2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

HK416

えいちけーふぉーしっくすてぃーん

H&KがM4をアメリカ陸軍の依頼を受けて再設計したもの。
目次[非表示]

概要

XM29XM8と失敗続きだったH&K社が直後に発売したアサルトライフルで、当初はHKM4という名称だったが、コルト社から商標侵害訴訟を受けた為HK416となった。
名の由来は「M4」と「M16」から。ガスピストンAR-15の火付け役。

H&K社がL85の改修を請け負ったため、アメリカ軍M4カービンの改修を依頼した。H&K側からの営業とも言われる。

また、開発には元デルタフォース所属で現在はインストラクター等を行っているラリー・ヴィッカーズ氏が関わっている。

民間型の名称はMR556及びMR223
基本的には同じもので、ヨーロッパではMR223、アメリカではMR556として売られているが、MR223はCIP規格(ヨーロッパの民生用銃火器・弾薬標準規格)の仕様で、マズルデバイスが交換できないようになっている。MR556はSAAMI規格(アメリカの民生用銃火器・弾薬標準規格)の仕様に対応したものに変更したうえで法規制が異なるのでマズルデバイスを純正品以外に交換可能としている。これらはフルオート化を防ぐ為に一般的なAR-15ロアレシーバーとの互換性を捨てており、専用のロアしか使えなくなっている。A1以降では互換性がある。
ただし、MR556はHK416と同じボルトやレシーバーと言った一部パーツに同じものを使用していない(製造工程が同じではないものがある)ため、若干性能差があり正確にHK416=MR556とは言い切れない部分がある。

公的機関用にHK416D SF(シングルファイア)というセミオート限定のSBRが出回っていたが、これらを使うなら上記のMR556を使った方が早い為か現在ではその姿はあまり見られない。
それらの極少数は何らかの形でアメリカの民間市場に放出されたらしく、MR-556ではなく「HK416」というポイントから中古価格は高騰しているようだ。

2011年のDEVGRUがオサマ・ビンラーディンを襲撃した際の作戦に使用されたとされ、一気に知名度を上げた銃である。(実際に射殺したのはこの銃、若しくは同じH&K社のMP7とされている。)

仕様(HK416D14.5RS)

全長804-900mm
銃身長368mm
重量3,490g
口径5.56mmNATO弾(5.56×45mm)
装弾数20/30/100発(ドラムマガジン等)+1


特徴

M4カービンとの目立つ違いは、レシーバー上部、セレクターマーク、アイアンサイトなど。
ロアフレームのレシーバーエクステンション(バッファーチューブ)近くに他のAR-15にはないピン穴があるが、これはバッファーリテイナー(バッファーが飛び出さないようににするピン)を抜けないようにするピンを入れる為のもの。通常のAR-15ではレシーバーエクステンションで固定しているのでレシーバーエクステンションを抜く際に飛び出さないよう抑える必要があるが、HK416ではその必要がない。

ハンドガードを固定するボルトは、軍用のマルチツールやナイフ等でも分解整備が可能(初期の変形十字穴のものは銃の部品を使用すれば分解可能であったが、無理な分解・組み立てによる変形は動作不良に繋がった)。
ハンドガード内部にネジ脱落防止のスプリングを装備し、取り外しの際にネジの行方不明を避けるだけでなく、ゆるみ止めも兼ねている。
更にネジの先端側にも溝が切られていて折れた場合も特殊な工具を用いずに抜く事ができる。

ガス圧作動方式は、AR-15のガス直噴式からショートストロークガスピストン方式に変更されている。機関部やボルトキャリアにガスが直接吹きつけられることがなく、清掃時の手間が減り、部品も長持ちする。
ピストンの作動に使用したガスは多くのガスピストン式ARではハンドガード内で放出される為にハンドガードが過熱してしまうが、HK416は逆流により銃口から放出されるために熱くなりにくい。(後のモデルではガスブロック部のフォールディングサイト取り付け部にガスポートが追加。銃口部に向かい放出されるので旧型同様にハンドガードが過熱しづらくなっている)

