ピクシブ百科事典

CZ75

ちぇすかーずぶろよふかせどぅむでさーとびぃぇと

1975年にチェコスロバキアの「ウヘルスキー・ブロト・チェコ兵器廠国営会社」が開発した自動拳銃

開発

チェコスロバキアのうちの現在チェコに当たる地域は、チェコスロバキア独立前のオーストリア=ハンガリー帝国時代から工業が盛んであった。
銃器の開発と製造も主要な産業のひとつで、先進的な設計と高い信頼性で知られていた。
これは、ナチスドイツの勢力下に入った1930年代、第二次世界大戦後の社会主義政権下でも一貫して銃器を得意とする工業国という地位を保ち続けた。

1968年、社会主義政権下のチェコスロバキアでは外貨獲得のため、西側の拳銃にポピュラーな9mmパラベラム弾を使用するオートマチックピストルを開発することとなった。
当初、本銃は民間市場向けとして弾倉は単列(シングルカラム)を計画していたが、チェコスロバキア産業貿易省は警察への採用を念頭に、複列弾倉(ダブルカラム)を設計要件に加えた。最終的に装弾数は15+1発となり、後に登場するモデルと比較しても遜色のないものとなった。
その後テストモデルが何挺か作られ、1975年に完成した。

概要
Cz75と名付けられたこのモデルは、ダブルアクション、ティルトバレル式ショートリコイルのオーソドックスな設計だったが、スライドフレームを包む一般的なオートマチックピストルと逆に、スライドがフレームに包まれる構造であった。ちょうどSIG SAUER P210と同じ構造である。

また、使用される鋼材は非常に強度がある上質なもので、主要な部品は塊材からの削り出し加工で製造し、各部が薄く軽く精度が高く、それでいて充分な強度を持っているというものであった。

時代が下ると、コスト削減と生産性の向上のために製造工程の見直しが図られて、コレクター向けの要素は薄れてしまった。

輸出
Cz75は米国のスポーツシューターから「世界最高のコンバットオート」と評価を受け、人気が高まった。しかし、共産圏の製品のため米国では高い関税が掛けられ入手し難く、イタリアタンフォーリオ社やスイススフィンクス社などがCz75のコピー・モデルを販売し、イスラエルIMI社も内部機構をベースにジェリコを作っている。

冷戦終結後
1993年、チェコスロバキアが分離。「ウヘルスキー・ブロト・チェコ兵器廠国営会社」は民営化され、「ウヘルスキー・ブロト・チェコ兵器廠国有会社」と名を変えた。
現在は米国内にCZ-USA社が設立され、.40S&Wモデルや.45ACPモデルなど、Cz75の様々なバリエーションが販売されている。

CZ75はスチール削り出し加工のシャープな造りで知られるが、2009年、CZ75 SP-01をポリマーフレーム化したPhantomが販売された。

関連項目

ガンスミスキャッツ

pixivに投稿された作品 pixivで「CZ75」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 152563

コメント