ピクシブ百科事典

TT-33

てぃーてぃーさんさん

ソ連製の拳銃。別名トカレフ。「TT-33」より「トカレフ」で検索した方がひっかかる。中国製モデルは「黒星(ヘイシン)」と言う別名がある。
目次[非表示]

概要

ソビエト連邦陸軍に1933年から1951年まで制式採用されていたシングルアクションオートマチックピストル
正式名称は「Тульский-Токарева 1930/33(トゥルスキー・トカレヴァ・1930/33、トゥーラ造兵廠・トカレフ・1930年/33年式)」。フョードル・ヴァシレヴィチ・トカレフ技師が設計。

構造

M1911を参考にしながらも極めて単純な構造で、生産コストが安く、過酷な環境でも安定して動作し、部品交換が容易である。
反面、グリップは握りにくく操作性が悪い。安全装置が無い。
シングルアクションのため、ハンマーが倒れた状態で取り落とすと衝撃で撃針を叩いてしまい暴発の危険がある。落下時の暴発を防ぐ対策としては、ハンマーの指かけ部以外をスライドで覆い隠している。ハンマーを起こした状態でも当然危険だが、ハンマースプリングを強くして引き金を引きにくくすることでそれを緩和した。ハーフコック、ハーフポジションといったハンマーを安全位置で固定する機構はない。
想定されていた用途は応集兵による使用ではなく、充分な訓練を受けた職業軍人たる将校向けの自衛用拳銃であり、普段の携行時は薬室を空にしておき、使用前にスライドを引いて初段を装填してから撃つ、と言うものであった。これは、将校が拳銃を使う状況はごく限定的なものであると考えられていた為と思われる。
実際は将校のTT-33でも暴発事故が少なからずあり、民兵が腰に挿したTT-33が暴発してムスコに先立たれるという悲しい事件も起きたらしい。

単に生産性の向上のために構造の単純化を図ったのではなく、凍結によって安全装置の解除が出来なくなる可能性を考慮し、あえてこれを排除したとも言われる。また、構造の単純化も凍結による破損時に修理を容易にするためといわれ、何処までもロシアの厳しい冬に耐えるべく設計された銃であったことが伺える。

生産性および整備性に関しては非常に合理的で、部品点数は極力減らされ、ユニット化が図られた。
分解と組み立ては、殆ど工具を使用せず行うことができる。

命中率が悪いイメージがあるが、軍払い下げの酷使されたものを銃身に鍍金を施すことで誤魔化したものや、中国などで粗製乱造されたライセンス品に依る所が大きい。
グリップが握りにくく射手の技術が要求されるが、本来は充分精度を持ち合わせている。

弾薬は7.62×25mmトカレフ弾を使用する。
弾頭はフルメタル・ジャケットでボトルネック型薬莢という、ライフル弾のようなアイツである。9mmパラベラム弾と比べて口径が1mm以上小さく、ほぼ同径の薬莢は6mmも長いため、拳銃弾なのに非常に初速が高い。
トカレフ弾の弾殻は元々硬い鋼鉄製だが、の節約のため鉄製弾芯を使用した変形しにくい弾頭が多く、高初速な事もあって.357マグナム弾をも凌ぐ貫通力を生み出した。各種防犯会社や研究所が行った射撃実験では、「拳銃弾に対応」と謳われた防弾チョッキや防弾ガラスを貫通してしまうことが発覚し、急遽対応に追われることとなった。
 

「トカレフ」

日本では、このTT-33とTT-33の派生型は「トカレフ」の通称で知られており、漫画、小説、ドラマなどによく登場する。
TT-33を中国がライセンス生産した54式拳銃(54式手槍、通称黒星/赤星)が日本に密輸されて非合法に使用される事が多かったため、日本において「トカレフ」という言葉は「不法に使用される拳銃」の代名詞となっている。
ただし、日本で摘発件数の多い拳銃は、2001年以降、後継モデルのマカロフPMとなっている。
尚、安全装置が無い事で有名だが、先述した54式手槍やユーゴスラビア、ポーランド等の旧共産圏諸国のコピーモデルにはサムセイフティやマガジンセイフティ等の安全装置が追加されている物も多い。

エアソフトガン

ハドソン産業とKSCより製品化しているが、ハドソン産業は廃業しており現行の製品はKSCのもののみとなっている。
なお、KSCはハドソン産業より金型を受け継いだメーカーとは無関係であり、完全な新規製品となっている。

関連イラスト

love!トカレフ



関連タグ

オートマチックピストル トカレフ TT1933 マカロフPM MP443

pixivに投稿された作品 pixivで「TT-33」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 160489

コメント