2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

AR-10を開発したユージン・ストーナーが所属した事で有名なアレス社の銃器設計家のフランシス・ワリンが70年代に設計したARES FMGが元になっている。
ロシアでも同銃を元にしたPP-90(ПП-90)が90年代に開発されており、それらを銃器用アクセサリーメーカーのMAGPULが改良し、要人警護向けをコンセプトにPOCとして開発された。
折りたたむことでキャリングハンドルを含めて小道具箱に偽装することができ、キャリングハンドルを外せば大き目のズボンの尻ポケットに入る程度に小型である。

ゲームやエアソフトガンでフルオートで撃てることが有名になりすぎてしまったためにグロック18が組み込まれていると勘違いされがちだが、実銃の中身は普通のグロック17であり、短機関銃として用いる場合にはグロックにフルオートシアを設ける必要がある。

マガジンはスタンダードサイズのグロックのものを使用できるため、弾数は32+1発や17+1発等、好みのものを使用して装弾数を変えることが出来る。
通常のマガジンベースより厚くなる+2等の大型マガジンベースを付けたロングマガジンを付けたまま折りたたむ事はできない。

試作はされたが製品化はされず、長らく一発ネタであったが2021年1月16日にマグプルがリメイク品のFDP-9とFDC-9を発表した。今回はZEVテクノロジー社と共同開発であり、販売は2022年予定。
ただし、ピストルモデルのFDP-9はスタビライザーブレースを使用したARやSMGが基のピストルの類に規制が行われることが決定したため、今後の扱いが不明瞭となった。

基本データ

全長270/490mm
重量2090g
口径9mm
装弾数17/19/33+1発

登場作品

  • CoD:MW3
    • サイドアームのマシンピストルに属する武器として登場。シングル運用はそこまで強くはないが、二挺持ちのデュアルにすると非常に凶悪な性能になり、FMGアキンボとして悪名高くCoDプレイヤーの脳裏に刻まれた。また、デュアル時の展開モーションがカッコよかった為か、後の作品でこの銃を意識したスイッチブレードX9という武器が登場した。
  • バトルフィールドハードライン
    • メカニックのシンジケート任務をクリアすることで使用可能になる。入手に時間がかかり、性能が突出しているわけではないが扱いやすい。また、今作でも展開モーションが存在する。
  • レインボーシックスシージ
    • SASのスモーク、Jaeger Corpsのヌックのメインアームとして使用可能。標準的な威力と安定した反動でバレルを付けなくても比較的容易に反動制御が可能。なぜ、特殊部隊がこのような銃を採用しているかは不明。また、展開モーションは存在しない。
  • ドールズフロントライン
  • 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(劇場映画版)
    • ペーネロペーの撃墜等の非常時用にパイロットの自己防衛用サバイバルガンとして備え付けられている。ペーネロペーを撃墜されたレーン・エイムがマフティーを射殺する為に持ち出すが、結局Ξガンダムを撃墜できていないことに気づき、一発も発砲はしていない。また、刻印はFMG-9のものではなく、FPGの物である。また、宇宙世紀105年の時代に西暦の銃器を使用している理由は不明である。

関連イラスト

FMG-9
最前線ちゃん


関連動画



関連タグ

サブマシンガン MAGPUL

関連記事

親記事

サブマシンガン さぶましんがん

子記事

  • FPG ふぉーるでぃんぐぽけっとがん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 454870

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました