅ~」「さっさと食わしてくれよぉ~」とコミカルな口ぶりで話したり、ミアもミアで「OK!」「やったー!」など普段より明るい声を発するなど、とにかく色々とカオスである。

関連タグ

バイオハザード7 バイオハザード
敵キャラ ボスキャラ 哀しき悪役
ファミパン

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャック・ベイカー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 79401

コメント