ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

.357マグナム

すりーふぃふてぃせぶんまぐなむまたはさんごななまぐなむ

.357マグナムとは、リボルバー拳銃の口径及び弾薬の一種。
目次 [非表示]

概要編集

S&W社とレミントン社が1935年にS&W M27と共に発表した。

弾丸直径が0.357インチ(約9mm)であることから.357マグナムと命名されている。

.357 S&Wマグナム、9x33mmR等とも呼ばれる。


S&W社のリボルバー弾薬である.38スペシャルを元に薬莢を延長したマグナムカートリッジである。口径が同じな為.357マグナム弾を使用するリボルバーには.38スペシャル弾を装填する事が可能(逆はカートリッジの長さ、および発砲時の圧力などの都合で不可)。


同種かつ薬莢長以外は同寸の弾薬にもかかわらず数字表記が違うのは、


.38スペシャル:ネック(薬莢先端部)の直径

.357マグナム:弾丸の直径

(※単位はどちらもインチ)


をそれぞれ参照しているためである。呼び分ける理由などは9mm弾の記事にて詳述されている。


優れた護身用、狩猟用の弾薬として非常に人気があり、警察をはじめとした法執行機関はもちろん、部隊や作戦次第では軍隊でも採用(もしくは個人装備として携行)されることがある。


創作における.357マグナム編集

開発元であるアメリカの場合、特にハリウッド映画などではより大口径でパワーのある.44マグナム.45ACP弾を用いる拳銃の人気が高く、普及度の割にその名声はイマイチである。


.357マグナムが活躍する創作と言えば日本の『ルパン三世』と『シティーハンター』が双璧だろう。次元大介M19コンバットマグナムを、冴羽獠コルトパイソンをそれぞれ愛銃としている。

が、この2丁、どっちも短所を抱えていたりする……(詳細は銃の項目で)。


主な使用銃編集

コルトパイソン

コルトローマン

S&W M27

S&W M586

S&W M19

スタームルガーGP-100

MP412

デザートイーグル

マテバ2006M

関連記事

親記事

弾薬 だんやく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8507

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました