ピクシブ百科事典

P320

ぴーすりーとぅえんてぃ

アメリカのSIG SAUERが開発した自動式拳銃。米陸空軍の制式拳銃に決定している。

P320は、アメリカで開発されたオートマチックピストル。
開発は、スイスとドイツの銃器メーカーグループであるSIG・SAUER&SONEの米国法人のSIG・SAUER。
アメリカ陸軍の制式拳銃となった。

概要

オーソドックスなオートマチックピストルだが、フレームはポリマー製でスライドはステンレス鋼。
基となった銃は2001年に公用拳銃として開発されたP250だが、P320の撃発方式はハンマーではなくストライカー方式。
マガジンなどはP250と互換性がある。

9mmパラベラム弾のほか、部品を組み替えて.357SIG弾、.40S&W弾、.45ACP弾を使用することもできる。

サイズ別に大きく分けて4種類存在し、ベースモデルのP320フルサイズ、スライドがやや短いP320キャリー、スライドとグリップが切り詰められたP320コンパクトと、P320コンパクトを更に小型化したP320サブコンパクト。
これらはP250同様に部品の組み換えによる変更も可能で、スライドやバレルなどのほか、通常の銃のフレームにあたる「グリップフレーム」を交換すると、フルサイズモデルをコンパクトモデルに組み替えたり、或いはその逆も可能となる。

  • 但しアメリカでは、法律・制度上のアイデンティティは交換部品であるグリップフレームではなく、そこに内蔵されるFCU(Fire Control Unit: 劇発装置)となり、シリアル番号もここに割り振られる。同国向けのモデルは、グリップフレーム右側のスライドストップ下辺りに横長の穴が開けられており、分解することなくシリアル番号を確認できるようになっている。

アメリカ軍では

アメリカ陸軍ではXM17 MHS(Modular Handgun System)計画に基づくM9の後継として、P320フルサイズがM17、P320コンパクトがM18として採用された。
先代のM9と比べると、射手の手のサイズに応じたグリップサイズの変更が非常に簡単で、サプレッサーやウェポンライト、ダットサイトなどが容易に装着できるようになるなど大幅なアップグレードが計られている。

関連記事

親記事

オートマチックピストル おーとまちっくぴすとる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「P320」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3453

コメント