外装はハンドガード、銃身等のアッパーフレーム回りを除いてオプションのほとんどにAR-15と互換性がある。
アッパーフレームは他社製品のロアフレームに取り付け可能であり、既にAR-15系を導入している場合、アッパー一式とリコイルバッファー、リコイルスプリングのみのコンバージョンキットを購入することでHK416へ変更が可能。米軍では10インチ仕様のものが、M4カービンアップグレード用のSOPMODキットとしても供給されている。
これによってアメリカの多くの州で定められた所持制度下で、ロアフレームを銃本体として登録しての所持が容易となり、トリガーユニットやストック、グリップ等のロアフレーム側にカスタマイズを行なっていた場合は移植や再調整の必要なくそのまま流用できる。AR-15ファミリーを採用している軍や法執行機関も比較的安価に更新が可能となる。
そのため、コスト削減の為にデルタフォース等はアッパーレシーバーのみを納入し、従来のM4カービンのロアレシーバーと組み合わせて使用している。
また、現在では416のロアにM4のアッパーを載せている構成も存在している。

アドオングレネードランチャーであるGLM(M320)の装着が可能だが、実物はエアソフトガンと異なりハンドガードの下部レールに差し込むのみではなく、専用のアダプタをM320へと取り付け、ガスブロック部の穴へも固定する。(M320のエアソフトガンはM16M4カービンへの取り付けは対応した銃用のアダプタを取り付けてM203同様に銃身へと固定する機構を再現しているものはなく、すべてレールを介した取り付けとなっている)

現在、H&K製標準スチールマガジンは、通常のNATO STANAGマガジンより少し長いものとなっている。
ポリマーマガジンはMAGPUL等と異なり全体が半透明樹脂となっている。

欠点としてはガスピストン式AR特有の問題(重量がかさむ、反動がきつい、頑丈なアルミ合金を用いているが、ガスピストン方式のせいで大きく銃身に負担がかかり、初期のモデルではガスピストン動作用のカラーをねじ込む為に銃身固定用のネジの一部がなく(後モデルでは改修済み)、摩耗すれば根本が折れる可能性がある。)に加えて、銃身の薬室周辺が一般的なAR-15とは寸法等が異なる(同じ長さでも通常ARの銃身と異なりバレルエクステンション部が長く、それに合わせてアッパーレシーバーの銃身固定のネジも長めになっている。更に位置決めピンも異なり、一般的なAR-15の円柱状の部品をバレルエクステンション部に差し込むんでフレームと合わせる構造ではなく銃身とフレームの切り欠きにキーを差し込む構造となっている)のでフレームを含めて互換性がなく、ドイツおよびアメリカのH&K製しかなかった点(フランスでは採用にあたってフランス製銃身を採用している。後に民間用向けではBrownellsが銃身を含む専用パーツを販売)、
及び価格。(参考までに調達価格はM27は約33万円、416Fが15万円(銃身を除く)、日本では豊和案の新小銃と同価格の100万円近く。M27及び416Fが本体価格だが、日本での価格は予備部品やサポート込の価格の可能性がある為、詳しい情報がないと比較はできない)
アクセサリーホールを有するハンドガード搭載モデルの場合は一般的なKey-Modと互換性を持つものの方向が逆方向である為に一部のアクセサリーの搭載が出来ないモデルがある点も追加される。

改修

採用にあたり要求等により改修モデルが作られており、2021年時点での最新モデルはHK416A8となっており、G36に代わってドイツ軍に採用されることが決定した。
A5ではアッパーの銃身根元が弱いという問題が改修されており、外見的にはレールの銃身側付け根部分にピンが追加されている。(この為銃身やバレル固定用ナット、ガスピストンカラー、アッパーフレーム等の互換性が無い)
更にロア側はファイアリングピンセーフティの搭載、ロアフレームの形状を変更してマガジンキャッチやボルトリリースレバーが左右どちらからも操作可能となる、ガスブロックにレギュレターの追加、2ステージトリガーの採用、ハンマーダウン時にセーフティポジションが選択可能となるディスコネクター等の既存の改修に加え、セレクターの操作角が45度になる変更がなされている。
改修により使用可能なオプションが増えており、MAGPULのP-magのように既存の製品への対応のみならず、サプレッサーのように専用に開発されたものもある。

