ピクシブ百科事典

クリス・レッドフィールド

くりすれっどふぃーるど

『バイオハザード』シリーズの中心的な主人公の1人。
目次[非表示]

プロフィール

年齢25歳(『1』『CV』)→30歳(『UC』)→32歳(『RV』)→35歳(『5』)→40歳(『6』)→44歳(『7』)
身長181cm(『1』)→185cm(『5』)
体重80.4kg(『1』)→80.5kg(『CV』)→98kg(『5』)→100kg(『6』)
血液型O型


概要

バイオハザードシリーズの主人公の一人で、シリーズ全体における中心的なキャラクターでもある。
所属している組織は、
アメリカ空軍(設定のみ)→ラクーン市警特殊部隊S.T.A.R.S.』アルファチーム・ポイントマン(『1』)→『B.S.A.A.』オリジナルイレブン(『5』)→『B.S.A.A.』北米支部SOU(実働部隊)(『6』)→民間軍事会社『アンブレラ』軍事顧問(『7』)
となっている。
最新作の時系列では、バイオテロ鎮圧を専門としたPMC(民間軍事会社)となって復活したかつて宿敵『アンブレラ』に所属しており、バイオ7の事件に巻き込まれた知人のイーサン・ウィンターズたちを救出するべく登場する。

人物

空軍で鍛え抜かれた肉体と技術を武器にアークレイ山中で発生したバイオハザードを生き残り、以後、t-ウィルスやアンブレラ社を巡る数々の修羅場を潜り抜けてきた男。
身体能力・射撃技能等の戦闘能力が高く、精神的にも強靭なものを持ち合わせている。
(培養液に満たされてるタイラントに対して嘲笑った後、究極の出来損ないと吐き捨てている場面も含めて)
しかし洋館事件以降ずっとアンブレラやバイオテロと戦い続けてきたが、S.T.A.R.S.時代からの相棒であったジルを失った事件がきっかけで、真っ直ぐな性格から陰りのある一面も見せるようになった。

また、過去に空軍に所属していたことから、戦闘機ヘリコプターの操縦も難無くこなす。
潜在的にt-ウイルスに対して完全な抗体を持っている稀有な人間の1人。
両親と弟は既に亡くなっており、肉親は妹のクレアのみ。

正義感の強い熱血漢で、不器用なところがそこかしこに見られるが、『5』以降は寡黙で冷静なキャラクターに変わった。
またこれを境に、『1』や『CODE:Veronica』『UC』ではすっきりとした印象を持った中肉中背の青年だったのが、『RV』の時点でガチムチのタフガイゴリラと化し、ファンから度々「ゴリス」と呼ばれるようになってしまった。
なのに『7』では鳴りを潜めたかのようなほっそり体型に。
(別にバナナが好物という訳ではないのでご安心を)
しかも、このゴリスとなった彼の拳はなんとマグナムと同等の威力を持ち、アッパーカットで自分よりも巨大なクリーチャーを吹っ飛ばせる。どう鍛えたらそうなるんだ。と言うか本当に人間かお前は
ちなみに彼、『1』と『CV』限定だが物を落っことすドジを踏んでいる。
(『1』はゾンビ犬に襲われ、洋館に退避する最中に銃を落とす。『CV』ではロックフォート島に上陸(と言う名のロッククライミング)の最中にバックパックを落としている)
それ以外にも『UC』では目の前にあるセンサーによそ見をして引っ掛かり爆発に巻き込まれたり、『6』ではハッキングに失敗して敵の本拠地内で警報を鳴らしてピンチに陥るなどのヘマをしている。
この人、ドジどころかうっかりさんのような気が……

『1』からのウェスカーとの宿命もあって、多くの主人公がいるバイオハザードシリーズの中でも最も重要な位置にいるキャラクターと言って良い。

近年の作品では東地宏樹氏が日本語吹き替えを担当。

作中での主な使用武器

M92F
サムライエッジ
コルトパイソン
グロック17
M93R
M870
ACR
(ここ重要)

登場作品

ゲーム


漫画


映画

CG映画

実写


演じた人物

声優

俳優


関連イラスト

ゼブラが好きすぎて生きるのが(rz
3人衆その1-クリス


5クリス詰め
バイオハザードの思い出



関連タグ

BIOHAZARD バイオ クリス ジル・バレンタイン クレア・レッドフィールド アルバート・ウェスカー RESIDENTEVIL

pixivに投稿された作品 pixivで「クリス・レッドフィールド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9964131

コメント