ピクシブ百科事典

HK33

えいちけーどらいうんとどらいすぃひ

HK33とは、H&K社が開発したアサルトライフル。正式名称「H&K HK33」
目次[非表示]

概要

H&K G3をスケールダウンしたうえ、5.56mm弾を使用できるように小口径化したアサルトライフル
G3と比べて全体的にコンパクト化して軽量化しており、反動も少なくなっている。
G3やMP5同様に固定ストックとスライドストックがあり、バリエーションとして銃身短縮モデルであるHK33K、狙撃銃型であるHK33SG1、同グループにはカービンモデルのHK53がある。
また民間向けにフルオート射撃が不可能になっているHK93がある。

当初はアメリカ軍のM193に合せて設計したために新NATO弾であるSS109(M855)には適さず、1980年代には輸出型兼改修型のHK33E(EXPORT)に再設計されている。
同時期のイタリア軍でのトライアルでは、ローラーロッキングシステムは高圧カートリッジである5.56mm弾を運用するには不安があり、G3をベースとしたG41が開発される事となった。しかし結局不採用となる。

2015年よりアメリカで新たに登場した減音性に優れる300 AAC Blackout弾対応のバレルとボルトHKPartsより販売され、民間市場で成功した弾である300 AAC Blackout弾を使うユーザーも現れ始めた。

データ(HK33EA2)

全長920mm
銃身長433mm
重量3,900g
口径5.56mm
装弾数30発


バリエーション

  • HK33EA2:固定ストック
  • HK33EA3:可動ストック
  • HK33EA5:3点バースト追加のトリガーパック、可動ストック
  • HK33SG1:狙撃モデル、固定ストック
  • HK33KEA2:カービンモデル、固定ストック
  • HK33KEA3:カービンモデル、可動ストック
  • HK33TGS:HK79グレネードランチャー装着モデル
  • HK53ESMGモデル
  • HK13E:LMGモデル、マガジン仕様
  • HK23E:MGモデル、ベルトリンク仕様
  • HK93:アメリカ市場向けの民間型


運用

ベトナム戦争時の米軍ではまだ信頼性の低かったM16の代わりにH&R Firearmsでライセンス製造されたT223が一部の部隊に支給されていたこともあった。
日本では他の銃の陰に隠れて影が薄いがギリシャ、チリ、ブラジル、タイ、トルコ、イギリス(L101A1)等、多くの国の軍、及び法執行機関で採用されている。
またトルコではHK33を中心にG3系統のライセンス生産が盛んで独自のモデルも製造されている。

関連イラスト

弾丸の さくら
H&K Hk33



関連タグ

アサルトライフル H&K HK53

pixivに投稿された作品 pixivで「HK33」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12209

コメント