ピクシブ百科事典

MASADA

まさだ

MASADAとはMAGPUL社が製造しているアサルトライフルの名称である。別の会社がライセンス生産しているモデルでは「ACR」という名称も存在する。また、同名のIWI社のピストルも本稿では紹介する。
目次[非表示]

概要

米国マグプル社が誰も頼んでないのに開発したアサルトライフル。
H&KG3シリーズ、米国コルトAR-15シリーズやAR-18FNHSCARなどの代表的アサルトライフルの良い所を抽出して作られたような銃。
ボルトリリースの形状はSCARプロジェクトに提出されていたロビンソンXCRを参考にしたともいわれている。
社長曰く「最高のアサルトライフルを作ってみたかっただけ」とのこと。
アッパーレシーバーはアルミ合金、ロアレシーバーは樹脂製となっている。
またAKシリーズのマガジンも使用することが出来るが、標準でNATO STANAGマガジンと.223口径弾仕様となっているためバレルとロアレシーバー、ボルトの交換が必要。
ボルトキャリアはマルチキャリバーに対応しており、5.56mmNATO弾、6.8mmSPC弾はボルトとバレルのみの交換で対応が出来る。

バレルだけでなくロアレシーバー、ストック、ロータリーボルトといった殆どの部品が工具を使わずに分解・交換が可能で、好みの銃身長に変えたりストック形状を変更することができる。
特にバレルまでもワンタッチで着脱可能という点は、ゼロインが必要になってしまうためにアサルトライフルとしてはやや過剰とも言え、マグプルのこだわりようがうかがえる。
もちろんアッパーレシーバーごと交換してしまえば、現場でゼロインなしで銃身長の変更も可能である。

先述したように開発目的は「最高のライフルを作ること」であり、今のところ積極的な売り込みをかけることはない。

根本的にMagpulは銃器のパーツ製造会社であり、ライフルを生産する設備がない為かライセンスもあっさり手放しており、後にACRとして軍用向けをレミントン社が、民間向け(単発機構のみ)をブッシュマスター社が作ることになった。
ブッシュマスターACRは5.56mm、6.8mmのほかに0.450bushmaster、.300BLKに対応しており、アフターマーケットのパーツで7.62×39mm弾などへの対応も可能。

現在はストックなどのパーツの製造はKinetic Research Group社に委託されており、こちらはこちらで民生用にライバルのSCARやCz805、AR-15、MP5に挙句の果てはFAL等に取り付けられるストックアダプターを製造しており、SCARとCz805が特に人気であり、民間でもそれらの構成を目にすることが増えた。
そのため、現在はACR本体よりもストックの方が圧倒的に普及している有様である。

MASSOD

Magpul Massoud


7.62mmNATO弾モデルはMASSOUD(マスード)と呼ばれる。
名称は9.11の二日前に殺された反タリバンアフガニスタン北部同盟の有名な指導者であるアフマドシャー・マスード氏からとられている。
こちらはプロトタイプのみで終わっているが、昨今ではKinetic Research GroupがFOX-42という名称でM-LOK等に対応した最新型を試作している。

データ

全長743mm
銃身長266〜508mm
重量3,000g
口径5.56〜7.62mm
装弾数30発

IWI MASADA

ガリルで有名なIWI社が2017年から製造を開始したストライカー方式のピストル。
一応、フィリピン軍には採用されているが、目立ったヒット等はしていない。
この銃の登場により、メインアームとサイドアームどちらもMASADAにできるようになった。

関連イラスト

ADVANCED HOUSE MAID COURSE Day 2
MASADA



関連タグ

アサルトライフル MAGPUL ACR

関連記事

親記事

アサルトライフル あさるとらいふる

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「MASADA」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 370587

コメント