2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

本作の主人公レオンが敵対する邪教集団ロス・イルミナドスが寄生生物プラーガを用いた応用実験によって生み出した生物兵器。
1人の人間に複数のプラーガを寄生させた結果驚異的な再生能力を発揮したため、その能力を指してスペイン語で「再生者」と名付けられた。

外見

先述の通りベースは人間だが腕(前腕)と指が長く、足の長さには変化がないこともあってチンパンジー等の猿に近いスタイルをしている。体型は寸胴で男性器も女性的な膨らみもないため元の性別は判別不可能。
顔は眼球が赤く光っており、口が大きく裂けて鋭い牙が覗く凶悪な面構えをしている。皮膚は乾いたような白色に変色し、体毛は存在しない。

能力

概要の通り高い再生能力による耐久力が最大の特徴で、手足や頭部が欠損したり体に大穴が空いてもわずか10秒ほどで元通りに再生してしまう
これは複数のプラーガが一体の生物の体内に集まり、寄生体の持つ「宿主への生命力強化」が異常に増大したためである。

それに伴い細胞組織が変質しており、ある程度の体型の変化が可能。攻撃目標を発見すると腕を丸太のように太くさせて殴りつけたり、遠くへ伸ばして掴んで引き寄せ牙で噛み付いてくる。足を吹き飛ばされても蛇のように這いずったり標的に向かって跳び跳ねることも出来、むしろ足を破壊された方が機動力が上がるのも厄介。

しかし、細胞の変質が脳にまで及んだ結果ガナードのような会話(というより意志疎通)や道具の使用は全くできない。

亜種

アイアンメイデン


リヘナラドールにさらなる改良を施した「アイアンメイデン」という個体も存在。
皮膚が赤黒くなり、眼球が消失して眉間のあたりまで口が縦に裂けているなど、さらに醜悪な見た目になっている。
初遭遇時のムービーでギョッとした人も多いだろう。

全身に1メートル程に伸縮するトゲが生えており、腕を伸ばして掴んだ敵を自身の身体に叩きつけるようにして引き寄せ、トゲで刺し貫く様子が実在する同名の拷問器具を彷彿とさせるためこの呼び名がついた。
レオンが攻撃を受けた際はどう見ても全身をトゲが貫通しているが、体力がゼロにならなければハーブや救急スプレーで完治する。こちらの再生力も驚異的である。

対処

その耐久力故、まともに倒そうとすればかなりの弾薬が必要となるがライフルのサーモスコープならばプラーガの位置を判別できるため、後は狙い撃てば少ない弾薬で倒すことが可能。
しかしプラーガは必ず1体が背中側に潜んでいるので足を撃ってうつ伏せに倒すなどの対処が必要。
また炎にも弱く、焼夷手榴弾を使えばほぼ寄生体を1匹倒したのと同じダメージとなる。
体力は寄生体の数に比例しており、ゲームランクに比例して3〜5体に増減。アイアンメイデンは必ず5体潜んでいる。

余談

倒すと上半身が秘孔でも突かれたように歪んだ後、爆発するように破裂。残った下半身がよたよた歩いた後、ドサリと倒れる。
リヘナラドールは5000、アイアンメイデンは20000の高額なペセタを必ず落とす(キーアイテムを持つものは除く)。
一部を除いてやり過ごすことは可能な敵だが、狭い通路角の先で待ち構えてたり、仕掛けと連動して現れ閉鎖空間で戦うことになる等チャプター5の研究所を中心に各所に嫌らしい形で配置されている。
不気味な吐息と専用のBGMも相まって、アクション要素の強い本作品の中ではかなりホラー寄りな怪物である。

関連タグ

バイオハザードシリーズ バイオハザード4 B.O.W. プラーガ

オルチーナ・ドミトレスク:シリーズ的にある意味上位互換

Biohazard_4D-Executer:アイアンメイデンの先駆けと呼べるクリーチャーが登場する作品。

関連記事

親記事

ガナード がなーど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「リヘナラドール」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「リヘナラドール」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 234610

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました