ピクシブ百科事典

エルヒガンテ

えるひがんて

エルヒガンテとは、ゲーム「バイオハザード4」に登場した架空の怪物である。
目次[非表示]

概要

作中の主人公レオンに敵対する邪教集団ロス・イルミナドスが作り出した生物兵器のひとつ。
寄生した生物に驚異的な身体能力を与える代わりに肉体を完全に支配してしまう「寄生生物プラーガ」を用いて開発された。
プラーガを寄生させた人間に遺伝子操作を施した結果、突然変異により異様に巨大化したため、スペイン語で「巨人」と名付けられた。

外見

その身長は常人の約4倍、2階建ての家屋ほどもある。
巨大化の影響で体格は肩幅の比率が大きくなり、足はやや短足。プラーガが潜んでいる背中は隆起しており、猫背の姿勢も相まって全体像は人間というよりゴリラなどの類人猿を思わせる。
また、実験の影響で皮膚は薄い青色もしくは赤色に変色している。

性能

巨体に相応しい凄まじい怪力を活かした肉弾攻撃で暴れ回る。
両手を組んで振り下ろすハンマーパンチは小屋を一撃で叩き潰し、立木を引き抜いて振り回したり大岩をボウリング玉よろしく投げつける。
耐久力も尋常ではなく、顔面に銃弾を受けてもまるで意に介さない上、赤色の皮膚のものはさらに耐久力が増している。
一般のガナードとは比較にならない戦闘力を有するが、その分知能の低下と凶暴性の増加を招いており、ちょっとした刺激で直ぐに興奮・暴走するなど、制御が非常に難しい。
初登場ではレオンを前にして早速暴走、取り押さえつつもここまで連れて来た仲間のはずのガナードたちを皆殺しにするという見境の無さを発揮している。
このため、量産は可能ながら生み出された数は少なく、普段は厳重に封印されている。
一定ダメージを受けると宿主同様に巨大化したプラーガが顔を出し、それが弱点となっている。

バリエーション

ン・デス

バイオハザード5」に登場したトライセル社の生物兵器。
元々は資金調達のために外部へ売り払うべく用意されたB.O.W.だったが、売買を任されたリカルド・アーヴィングBSAAによる執拗な追跡を交わすために独断で起動した。

エルヒガンテを改良して生物兵器として更なる強化を施した個体であり、リヘナラドールで使われた「1体の宿主に複数のプラーガを寄生させる」技術が応用されている。
リヘナラドールほど際立った変異は見られないものの、気性が安定して格段に制御し易くなっており、敵味方の判別や簡単な命令の遂行程度なら単独でこなすことが可能。
耐久性も大幅に向上しており、機関砲の掃射をまるで意に介さず攻撃を続けられる。
弱点でもあるプラーガは計5体寄生しているが、背中にある司令塔の巨大プラーガを破壊しない限り、他の4体はいくらでも再生するため、倒すにもエルヒガンテより手間が掛かる。
名前の由来はアフリカの伝承に伝わる巨体の食人鬼で、腰にぶら下げた数人の兵士の死体や頭蓋骨が名前に相応しい怪物の雰囲気を出している。

マジニを率い、その圧倒的な戦闘力でBSAAデルタチームとその駐屯地を壊滅させたが、続くクリスたちとの戦闘でプラーガをすべて破壊されて倒れる。

余談

上述の通り、エル・ヒガンテ(El Gigante)とはスペイン語で「巨人」の意味。かつて、身長231cmの同名のプロレスラーが存在した。エル・ヒガンテ-Wikipedia

関連タグ

バイオハザード4 バイオハザード5
プラーガ ガナード マジニ 巨人

ハルク:こちらも人間ベースの巨人である。

関連記事

親記事

ガナード がなーど

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エルヒガンテ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2081

コメント