ピクシブ百科事典

.300AACBlackout弾

すりーはんどれっとえーえーしーぶらっくあうと

.300AACBlackout弾とは米国AAC社によって製造された中間弾薬。

概要

略称は.300BLK、.300AAC等。
5.56×45mmNATO弾は世界でかなり普及した弾薬だが特殊部隊などでは
殺傷力が強く、尚且つ消音性を重視した亜音速弾薬が必要だった。
そこでAAC社はRemington Defenseと共にこの弾薬を開発した。
M4カービンなどの殺傷力の不足を補うため、製造された。
また、M4等で使用されるSTANAGマガジン等にそのまま装填することができる。
(ただし、薬莢の形状が大きい為30発ではなく28発が最大。)
また、同社がこの弾薬を使用できるPDWを開発し、それがかの有名なハニーバジャーである。
普通のAR-15系のバレルを交換すれば使用できるため、
近年は普通のAR-15のバリエーションとして出す企業も増えている。
(例 ダニエルディフェンス、スパイクタクティカル等。)
ただし、5.56mm弾と混同して使うと5.56mm対応のバレルに.300BLKを
装填して撃ってしまい、バレルが破裂する可能性があるのが唯一のネックである。
軍用としても近年じわじわ増えてきており、これからの活躍が期待される弾薬である。

関連記事

親記事

実包 じっぽう

兄弟記事

コメント