ピクシブ百科事典

マーガレット・ベイカー

まーがれっとべいかー

マーガレット・ベイカーとはバイオハザード7の登場人物である。
目次[非表示]

曖昧さ回避

日丸屋秀和の漫画『ちびさんデイト』の登場人物
マーガレット・ベイカー(ちびさんデイト)

概要

演:サラ・コーツ/伊藤磨紀

本作の敵キャラクターのひとり。
ベイカー農場の主ジャック・ベイカーの妻で、長男のルーカスと、その他たくさんの「家族」と共に暮らしている。


人物像

外見は至って普通の50代の女性。髪はボサボサになっており、ジャック同様肌の血色が悪い。
だが特異菌に感染した影響で荒廃的な見た目にそぐわず、自分より体格のあるイーサンをふっ飛ばすほどの怪力を持っている。
表向きは温厚で一見親切そうに見えるが、実際は短気で口が悪く、些細なことや少しでも意に沿わないことをされると激昂して怒鳴りながら悪態を吐くなど非常にヒステリックな女性。

彼女が作る食事はクランシーからは「クソみたいな匂い」と言っており、何度も食べると死んでしまうなど、通常の人間ならとても食べれるものではない事がわかる。
本編のファイルにもベイカー邸に監禁されたトラヴィスという男性が彼女の料理をクソ料理のせいで体がおかしいと綴っており、モールデッドに転化させる時間を早める効果もあるようだ。

物語序盤の食卓のシーンでは、新しい家族であるイーサンのために「ごちそう」を用意するが、口に運ばれたその料理をイーサンが吐き出すと火が付いたように怒り狂い、口汚く彼を罵倒しながらその場から姿を消してしまう。

その後、イーサンが一時の隙をついて束縛から脱して以降は、ランタンを片手に邸内を移動し、イーサンと、同じく地下から脱出した彼の妻ミアを追跡する。

以下ネタバレ

ここから先は本編のネタバレを含みます!






















蟲を自分の子のように愛好し操ることができる能力を得ており、ベイカー邸旧館にてイーサンを発見すると彼らをけしかけて攻撃する。

一度はイーサンに倒され、その直後に液状となり消滅したかにおもわれたが、更にその後は手足が異様に長く、下腹部が大きく膨らんだ蜘蛛のような異形の姿に変わる。再戦時にはその長い手足で廃屋となった別館を縦横無尽に這いずり回り、隙を突いて強襲する。更には腹部から蟲を産卵し、イーサンにけしかける。

最期は体が石化するように固まった後に塵のように倒壊し消滅した。


更なるネタバレ






















後にイーサンの精神世界に現れたジャックによれば、自身やマーガレットたち家族は皆、本作の黒幕である「エヴリン」の散布した特異な「菌」によって精神が操られていたことが語られている。実際、DLCシナリオ『ドウターズ』では操られる以前の家族の姿が描かれている。
この時は正常であったためか髪の毛も整っており、普通の料理を作っている。
また、悪態をつくルーカスを諭すように宥めるなど、元々は夫と同じく温厚で心優しい女性である。
ただし、本編においてマーガレットの部屋を調べると、変貌する以前に通っていた医師からの手紙があり、その中では彼女がこの頃から幻覚や幻聴の症状をみられたことや、すでに特異菌に感染していたことなどが綴られている。

エヴリンにより一番最初の餌食とされ、バスルームに一人でブツブツとつぶやきながら立ち尽くしていたところを娘のゾイに発見され、振り向きざまに顔中に百足や芋虫の這いずる不気味な形相で襲い掛かる。
感染後の彼女は、エヴリンから「ママ」と呼ばれることを非常に喜び、ゾイに対しても彼女を「妹」として扱うように強要している。ジャックやルーカスもまもなく感染し、唯一無事だったゾイは脱出を模索することになる。

しかし、マーガレットは玄関口での強襲時に一時的に自我を取り戻し、僅かに意識が残る間にゾイに車のキーを託し逃げるように促している。

同じくDLCシナリオの『ベッドルーム』では、作中のビデオに登場するクランシーをベッドルームに監禁している様子が描かれている。エヴリンに「家族」として迎えられることを条件とし、彼に料理を食べるように強要する。彼女が部屋を離れている隙に、プレイヤーは部屋から脱出するために部屋内の仕掛けを詮索することになるが、僅かな部屋の変化や全く手を付けられない食事に過敏に反応し、同じくヒステリックを起こす。

関連タグ

バイオハザード7 バイオハザード
敵キャラ ボスキャラ 悲しき悪役

pixivに投稿された作品 pixivで「マーガレット・ベイカー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 114985

コメント