ピクシブ百科事典

モールデッド

ぶさいくなともだち

モールデッドとは、ホラーアクションゲーム『バイオハザード7』に登場するクリーチャーである。

概要

バイオハザードシリーズのナンバリングタイトル第7弾である『バイオハザード7』に登場するクリーチャーであり、従来のシリーズにおけるゾンビの立ち位置となる。
植物のツタが束になって人の形を模したようなおぞましい姿をしており、顔には目と思わしき黒い穴のようなものが空いていて、手と口には鋭い爪と牙があり、これらを用いて攻撃してくる。

更に体験版において、攻撃を受けると主人公は何らかのウィルスに感染して徐々に侵食されてしまうことから、かつて人間だった感染者の成れの果ての姿と思われる。
開発スタッフによれば、「“モールデッド”という名前の中に本作の多くのヒントがある」とのことである。














※以下、バイオハザード7の深刻なネタバレ注意















実はモールデッドの正体は、“コネクション”と呼ばれる組織が研究していた『E型特異菌』という新種の“カビ”に近い真菌の菌糸の集合体。劇中では超個体と説明されている。
英語版ではモールデッドの表記が(The) Molded、つまり「カビ化した」クリーチャーとのこと。

この真菌は、一度感染すると体がボロボロになって死に至るのだが、少しでもこの菌に対する耐性を持っていると、変異を起こしてこのモールデッドの姿となり、各所を彷徨い歩くことになる。
また、至るところに浸食している菌糸の塊からも直接発生する。

本編中では

  • 通常タイプ
  • 腕が変形した強化タイプ
  • 四つん這いで動くリッカーのようなリッパータイプ
  • ゲロを飛ばして遠距離攻撃を仕掛け、倒すと爆発する肥満タイプ

の4タイプが出現する。
特にリッパータイプは体力こそ少ないながらも、機動力が高くしぶといために苦戦することが多い。

噛みつきや爪での斬撃を攻撃手段とし、足を破壊してもリヘナラドールのように飛びついて噛みついたりしてくる。

作中では“大型肉食獣に匹敵する“とされているだけはあって、見た目よりも耐久性があり、バイオシリーズの雑魚敵の中ではかなり手ごわい部類に入る。

至近距離での顔面ショットガンやマグナム、ハンドガンでのヘッドショットなどが有効なのだが、当たり所が悪ければ何発も撃ち込まねば倒せず、尚且つ今作では弾薬や精製素材(ガンパウダー・薬剤等)の入手量が限られている事もあって、一々相手にしていると弾切れに追い込まれる事もある。

出現方法も角から急に出てきたり、天井から降ってきたりと、ありとあらゆる恐怖をかき立てる手法で襲ってくる。

だが知能は低いため、閉まったドアは開けられず、ドア越しで待っていると消滅する。
その為、可能な限りは無視する事も求められる。

体験版では標準固体が1体だけ登場するが、体験版では武器があまりに貧弱なものしか無く倒すのにかなり苦労する。

それに倒したとしても、モールデッドの攻撃を1回でも受けてしまうと問答無用でバッドエンドが確定してしまうので、さっさとやり過ごすのが一番である。


関連タグ

バイオハザード7
B.O.W. エヴリン

pixivに投稿された作品 pixivで「モールデッド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 66958

コメント