銃身のアメリカ納入分最終工程はダニエルディフェンス社が担当。
基本的にヘビーバレルが使われているが、ガスブロックの改修によりハンドガード内の銃身部分を細くする事が可能となり、軽量化された銃身へと変更されている。

昨今ではそもそも416のパーツはARとの互換性が薄く、パーツの値段が高いことが仇となりアメリカ軍では代わりにSCARを採用したり、NoveskeN4やSIG MCX、ガイズリーGA-M4(10.3インチ)といった新たな銃が採用され始めたことにより、段階的に廃止され始めている。
ただし、そもそも416の開発コンセプトが10インチ以下でもサプレッサーの効果を十分に発揮できる銃ということが含まれているため、このデメリットを差し引いても使うメリットはあったようである。

派生型

HK416Cショートモデル
HK416Nノルウェー向け
HK416F-フランス向け。A5ベースだがガスレギュレータがない。14.5インチ銃身モデルはHK416F-S(Standard)、11インチ銃身はHK416F-C(Commando)となる。現在はFA-MASに代わってフランス軍に正式採用された。
HK416SF公的機関向けで単射のみ
HK4177.62mmに口径を拡大したもの
M27IAR分隊支援火器モデル
M38SDMR分隊狙撃銃モデル
HK337.300AAC BLK口径
MR223/MR223A1ヨーロッパ・カナダ向け民生型
MR556/MR556A1アメリカ向け民生型
MR223A3HK416A5のヨーロッパ・カナダ向け民生型。ガスレギュレータは無い
HK416.22LR RifleUMAREX社の22LR仕様の416レプリカ。製造はかつてのライバルであり、現在はUMAREXの子会社になっているWalther社が担当している。
CA415アメリカのコハリーアームズ社の民生クローン

採用国の装備や運用方法、気候等に対応したモデルも用意されている。

登場作品

映画

  • ザ・レイド

主人公を含めたSWAT隊員全員がサプレッサー付きのモデルを使用している。
プロップ自体はWE-Tech製のエアソフトガンでの空撃ちにVFXで薬莢のエフェクトを追加して撮影している。

  • エクスペンダブルズ2
ブルース・ウィリス演じるチャーチが終盤の銃撃戦で使用する。エイムポイントM68が装着されている。
  • ゼロ・ダーク・サーティ
DEVGRUのメンバーのほぼ全員が装備している。
  • キングスマン
マーリンがマグプルの20連マガジンを装着したモデルを使用する他、キングスマンのアクセサリールームに複数用意されている。
  • テネット
名も無き男がメインアームとして使用する他、時間の挟み撃ち作戦等でほかの隊員の一部が所持している。

ゲーム

14.5インチバレルのモデルとCモデルが使用可能。キャンペーンではブードゥーやマザーによって使用される。

14.5インチモデルが「M27」の名称で登場する。
BC1,2、そして3と4に「M416」の名称で登場する。
  • Escape from Tarkov
HK416A5が登場する。

余談

ゲームではよく、名称が「M416」になる場合があるがこれは版権回避の為に作られた架空の名称である。
というのも、HK社はこういう銃の版権に関しては他社と比べてもライセンス料が高いことが原因とされる。(UMAREX社やCyberGun社も同様な模様)

エアソフトガンではM4カービンなどの他のAR-15と部品を共用するために外見に影響のない内部構造の一部をAR-15と同一に変えており、再現されているのは一部の高級カスタムやHK417などの一部に限られている。

関連イラスト

夜襲。



関連タグ

アサルトライフル H&K M4カービン M16 AR-15 

バリエーション

HK417 M27IAR M38SDMR

ライバル

SCAR MASADA SG556

ドールズフロントラインに登場する戦術人形

HK416(ドールズフロントライン)

関連記事

親記事

M4カービン えむふぉーかーびん

子記事

  • HK417 えいちけーよんいちなな
  • M27IAR えむにじゅうななあいえーあーる
  • HK416C えいちけーふぉーしっくすてぃーんさぶこんぱくと
  • もっと見る

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「HK416」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「HK416」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 116430831

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました