ピクシブ百科事典

黄金銃

おうごんじゅう

スパイアクション作品『007』の映画第9作『黄金銃を持つ男』に登場する、架空の拳銃。
目次[非表示]

概要

拳銃の名手にして凄腕の殺し屋であるフランシスコ・スカラマンガの愛銃。
その名の通り、余すところなく金色。一撃必殺の威力を持っており、スカラマンガの技術と合わさることで無類の強さを発揮する。

ボンドが扱うワルサーなどに比べるとおもちゃのようにすら見える、かなり小さい銃。単発式で、口径は4.2mm。特注の弾丸を用いる。
小さいのも道理で、偽装のために、いくつかのパーツに分解することが出来、しかもそれぞれが純金製の小物に変形するようになっている。例えばグリップはシガレットケースとして、銃身は万年筆として普段は持ち歩かれている。

使用するにはいちいちこれらを組み立てる必要がある。単発式である以上、激しい銃撃戦ではもちろん不利である。
武器の持込が制限されるような場所にも持ち込めるなどの、高い偽装効果を優先して作られた、暗殺に特化した拳銃であると言える。

そのためなのかは不明だが、外見自体はやたらとダサい。銃身に対してグリップがほぼ垂直であり、狙いにくそうなことこの上ない、実用面でも問題がありそうなデザインである。
そののっぺりしたデザイン故か、後述するゲーム版では、ローポリゴンでもかなり忠実に再現できていた。

弾丸

非常に純度が高く柔らかい23金(Au 265)にわずかに白銅を加えて作った4.2mmダムダム弾を用いる。
金は鉛などと比べて展性が非常に大きいため、着弾後変形・破損して命中部分により大きく広大なダメージを与えるというダムダム弾の特性がさらに高められており、非常に高い殺傷力を持っている(という設定)。
4.2mmという豆鉄砲同然の大きさでも一撃必殺なのはこういうわけである。
ただしもちろん特注品で、マカオのラザーという銃のハンドメーカーにしか生産できない。

『ゴールデンアイ007』

映画第17作『ゴールデンアイ』を原作としたFPSにも、隠し武器として登場。
1発ずつしか撃てない機構、一撃必殺の威力、ローポリゴンっぽい妙なデザインなどの全てが忠実に再現されている。

一定条件をクリアすることで出現する隠しステージ「エジプト」で入手可能。
何故か、墓地らしき遺跡の最奥部でショーウィンドウの中に安置されており、しかも映画第8作『死ぬのは奴らだ』に登場した不死身の男・サメディ男爵がこれを守っている。
何度倒しても起き上がってくるサメディの追撃をかわしつつ、黄金銃を持って墓地を脱出すればクリアとなる。最初から黄金銃を所持したモードが“お楽しみ”に追加されるほか、対戦モードでも使用可能になる。
余談だが、クリア後のサメディはちょっとしたホラー。しかし原作映画でも同じような感じで物語にオチをつけていたので、これに対するオマージュもあるかもしれない。

対戦モードでは恐怖の兵器として猛威を奮い、プレイヤー同士でたびたび奪い合いになる。
威力は高いものの、1発をはずすと良い標的にされてしまうため、頻繁に所有者が変わるのである。


そしてある意味一番重要なのがプレイヤーの間でしばしばネタにされるその通称。
誰が呼んだか金弾銃(どう読むかはお察しください)。確かにいろいろな意味で間違ってはいないが、ド直球にも程がある。


関連タグ

○○ に関係するタグがありましたら、紹介してください。
007
武器
拳銃
ハンドガン
秘密戦隊ゴレンジャー-ガンマン仮面を倒した際ゴレンジャーハリケーンはこれに変化した。
孔雀王-後半に登場した敵・ジークフリードがこれに似た拳銃を武器とした。

pixivに投稿された作品 pixivで「黄金銃」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17218

コメント